クリップラー・クロスフェイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリス・ベノワによるクリップラー・クロスフェイス。

クリップラー・クロスフェイスCrippler Cross Face)は、プロレス技の一種である。クロスフェイスCross Face)とも呼ばれる。

概要[編集]

うつ伏せ状態の相手の片腕を足でロックしてからグラウンド式フェイスロック(クロスフェイス)を極める技である。挟み込んだ腕は動きを封じるためで、極まるのは首関節である。この技は両手(特に左手の橈骨頭)が相手の頬骨人中穴周辺を締め上げるため、強烈な痛みを与える。

技名はクリス・ベノワが最も有名な使い手であるため、ベノワのニックネーム「ザ・クリップラー」に因んでクリップラー・クロスフェイスと呼ばれている。日本ではこの技の開発者である永田裕志が、ナガタロックII[1]の名称で使用しており、こちらの名称が一般的である。

主な使用者[編集]

類似技[編集]

グラウンド・フェイスロッック
相手の片腕を挟まずに顔面のみを締め上げる。クリップラー・クロスフェイスの元になった技である。TAKAみちのくジャスト・フェイスロックとして得意とする。
GAME OVER
KENTAが考案。相手に対して手前の脚を腕の上側から掛け、奥側の脚を下側から通して極める事で首と肩を極め、フェイスロックを仕掛ける。オモプラッタとフェイスロックを複合したような技。ダニエル・ブライアン石森太二イエス・ロックの名称で得意とする。
カール・シックル
上記のGAME OVERと同じく相手に対して手前の脚を腕の上側から掛け、奥側の脚を下側から通して極める事で首と肩を極め、フェイスロックを仕掛けるが、GAME OVERが顔面を締め上げるのに対し、カール・シックルは首から背面を反り上げる事に重点を置いている点で違いがあり、キャメルクラッチ(らくだ固め)の要素も含まれている。カール・マレンコのオリジナル技。
イリバーシブル・クライシス
MVPが考案。相手の腕をV1アームロックの要領で肩の方向へ捻りを加えてから腕を極め、フェイスロックを仕掛ける事で、首と腕を極める。

脚注[編集]

  1. ^ 通常型のフェイスロックの別名として呼ばれることもある。

関連項目[編集]