クリス・メドレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・メドレン
Kris Medlen
Kris Medlen on September 14, 2013.jpg
ブレーブス時代(2013年9月14日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡アーテジア英語版
生年月日 (1985-10-07) 1985年10月7日(32歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 MLBドラフト10巡目
初出場 2009年5月21日 コロラド・ロッキーズ
年俸 $2,600,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・アレン・メドレンKristopher Allen Medlen, 1985年10月7日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡アーテジア英語版出身の元プロ野球選手投手)。右投両打。

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

2006年MLBドラフト10巡目(全体310位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、6月6日に契約[2]。大学時代は遊撃手がメインだったが、投手としての指名だった。契約後、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級ダンビル・ブレーブス英語版でプロデビュー。20試合に登板して1勝0敗10セーブ・防御率0.41・36奪三振の成績を残した。

2007年はまずA級ローム・ブレーブス英語版でプレーし、17試合に登板して0勝1敗8セーブ・防御率0.87・33奪三振と好投。7月にA+級マートルビーチ・ペリカンズへ昇格した。A+級マートルビーチでは18試合に登板して2勝0敗2セーブ・防御率1.12・28奪三振の成績を残した。8月にAA級ミシシッピ・ブレーブスへ昇格し、3試合に登板した。

2008年はAA級ミシシッピでプレー。この年からリリーフから先発に転向した。AA級ミシシッピでは36試合(先発17試合)に登板し、7勝8敗1セーブ・防御率3.52・120奪三振の成績を残した。

2009年はAAA級グウィネット・ブレーブスで開幕を迎えたが、5月21日にブレーブスとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[3]。同日のコロラド・ロッキーズ戦で先発起用されメジャーデビュー。3回を3安打5失点5四球の乱調でメジャー初黒星を喫した。3度目の登板となった5月31日アリゾナ・ダイヤモンドバックス戦で、6回を4安打1失点に抑え、メジャー初勝利を挙げた。6月に入るとリリーフとしての起用になった。この年は37試合(先発は4試合)に登板し、3勝5敗・防御率4.26・72奪三振の成績を残した。

2010年3月3日にブレーブスと1年契約に合意[4]。開幕後はリリーフとして登板していたが、5月中旬から先発の起用も増え、6月にはローテーションに定着した。しかし、8月4日ニューヨーク・メッツ戦で右肘の内側側副靭帯を痛め、8月5日に15日間の故障者リスト入りした[5]。試合後のMRI検査で右肘の内側側副靭帯は完全に断裂していないことがわかり、2・3週間のリハビリとなる予定だった[6]が、8月15日トミー・ジョン手術を行うことを発表し[7]8月18日に手術を行った[8]9月1日に60日間の故障者リストへ異動し、そのままシーズンを終えた。この年は31試合(先発は14試合)に登板し、6勝2敗・防御率3.68・83奪三振の成績を残した。

2011年2月22日にブレーブスと1年契約に合意[9]3月27日に前年の手術の影響で15日間の故障者リスト入りし[10]6月23日に60日間の故障者リストへ異動した。シーズン終盤の9月24日に復帰[11]。リリーフとして2試合に登板し、防御率0.00だった。

2012年3月2日にブレーブスと1年契約に合意[12]3月29日にAAA級グウィネットへ異動し、そのまま開幕を迎えた。6月15日にメジャーへ昇格。昇格後はリリーフとして38試合に登板していたが、7月末に先発に転向。その後は9勝0敗・防御率0.97と目覚しい活躍を見せ、8月、9月と連続してピッチャー・オブ・ザ・マンスを受賞[13]。この年は50試合(先発12試合)に登板し、10勝1敗1セーブ・防御率1.57・120奪三振の成績を残した。セントルイス・カージナルスとのワイルドカードゲームではロースター入りし[14]、先発に起用されたが、6.1回を3安打5失点で敗戦投手となった。

2013年1月18日にブレーブスと260万ドルの1年契約に合意[15]。この年は32試合に登板し、15勝12敗・防御率3.11・157奪三振の成績を残した。

2014年1月17日にブレーブスと580万ドルの1年契約に合意した[16]3月18日に二度目となるトミー・ジョン手術を行い、シーズンを全休することとなった[17]3月23日に手術の影響で15日間の故障者リスト入りした[18]3月26日に60日間の故障者リストへ異動し、そのままシーズンを終えた。オフの12月2日にノンテンダーFAとなった[19]

ロイヤルズ時代[編集]

2014年12月18日カンザスシティ・ロイヤルズと総額850万ドルの2年契約[20](2017年・1000万ドルのミューチュアル・オプション付き[21])を結んだ[22][23]

2015年7月20日ピッツバーグ・パイレーツ戦で2年ぶりのメジャー復帰登板を果たした。その後は先発とリリーフを兼任するような形で15試合に登板した(8試合で先発登板)。6勝2敗・防御率4.01・40奪三振という成績を残した。

2016年は登板機会が限定的であり、6試合の先発登板に留まった。投球内容も芳しくなく、1勝3敗・防御率7.77・WHIP2.06・18奪三振に対して20四球と荒れに荒れた。オフの11月3日にFAとなった[24]

ブレーブス傘下時代[編集]

