クリス・ムーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

クリス・ムーン: Chris Moon、1962年5月5日 - )は、イギリス社会運動家マラソン選手[1]エッセイストNGOのメンバー。地雷の廃絶を世界に訴えている。

経歴[編集]

クリス・ムーンは1965年5月5日にイギリスのウィルトシャー州のネザーハンプトンで生まれた[2][3]

農業大学に進学するが、農業には従事せずに、イギリスのローヤル・アーミイの士官候補生課程に入隊して、少尉に任官される[2][4]

5年間の軍隊経験のあと、金融関係の職に就くが1993年に地雷撤去活動を行っているNGOヘイロー・トラスト(危険地域人命支援組織)に参加する[2]

1993年の春からカンボジアで1年8ヶ月、現地の地雷除去員の指導をした後、地雷事故の調査をするためにモザンビークヘ移るも1995年3月7日、地雷撤去活動中に安全地帯の中に存在していた地雷に触雷し[5]南アフリカの病院で五回の手術の後に命は助かったものの、右手・右足を失う[2][6]

2ヶ月目に退院し、ロンドン大学大学院に進学して修士号を取得した[4]

事故後1年でロンドンマラソン(初のフルマラソン)に参加し、5時間29分で完走する[5]。これはカンボジアの地雷犠牲者支援のためのチャリティーランとして行われた[2]

その後、地雷会議の開かれていたノルウェーオスロでフルマラソンの自己新記録を樹立、さらにアイルランドダブリンのフルマラソンで5時間の壁を破る。1996年8月にAlisonと結婚した[2]。1998年2月7日、長野オリンピックで最終聖火ランナーとして開会式に出場した[5][7][8][9]

また、2001年の第三回長野オリンピック記念長野マラソンにも出場し、4時間42分27秒のタイムを叩き出している[10]

2012年にはアメリカのカリフォルニア州で開かれた135 mile Badwater runに参加している[11]

脚注[編集]

  1. ^ StackPath”. www.gordonpoole.com. 2020年6月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Chris Moon(by Chris Moon). 啓林館. ISBN 4402202116 
  3. ^ クリス・ムーンプロフィール”. www3.ic-net.or.jp. 2020年6月22日閲覧。
  4. ^ a b Chris Moon - Former army officer who lost an arm and leg whilst clearing mines in Mozambique. Now he's a well known speaker on change management, motivation and leadership”. www.performingartistes.co.uk. 2020年6月22日閲覧。
  5. ^ a b c Hire Chris Moon | Former Army Landmine Expert | Speaker Agent”. motivationalspeakersagency.co.uk. 2020年6月22日閲覧。
  6. ^ Chris Moon | Military Speakers”. www.militaryspeakers.co.uk. 2020年6月22日閲覧。
  7. ^ 最終走者クリス・ムーンさん 「自分を信じて」”. 2020年6月22日閲覧。
  8. ^ 啓林館 高等学校英語”. www.shinko-keirin.co.jp. 2020年6月22日閲覧。
  9. ^ Corner, Speakers. “Chris Moon - Keynote Speakers | Speakers Corner” (英語). www.speakerscorner.co.uk. 2020年6月22日閲覧。
  10. ^ 長野オリンピック記念 長野マラソン”. www.naganomarathon.gr.jp. 2020年6月22日閲覧。
  11. ^ Daily (2012年7月15日). “Double-amputee who lost arm and leg while clearing mines to take on gruelling 135mile ultra marathon through Death Valley”. Mail Online. 2020年6月22日閲覧。

関連項目[編集]