クルエル・シスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クルエル・シスター
ペンタングルスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フォークフォークロック
時間
レーベル トランスアトランティック・レコード英語版
プロデュース ビル・リーダー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 51位(イギリス[1]
ペンタングル 年表
バスケット・オブ・ライト
(1969年)
クルエル・シスター
(1970年)
リフレクション
(1971年)
テンプレートを表示

クルエル・シスター』(Cruel Sister)は、イギリスフォークロックバンドペンタングル1970年に発表した4作目のアルバム

背景[編集]

ペンタングルの過去の作品は、いずれも純粋なアコースティック音楽だったが、本作よりジョン・レンボーンエレクトリック・ギターも弾くようになった[2][3]。「若かりし頃」は、ジャッキー・マクシーが無伴奏で歌った録音である[2]。LPレコードの片面を占める大作「ジャック・オライオン」は、バート・ヤンシュ名義のアルバム『ジャック・オライオン』(1966年)で取り上げられた曲の再演で、当時ヤンシュのヴァージョンをプロデュースしたビル・リーダーは、本作及び次作『リフレクション』(1971年)でペンタングルと共同作業をしている[3]

反響・評価[編集]

商業的には前作『バスケット・オブ・ライト』ほどの成功を収められず、全英アルバムチャートでは2週トップ100入りし、51位を記録するにとどまった[1]

ロニー・D・ランクフォード・ジュニアはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「『クルエル・シスター』は、各メンバーの手腕と閃きを結合させ、活力に満ちた不朽のアルバムとして生み出された、彼らの芸術的な高みを示している作品である」と評している[2]。また、鮎沢裕之は本作の音楽性を「フォークやジャズなどの、ある種過激なまでのミクスチャーというスタイルから一転して、至極まっとうな英国トラッド・フォーク・サウンドへと変貌している」と位置付け、レンボーンのエレクトリック・ギターに関して「あくまでもジャズ的なトーンでヴァリエーションをつけるような使用法」と評している[3]

収録曲[編集]

全曲ともトラディショナル・ソングの翻案で、アレンジは1. 4. 5.がメンバー5人、3.がジャッキー・マクシーバート・ヤンシュジョン・レンボーンによる。

  1. 恋する女 - "A Maid That's Deep in Love" - 5:31
  2. 若かりし頃 - "When I Was in My Prime" - 2:57
  3. ロード・フランクリン - "Lord Franklin" - 3:25
  4. クルエル・シスター - "Cruel Sister" - 7:04
  5. ジャック・オライオン - "Jack Orion" - 18:38

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b PENTANGLE | full Official Chart History | Official Charts Company - 「ALBUMS」をクリックすれば表示される。
  2. ^ a b c Lankford, Jr, Ronnie D. “Cruel Sister - Pentangle”. AllMusic. 2018年6月24日閲覧。
  3. ^ a b c 『ブリティッシュ・フォーク&トラッド・ロック 増補改訂版』 ストレンジ・デイズ(原著2008年6月30日)、48頁。ISBN 978-4-902342-19-2。