クルードバスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
クルードバスター
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード (AC)
開発元 データイースト
発売元 データイースト
プロデューサー 堀田巌
デザイナー 大谷明
プログラマー 井上隆明
秋山宗一
音楽 原あづさ
吉田博昭
木内達也
美術 皆川一巳
長尾園美
海宝吉成
栗原映子
大江真徳
野田伸二
北原智江
藤原仁美
社本千佳
榎本和美
人数 1 - 2人(同時プレイ)
メディア 業務用基板
(3.19メガバイト
稼働時期 日本 1990031990年3月
アメリカ合衆国 1990041990年4月
ヨーロッパ 1991年
デバイス 8方向レバー
3ボタン
CPU MC68000 (@ 12 MHz)
サウンド HuC6280 (@ 8.055 MHz)
YM2203 (@ 4.028 MHz)
YM2151 (@ 3.580 MHz)
OKI6295 (@ 1.007 MHz)
OKI6295 (@ 2.014 MHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×240ピクセル
58.00Hz
パレット2048色
テンプレートを表示

クルードバスター』 (Crude Buster) は、1990年3月に日本のデータイーストから稼働されたアーケード横スクロールアクションゲーム。日本国外版のタイトルは『Two Crude』となっている。

主人公の「クルードバスター」を操作し、核爆発後のニューヨークを支配した暴力組織「BIG VALLEY」を抹殺するのを目的としている。ステージ上にある様々な物や敵キャラクターを掴んで投げる事が可能な点を特徴としている。

開発はデータイーストが行い、プロデューサーは後にアーケードゲーム『ダンクドリーム』(1994年)を手掛けた堀田巌、ゲーム・デザインは後にメガドライブ用ソフト『チェルノブ』(1992年)を手掛けた大谷明、音楽はアーケードゲーム『空牙』(1989年)や『ミッドナイトレジスタンス』(1989年)を手掛けた原あづさ、吉田博昭、木内達也が担当している。

1992年メガドライブに移植され、北米および欧州では『Two Crude Dudes』のタイトルで発売された。メガドライブ版は2010年Windows用ソフトとしてプロジェクトEGGにて配信された。アーケード版は後に、北米のみで発売されたWii用ソフト『Data East Arcade Classics』(2010年)に収録された他、2018年には北米および欧州にてNintendo Switch用ソフトとして配信された。

ゲーム内容[編集]

ステージ上の敵をパンチ、キック、ジャンプを使用して倒していく横スクロール型の格闘アクションