クリミア・ソビエト社会主義共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリミア・ソビエト社会主義共和国
Крымская Советская Социалистическая Республика
Qırım Şuralar Sotsialistik Cumhuriyeti
クリミア地方政府 1919年 - 1919年 南ロシア政府

公用語 ロシア語
クリミア・タタール語
ウクライナ語
ドイツ語
首都 シンフェロポリ
人民委員会議議長

1919年5月5日 - 1919年6月 ドミトリー・ウリヤーノフ

変遷

革命政府発足 1919年5月5日
白軍の侵攻により消滅1919年6月26日

クリミア・ソビエト社会主義共和国(クリミア・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく、ロシア語: Крымская Советская Социалистическая Республикаクリミア・タタール語: Qırım Şuralar Sotsialistik Cumhuriyeti)は、1919年の短期間クリミア半島に存在した、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の一部としてのボリシェヴィキ国家である。首都はシンフェロポリ[1]クリミア社会主義ソビエト共和国とも呼ばれる[2]

歴史[編集]

1919年4月、ボリシェヴィキは前年3月のタヴリダ・ソビエト社会主義共和国建国時に次いで、クリミア半島へ2度目の侵攻を果たした。赤軍第3軍ロシア語版ケルチ半島英語版を除くクリミア全域を占領し、4月28日から29日にかけてシンフェロポリで開催されたボリシェヴィキ地方党大会において、クリミア・ソビエト社会主義共和国建国と革命委員会 (en) 政府発足の決議が採択された[3]

同月30日にはボリシェヴィキはクリミア半島全域を支配するに至り、5月5日にドミトリー・ウリヤーノフウラジーミル・レーニンの弟)を議長とする政府が発足した[3][4]。同日、第3ウクライナ・ソビエト部門 (ru) の下にクリミア・ソビエト軍 (ru) が形成された[1][5][6]。6月6日にソビエト・クリミアはロシアウクライナリトアニア=白ロシアラトビアから成る軍事同盟に参加した[4]。5月15日に発足したクリミア共和国革命軍事会議は6月5日にクリミア軍革命軍事会議へと改組された。

ソビエト・クリミアは、あらゆる民族の平等に基づく非ネイション的存在であると宣言され、産業の国有化や地主、クラーク、教会の土地の没収が行われた[3]。また、ソビエト・クリミアは以前のタヴリダ・ソビエト社会主義共和国よりもクリミア・タタール人の利益に順じた存在であり、タタール人の左翼人士は政府で職を得ることも許されていた[4]。社会ではなめし皮や缶詰、タバコの工場を復旧させる努力がなされ、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国人民委員会議ロシア語版からの援助でクリミアをリゾート地として復興させる動きもあった[1][5]

しかし、5月下旬には白軍アントーン・デニーキン率いる義勇軍スペイン語版がソビエト・クリミアを脅かし始め、6月18日にヤーコフ・スラシチョーフロシア語版指揮下の白軍勢力がコクテベリロシア語版へ上陸した[3]。そして最終的に、ソビエト・クリミアの指導者らは同月23日から26日までにクリミアを脱出してヘルソンモスクワへ逃れ、その後白軍はクリミアでの支配を確立した[1][6][7]

主な閣僚[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Крымская Советская Социалистическая Республика // Гражданская война и военная интервенция в СССР. Энциклопедия.
  2. ^ Harold Henry Fisher. The Famine in Soviet Russia, 1919-1923: The Operations of the American Relief Administration. Ayer Publishing, 1971. p. 278. ISBN 978-0-8369-5650-4
  3. ^ a b c d «Крымская ССР» Xронос: Историческая Энциклопедия. ("Crimean SSR". Chronos: Historical Encyclopedia.) Retrieved 20 April 2011.
  4. ^ a b c Alan W. Fisher. The Crimean Tatars. Hoover Press, 1978. p. 128. ISBN 978-0-8179-6662-1
  5. ^ a b Крымская советская армия // Гражданская война и военная интервенция в СССР. Энциклопедия.
  6. ^ a b Центральный государственный архив Советской армии. В двух томах. Том 1. Путеводитель. 1991
  7. ^ Савченко В. А. Двенадцать войн за Украину. Глава 7. С. 192—220

参考文献[編集]