クリス・スクワイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリス・スクワイア
Chris Squire
Chris Squire Beacon Theatre 2013-04-09.jpg
2013年4月、ニューヨークでのライブにて
基本情報
生誕 (1948-03-04) 1948年3月4日
死没 (2015-06-27) 2015年6月27日(67歳没)
ジャンル プログレッシブ・ロック
シンフォニック・ロック
アート・ロック
担当楽器 ベース
活動期間 1965年 - 2015年
共同作業者 イエス
XYZ
ザ・シン
公式サイト Official website
著名使用楽器
Rickenbacker 4001CS [1]
Fender Jazz Bass [1]
Electra MPC Outlaw Bass [1]
Mouridian CS-74 [2]

クリス・スクワイアChris Squire 本名:Christopher Russel Edward Squire 1948年3月4日 - 2015年6月27日[3])は、イギリス出身のミュージシャン。

ロックバンドイエスベーシストとして知られる。メンバー・チェンジの激しいイエスにあって、1968年の結成時から2015年の死去に至るまで、唯一在籍し続けているオリジナル・メンバーであった。

略歴[編集]

1977年、インディアナポリスでのライブにて

1948年3月4日、ロンドン生まれ。

1965年リズム・アンド・ブルース・バンドの「ザ・シン(The Syn)」を結成。1966年、同バンドでプロ・ミュージシャンとしてデビューし、デラム・レコード (Deram Records)から2枚のシングルをリリース。1967年11月に解散し、翌12月に「メイベル・グリアーズ・トイショップ(Mabel Greer's Toyshop)」を結成。マーキー・クラブ (Marquee Club)で前座バンドとして活動を開始する。

メイベル・グリアーズ・トイショップが活動を開始した直後、マーキー・クラブの近隣にあるミュージシャンやプロモーターなどの音楽関係者が多く集まるバーで、ボーカリストのジョン・アンダーソンと出会う。お互いの音楽観などを話し合い、新しいバンド「イエス」の結成を決定。1968年8月のマーキー・クラブへの出演を皮切りにイエスのメンバーとしての活動を開始する。

その後、解散や分裂による活動停止という空白期間もあったものの、イエス名義の作品には彼だけが1枚残らず参加している。純粋なソロ作品は1975年にリリースした「未知への飛翔」1枚のみ。セッションやコラボレーションも数えるほどしか参加していない。

イエスが休業中の2006年、彼の原点と言える「ザ・シン」を再結成して作品を発表し、ライブ・ツアーを敢行(ただし既に脱退している)。

2007年、クリスマス・アルバム『Chris Squire's Swiss Choir』を発表。

2012年、スティーヴ・ハケットと結成したバンドスクアケット(Squackett)としてのアルバム『ア・ライフ・ウィズイン・ア・デイ(A Life Within A Day)』を発表。

2015年6月27日、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックスで病死。フェニックス市内の墓地に埋葬された。前月に発表されたイエスのツアーのスケジュールには、急性骨髄性白血病の治療のために参加しないことがアナウンスされていた。

音楽性[編集]

リッケンバッカー4001型ベースを巧みに使いこなすベーシストとして評価されており、このことは1970年代前半のメロディー・メーカー誌 (Melody Maker)における人気投票のベーシスト部門に於いて、常に上位にいたことからも窺える。また、ウォル製のBeastと呼ばれる6弦ベース4弦ベースフレットレスベースの3つからなるトリプルネックベースをライブ等で使用していた。硬質なベース・サウンドに低音域と倍音を含ませた独特の音質で、コード進行に対してハーモニーを付けたり、音数の多いフレージングが主な特徴。

演奏技術や内省的な歌詞に注目が集まりがちなプログレというジャンルに於いて、歌(コーラス)そのものにも大きな比重を置いたイエス独特の音楽性を確立したのは彼の功績が大きい。これは少年時代、聖歌隊に所属していたことや、ボーカル・ハーモニーを多用するポップスを嗜好していたことが影響していると言われている。主にリード・ボーカルであるジョン・アンダーソンのコーラスやカウンター・メロディーを担当しているが、ファルセットを使ってアンダーソンより高いパートを歌うこともあり、その個性的な声はベース・プレイと同様にイエス・ミュージックの要のひとつとなっている。

イエスの一部の楽曲で部分的或いは全面的にリード・ボーカルを取っている事例も見受けられる[4]が、リード・ボーカルとしては弱いとされる(後述のエピソードを参照)。

エピソード[編集]

