クリス・ホロデッキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ホロデッキー
Chris Horodecki 2015.jpg
基本情報
本名 クリストファー・ホロデツキ
(Christopher Horodecki)
通称 ザ・ポーリッシュ・ハンマー
(The Polish Hammer)
ワンダーボーイ
国籍 カナダの旗 カナダ
生年月日 (1987-09-24) 1987年9月24日(30歳)
出身地 オンタリオ州ロンドン
所属 エクストリーム・クートゥア
→チーム・トンプキンズ
→アドレナリンMMA
身長 175cm
体重 66kg
リーチ 177cm
階級 ライト級
フェザー級
バックボーン 空手ムエタイレスリング柔術
テンプレートを表示

クリス・ホロデッキーChris Horodecki1987年9月24日 - )は、カナダ男性総合格闘家オンタリオ州ロンドン出身。アドレナリンMMA所属。クリス・ホロデスキーとも表記される。

2008年7月に活動停止となったIFLでは人気選手となり[1]、「神童」「天才」と呼ばれた。

来歴[編集]

6歳から空手(小林流空手)を始め、13歳からはショーン・トンプキンズの下でムエタイを始めた。ハイスクールからはレスリング柔術も経験した[2]

2005年6月18日、総合格闘技デビュー。その後、TKOで4連勝。

2006年6月3日からIFLに参戦。11月2日にはライアン・シュルツにTKO勝ちを収めた。

IFLの2007年シーズンはバス・ルッテン率いる「LAアナコンダス」の一員として出場。12月29日、IFLライト級グランプリ決勝でライアン・シュルツと対戦し、パウンドによるTKO負けを喫し王座獲得に失敗すると同時にキャリア初黒星となった[3]

2008年4月4日、IFLでネイト・ラモットと対戦し、3-0の判定勝ち[4]。同年7月をもってIFLは活動停止となった[5]

2008年11月24日、シュートボクシング初参戦でSHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2008に出場。1回戦で宍戸大樹と対戦し、0-3の判定負けを喫した[6]

2009年1月24日、Affliction: Day of Reckoningでダン・ローゾンと対戦予定であったが、肩の負傷によりカリフォルニア州アスレチック・コミッションから出場を認められなかった[7]。6月27日、1年2か月ぶりの総合格闘技復帰戦となったUltimate Chaosでウィリアム・スリヤパイと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収めた[7]。8月1日、Affliction: Trilogyで改めてダン・ローゾンと対戦予定であったが、大会が中止となった[8]

WEC[編集]

2009年12月19日、WEC初参戦となったWEC 45アンソニー・ヌジョクアニと対戦し、右ハイキックでダウンしたところにパウンドで追撃されTKO負けを喫した[9]

2010年6月20日、地元・カナダでの開催となったWEC 49でダニー・ダウンズと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち[10]。当初はエド・ラトクリフと対戦予定であったが、ラトクリフの欠場により対戦相手が急遽変更になった。9月30日、WEC 51で改めてラトクリフと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

2010年12月16日、WEC最終興行WEC 53ドナルド・セラーニと対戦し、三角絞めによる一本負けを喫した[11]。WEC戦績は2勝2敗となった。

2015年6月5日、WSOF 21の世界フェザー級タイトルマッチでランス・パーマーと対戦し、ネッククランクで一本負けを喫し王座獲得に失敗した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
17 7 2 8 0 0 0
6 3 2 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× デレク・ゴーティエ 1R 0:35 KO(パンチ連打) TKO 36: Resurrection 2016年11月4日
× ランス・パーマー 1R 4:28 ネッククランク WSOF 21: Palmer vs. Horodecki
【WSOF世界フェザー級タイトルマッチ】
2015年6月5日
ルイス・ヒューイット 5分3R終了 判定3-0 WSOF 14: Ford vs. Shields 2014年10月11日
× マルロン・サンドロ 5分3R終了 判定0-3 Bellator 119 2014年5月9日
× ドナルド・セラーニ 2R 2:43 三角絞め WEC 53: Henderson vs. Pettis 2010年12月16日
エド・ラトクリフ 5分3R終了 判定2-1 WEC 51: Aldo vs. Gamburyan 2010年9月30日
ダニー・ダウンズ 3R 1:09 チョークスリーパー WEC 49: Varner vs. Shalorus 2010年6月20日
× アンソニー・ヌジョクアニ 1R 3:33 TKO(右ハイキック→パウンド) WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff 2009年12月19日
ウィリアム・スリヤパイ 1R 4:02 チョークスリーパー FFI: Ultimate Chaos 2009年6月27日
ネイト・ラモット 4分3R終了 判定3-0 IFL: New Jersey 2008年4月4日
× ライアン・シュルツ 1R 2:51 TKO(パウンド) IFL: World Grand Prix Finals
【ライト級グランプリ 決勝】
2007年12月29日
バート・パラゼウスキー 4分3R終了 判定2-1 IFL: World Grand Prix Semifinals 2007年11月3日
シャド・ライルレー 4分3R終了 判定3-0 IFL: Everett 2007年6月1日
ジョシュ・オドム 4分3R終了 判定3-0 IFL: Los Angeles 2007年3月17日
バート・パラゼウスキー 4分3R終了 判定2-1 IFL: Houston 2007年2月2日
ライアン・シュルツ 2R 0:24 TKO(打撃) IFL: World Championship Semifinals 2006年11月2日
エド・ウェスト 4分3R終了 判定3-0 IFL: Portland 2006年9月9日
エリック・オウィングス 1R 4:00 KO(ハイキック) IFL: Championship 2006 2006年6月3日
マイク・ベル 2R 2:38 TKO(パンチ連打) TKO 25: Confrontation 2006年5月5日
デイブ・パリソー 1R 2:48 TKO(パンチ連打) TKO 24: Eruption 2006年1月28日
デイブ・グレ 3R 4:41 KO(ハイキック) TKO 23: Extreme 2005年11月5日
ステファン・ラリベルテ 2R 2:52 TKO(パンチ連打) TKO 22: Lionheart 2005年9月30日
マット・マクドナルド 3R 1:21 TKO(ドクターストップ) UCW 2: Caged Inferno 2005年6月18日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 宍戸大樹 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT S-cup 2008
【1回戦】
2008年11月24日

脚注[編集]

関連項目[編集]