2017年1月27日にブレーブスとマイナー契約を結んだ[25]。この年のメジャー登板は無く、マイナーではA+級フロリダ・ファイヤーフロッグス[26]、AA級ミシシッピ、AAA級グウィネットでプレーし、3球団合計で20試合に先発登板して5勝8敗・防御率4.95・98奪三振の成績を残した。オフの11月6日にFAとなった[27]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2018年1月23日にダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[28]。開幕は傘下のAAA級リノ・エーシズで迎え、5月4日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[27]。同日にヒューストン・アストロズ戦に先発登板し、4回を投げ7失点を喫した[29]。これが現役最後の登板となった。5月27日に引退を表明した[30]

投球スタイル[編集]

右投手だが、左打者に対するチェンジアップが効果的で、対左打者を得意としている[31]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 ATL 37 4 0 0 0 3 5 0 1 .375 294 67.2 65 5 30 2 2 72 3 1 34 32 4.26 1.40
2010 31 14 0 0 0 6 2 0 1 .750 438 107.2 108 13 21 1 3 83 1 1 48 44 3.68 1.20
2011 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.1 1 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0.00 0.43
2012 50 12 2 1 2 10 1 1 7 .909 520 138.0 103 6 23 0 0 120 3 0 26 24 1.57 0.91
2013 32 31 0 0 0 15 12 0 0 .556 820 197.0 194 18 47 1 8 157 2 0 77 68 3.11 1.22
MLB:5年 152 61 2 1 2 34 20 1 9 .630 2080 512.2 471 42 121 4 13 434 9 2 185 168 2.95 1.15
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 54(2009年 - 2013年)
  • 39(2015年 - 2016年)
  • 47(2018年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Atlanta Braves Salary/Payroll Information
  2. ^ Scout.com: Kris Medlen Profile
  3. ^ Adam Rosenberg (2009年5月22日). “Fourth inning undoes Medlen”. MLB.com. 2014年12月19日閲覧。
  4. ^ Atlanta Braves complete 2010 contract signings”. MLB.com Braves Press Release (2010年3月3日). 2014年12月19日閲覧。
  5. ^ Mark Bowman (2010年8月5日). “Medlen's status in doubt after elbow injury”. MLB.com. 2014年12月19日閲覧。
  6. ^ Mark Bowman (2010年8月6日). “Replacing Medlen, Minor to debut Monday”. MLB.com. 2014年12月19日閲覧。
  7. ^ Medlen to undergo Tommy John surgery”. MLB.com (2010年8月16日). 2014年12月19日閲覧。
  8. ^ Medlen has successful Tommy John surgery”. MLB.com (2010年8月19日). 2014年12月19日閲覧。
  9. ^ Atlanta Braves Agree To Terms With 21 Players”. MLB.com Braves Press Release (2011年2月22日). 2014年12月19日閲覧。
  10. ^ Atlanta Braves Make Spring Roster Moves”. MLB.com Braves Press Release (2011年3月27日). 2014年12月19日閲覧。
  11. ^ Medlen can pitch way to potential playoff roster”. MLB.com (2011年9月24日). 2014年12月19日閲覧。
  12. ^ Atlanta Braves Agree To Terms With 24 Players”. MLB.com Braves Press Release (2012年3月2日). 2014年12月19日閲覧。
  13. ^ Kris Medlen Of The Atlanta Braves Voted National League Pitcher Of The Month For September
  14. ^ Braves set National League Wild Card roster”. MLB.com Braves Press Release (2012年10月5日). 2014年12月19日閲覧。
  15. ^ Mark Bowman (2013年1月18日). “Heyward, four other Braves avoid arbitration”. MLB.com. 2014年12月19日閲覧。
  16. ^ Mark Bowman (2014年1月17日). “Braves avoid arbitration with four players”. MLB.com. 2014年1月18日閲覧。
  17. ^ Mark Bowman (2014年3月17日). “Medlen to undergo Tommy John surgery”. MLB.com. 2014年3月18日閲覧。
  18. ^ Atlanta Braves place five pitchers on disabled list”. MLB.com Braves Press Release (2014年3月23日). 2014年3月24日閲覧。
  19. ^ Braves non-tender three players”. MLB.com Braves Press Release (2014年12月3日). 2014年12月17日閲覧。
  20. ^ 2015年は200万ドル、2016年は550万ドル。
  21. ^ 違約金は100万ドル。
  22. ^ Royals sign free agent pitcher Kris Medlen to two-year deal with mutual option”. MLB.com Royals Press Release (2014年12月18日). 2014年12月19日閲覧。
  23. ^ Steve Adams (2014年12月18日). “Royals Sign Kris Medlen”. MLB Trade Rumors. 2014年12月19日閲覧。
  24. ^ Adams, Steve (2016年11月4日). “Edinson Volquez, Kendrys Morales Decline Mutual Options; Royals Decline Option On Kris Medlen”. mlbtraderumors.com. 2017年1月17日閲覧。
  25. ^ Mark Bowman (2017年1月27日). “Medlen returns to Braves on Minors deal” (英語). MLB.com. 2018年5月7日閲覧。
  26. ^ 2017年よりブレーブス傘下
  27. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年5月7日閲覧。
  28. ^ Matt Kelly (2018年1月23日). “D-backs sign Medlen, Bastardo, Salas, Blazek” (英語). MLB.com. 2018年5月7日閲覧。
  29. ^ fangraphs game log
  30. ^ MLB transactions , "05/27/18 RHP Kris Medlen retired."
  31. ^ Medlen activated from DL; Alex Gonzalez update

関連項目[編集]