クリミア盾章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
クリミア盾章
Krimschild
Krim Shield.jpg
Flag of the NSDAP (1920–1945).svg大ドイツ国による賞
種別 盾章
対象戦役 第二次世界大戦
状態 廃止
歴史・統計
創設 1942年7月25日
最新(最後)
の授与
1943年10月
総授与数 約250,000

クリミア盾章(ドイツ語: Krimschild)は、ナチス・ドイツの袖用盾章。その授与数はドイツの盾章の中で最も多い約250,000個である。

概要[編集]

背景[編集]

独ソ戦勃発後、ドイツ国防軍陸軍南方軍集団1941年秋から1942年夏にかけ、クリミア半島占領をめぐってソビエト連邦との激しい戦闘を繰り返していた。1942年7月4日セヴァストポリの戦いをもって半島占領に成功したドイツは、勝利に多大な貢献をしたエーリヒ・フォン・マンシュタイン陸軍元帥率いる第11軍全員を対象に盾章を贈ることにした。そうして制定されたのがクリミア盾章である。

デザイン[編集]

盾章上部に国家鷲章が配置され、右翼の下にクリミア争奪戦が勃発した年である「1941」が、左翼の下に終結した年である「1942」が刻まれている。背景にはクリミア半島が描かれており、クリミア半島を示すドイツ語「KRIM」が書かれている。

受章資格[編集]

受章には以下の戦闘の内1つ以上に参戦していることが求められた。

それ以外に、

  • 戦闘中の負傷
  • クリミア半島で3か月以上従軍した場合

にも授与された。

ドイツ軍人のみならず、ルーマニア軍人も授与対象とされた。

佩用[編集]

クリミア盾章を佩用するマンシュタイン(右)。奥はハンス・シュパイデル

クリミア盾章は軍服の左袖に裏布とともに縫い付けられたが、美しさを求め、盾章のみをピンで直接左袖に留めて佩用する者もいた。

盾章の裏布は所属組織によって色が異なっていた。