クルチャトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クルチャトフ
Курча́тов
クルチャトフの位置(カザフスタン内)
クルチャトフ
クルチャトフ
クルチャトフの位置(東カザフスタン州内)
クルチャトフ
クルチャトフ
カザフスタン内のクルチャトフの位置
座標: 北緯50度45分24秒 東経78度32分24秒 / 北緯50.75667度 東経78.54000度 / 50.75667; 78.54000
カザフスタン
東カザフスタン州
設立 1948年
人口
 - 計 11,641(2,013年)人
ウェブサイト http://kurchatov.vko.gov.kz/kz/

座標: 北緯50度45分24秒 東経78度32分24秒 / 北緯50.75667度 東経78.54000度 / 50.75667; 78.54000 クルチャトフカザフ語及びロシア語ではКурча́тов)は、カザフスタンの北東部にある東カザフスタン州の都市である。市の名称はソビエトの核物理学者イーゴリ・クルチャトフからとられており、クルチャトフはセミパラチンスク核実験場に隣接した核実験におけるかつての中心都市であった。ソビエトのこの地での核実験中止と実験場の閉鎖により、クルチャトフの人口は20,000人以上から約8,000人にまで減少した(2009年1月1日現在10,717人)[1]。最盛期のクルチャトフ(当時はセミパラチンスク-16と呼ばれた)は閉鎖都市であり、ソビエト連邦の中でも最も機密とされ、制限された都市の一つだった。

クルチャトフはエルティシ川の南岸に位置し、ここはチャガン川との合流地点でもあった。市内を通る鉄道は、西は近くのモルダリー村までつながり、東はセメイまでの160kmがつながれていた[2]

クルチャトフの核関連施設は、カザフスタン国立原子力センターの一部門であるカザフスタン原子力研究所により管理されている。

脚注[編集]

  1. ^ "In pictures: Kazakh nuclear town", BBC News website, 2005-12-06
  2. ^ Semipalatinsk-16 page at Global Security

関連項目[編集]