  • ソロの曲名やソロ・アルバムのタイトルに出てくる「フィッシュ」とは、オリジナル・ドラマーのビル・ブラッフォードがつけたクリス・スクワイアのニックネーム。イエスの初期にメンバー達とフラットをシェアしていた頃、彼がバスルームを長い時間占有していたことがネーミングの由来とされている。
  • 遅刻魔としても有名で、コンサート開演直前になってもホテルで食事をしていたり、移動の際もしばしば他のメンバーを待たせたことがある。ある日、ロッテルダム公演のために空港で待っていたメンバーが、例の如く集合時間を過ぎても現れないクリスに業を煮やし、置いてけぼりにして出発した結果、クルー用の小型機(セスナ)で移動する羽目になった。イエスがデビュー間もない頃は、クリス抜きでギグをやったこともある。本人曰く「人を待つのが嫌い」。
  • イエス結成以前の1960年代に、キース・エマーソンはクリス・スクワイアとバンドを組む準備をしていたことがある。しかし、クリス・スクワイアがメインのボーカリストとしては弱すぎるとキース・エマーソンは判断し、このバンドの話は流れてしまった(ちなみに、ほぼ同時期に、キース・エマーソンはスティーヴ・ハウとのバンドも考えていた)。
  • 1981年、イエスが活動中止(解散)している時期に、イエスのアラン・ホワイトと、レッド・ツェッペリンジミー・ペイジの3人で新バンドのリハーサルを行っている。バンドの仮称は「元・イエスとツェッペリン」の意味を込めて「XYZ」(eX-Yes-Zeppelin の略称)だった。一時期、ロバート・プラントの加入の噂も流れたが、結局はうまく軌道に乗らず、リハーサルだけで解散してしまう。当時のデモ録音のテープから4曲が流出している。その中の2曲は後にイエスの曲に採用されることになる(もう1曲はジミー・ペイジが自己のバンド「ザ・ファーム」で採用)。
  • 1983年に当時の妻であったニッキー・スクワイアが結成したバンド、エクスワイアのアシストを行い、1987年に発売されたファースト・アルバム『エクスワイア』ではコーラスで参加もしている。しかし、その直後にニッキー・スクワイアとは離婚している。エクスワイアのキーボード・プレイヤーであるチャールズ・オリンズはイエスのアルバム『ロンリー・ハート(90125)』にサポート・ミュージシャンとして参加し、ほとんどのキーボードのパートを弾いている。
  • ビリー・シャーウッドとの共同作業による2作のアルバム、DVDを「コンスピラシー[5](Conspiracy)」というバンド名義で発表している。また、ビリー・シャーウッドやスティーヴ・ポーカロらを迎えたバンド、「クリス・スクワイア・エクスペリメント」としてライブ活動を行なっていた時期もある。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

  • 『未知への飛翔』 - Fish Out of Water (1975年) ※DVDの付いた再発CDもある
  • Run With the Fox (1981年) ※シングル。Chris Squire & Alan White名義
  • Chris Squire's Swiss Choir (2007年)

イエス[編集]

イエスの作品を参照

コンスピラシー[編集]

  • 『コンスピラシー』 - Conspiracy (2000年) ※DVDの付いた再発盤もある。旧邦題『CONSPIRACY~共謀』
  • The Unknown (2003年)
  • 『コンスパイレイシー・ライヴ』 - Conspiracy Live (2006年)

ザ・シン[編集]

  • Syndestructible (2005年)
  • 『オリジナル・シン』 - Original Syn 1965-2004 (2005年) ※編集盤
  • Armistice Day (2007年)

スクアケット[編集]

  • 『ア・ライフ・ウィズイン・ア・デイ』 - A Life Within A Day (2012年)

参加作品[編集]

  • エディ・ハリス 『ロンドン・セッションズ』 – E.H. in the U.K. (1974年)
  • エスクワイア 『エスクワイア』 – Esquire (1987年)
  • ロック・エイド・アルメニア 『アースクェイク』 – The Earthquake Album (1990年)
  • リック・ウェイクマンヘンリー八世の六人の妻』 – The Six Wives of Henry VIII (1973年)
  • リック・ウェイクマン 『罪なる舞踏 リック・ウェイクマンの犯罪記録』 – Rick Wakeman's Criminal Record (1977年)
  • リック・ウェイクマン The Classical Connection II (1992年)
  • ワールド・トレイド 『ユーフォリア』 – Euphoria (1995年)
  • various artists 『ピンク・フロイド・トリビュート』 – Pigs & Pyramids — An All Star Lineup Performing the Songs of Pink Floyd (2002年)
  • various artists Back Against the Wall (2005年)
  • ガヴァメント・ミュール The Deep End Volume 2 (2002年)
  • スティーヴ・ハケット 『闇を抜けて - アウト・オブ・ザ・トンネルズ・マウス』 – Out of the Tunnel's Mouth (2009年)
  • スティーヴ・ハケット 『幻影の彼方 - ビヨンド・ザ・シュラウデッド・ホライゾン』 – Beyond the Shrouded Horizon (2011年)
  • various artists 『ザ・プログ・コレクティヴ』 - The Prog Collective (2012年)
  • various artists 『ソングス・オブ・センチュリー - スーパートランプ・トリビュート』 - Songs of the Century: An All-Star Tribute to Supertramp (2012年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Technotes - Chrissquire.com
  2. ^ Yes - Chris Squire Bass Rig Gear and Equipment
  3. ^ Chris Squire R.I.P.”. uDiscover (2015年6月28日). 2015年6月29日閲覧。
  4. ^ 例として『フライ・フロム・ヒア』の「The Man You Always Wanted Me To Be」ではイエスとしては珍しくクリスがリード・ボーカルを取っているほか、ソロ作品『未知への飛翔』ではすべての曲でリード・ボーカルを取っている
  5. ^ 「コンスパイラシー」や「コンスパイレイシー」の表記もある。