クリス・バード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリス・バード
基本情報
本名 クリス・コーネリアス・バード
通称 Rapid Fire
階級 ヘビー級
身長 183cm[1]
リーチ 188cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1970-08-15) 1970年8月15日(48歳)
出身地 ミシガン州フリント
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 47
勝ち 41
KO勝ち 22
敗け 5
引き分け 1
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 ボクシング
オリンピック
1992 バルセロナ ミドル級

クリス・バードChris Byrd1970年8月15日 - )は、アメリカ合衆国男性プロボクサー。本名クリス・コーネリアス・バードChris Cornelius Byrd)。ミシガン州フリント出身。第17代IBF世界ヘビー級王者。第11代WBO世界ヘビー級王者。ミドル級から階級を上げたヘビー級ボクサーであるだけに、ヘビー級独特のパンチ力で相手を押し倒すようなボクシングではなく、テクニックをベースにポイントを積み重ねる試合巧者な技巧派ボクサー。

元WBO世界ヘビー級王者レイモン・ブリュースターは従兄弟[1]

来歴[編集]

幼少・アマチュア時代[編集]

ミシガン州で8人兄弟の末っ子として生まれ、5歳の時から彼の父親ジョーが経営する「ジョー・バード・ボクシング・アカデミー」でボクシングを始める。彼の父は早くからクリスの才能に眼を付け将来プロにすべく鍛え上げた。彼が10歳になる頃にはアマチュアボクサーとして活躍し始め(アマチュア時代はミドル級の選手だった)、3度の全米アマチュアチャンピオン(1989年、1991年、1992年)にもなり、1992年バルセロナオリンピックではミドル級で銀メダルを獲得した。アマチュア時代には275勝をあげている。

プロボクサー時代[編集]

オリンピック後念願のプロに転向し、1993年1月28日にはデビュー戦を行う。

1995年3月28日、空位のUSBA全米ヘビー級王座を獲得した。

1995年11月21日にはWBUインターナショナルヘビー級王座を獲得した。

2000年4月1日、ビタリ・クリチコを破ってWBO世界ヘビー級王座を獲得した。

2000年10月14日にビタリの弟ウラジミール・クリチコに敗れて防衛に失敗した。

2002年12月14日、イベンダー・ホリフィールドIBF世界ヘビー級王座決定戦を争い、12回判定で勝利した。同王座は4度防衛に成功した。

2006年4月22日にまたしてもウラジミール・クリチコに敗れ、王座を失った。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ボクシングヘビー級最強伝説』 ベースボール・マガジン社、2009年5月29日、105頁
前王者
ビタリ・クリチコ
WBO世界ヘビー級王者

2000年4月1日 - 2000年10月14日

次王者
ウラジミール・クリチコ
前王者
レノックス・ルイス
IBF世界ヘビー級王者

2002年12月14日 - 2006年4月22日

次王者
ウラジミール・クリチコ