クリッター (ゲームキャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ドンキーコングシリーズ > クリッター (ゲームキャラクター)

クリッターは、レアが開発したキャラクター任天堂テレビゲームソフト『スーパードンキーコング』シリーズを中心に登場する。2002年にレア社がマイクロソフトに吸収されたため、現在キャラクター版権は任天堂が持つ。

概要[編集]

人型のワニであり、二本足で歩く。ドンキーコング達と敵対するキングクルール率いるバナナ泥棒クレムリン軍団の下っ端の戦闘員(ザコキャラ)である。作品ごとに服装が変化しており、『ドンキーコング64』では黒いシャツを着用。『ぶらぶらドンキー』以降は茶色のズボンを履いている。同じ容姿の者が大勢おり、体の色によって、ジャンプするなど動くパターンが異なる。また、『ドンキーコング64』ではパンチや噛みつきを、それ以降も『ドンキーコングたるジェットレース』では回転攻撃を、『ドンキーコング ジャングルクライマー』では腕を縦に回しながら突進してくる等、攻撃のバリエーションが増えている。肉弾戦だけでなく、爆弾やトゲ付き鉄球といった様々な武器も使う。なお『スーパードンキーコング2』ではクロンプ、『スーパードンキーコング3』ではコブルという、クリッターとは異なるキャラクターが登場する。

他にも、クランプ、クラッシャ、『ディディーコングレーシング』のクランチ、『ドンキーコング たるジェットレース』のキップ、キャス、カリプソ、クラッジのように特に名前のないクレムリンのワニは総合してクリッターと呼ばれることが多い。

アニメ版では大勢で「クルール・偉い、クルール・強い…」と言いながら行進して現れ、怒らせると非常に怖いが、いつもドンキーに負けるやられ役であった。

『ぶらぶらドンキー』と『ドンキーコング たるジェットレース』ではプレイヤーキャラクターとして使用可能。性能は主にバランスタイプ。ドンキーコングシリーズの他に、マリオシリーズのゲームソフトである『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』や『マリオストライカーズ』シリーズにおいても操作可能なキャラとして登場している。

大乱闘スマッシュブラザーズX』ではフィギュアとして登場しており、『マリオストライカーズ チャージド』の姿のフィギュアも用意されている。『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS』ではフィールドスマッシュの雑魚キャラとして登場し、緑色のクリッターは噛みつき攻撃を、青色のクリッターは腕を横に回転させて襲いかかってくる。ティキ族とはこれが初めての競演となる。

『スーパーマリオストライカーズ』から声は土屋トシヒデが担当。

種類[編集]

クリッター
代表的な下っ端。他のクリッターと比べて特徴はあまりないが出番は多い。『マリオストライカーズ』シリーズではゴールキーパーとして登場。
クラッシュ
スーパードンキーコング』に登場するクリッター。トロッコに乗ってドンキー達にぶつかってくる。
クリーパ
ドンキーコング64』に登場したクリッター。クリッターがお化けに変装した姿。
キング・カットアウト
ドンキーコング64』に登場したボス。クリッター達が作ったクルールのハリボテ。
スーパークリッター
スーパーマリオストライカーズ』に登場したクリッター。ゴールキーパーのクリッターの強化版。

登場作品[編集]

クリッターのみ掲載。

1994年

1995年

1999年

2001年

2003年

2005年

2006年

2007年

2008年

2014年

関連項目[編集]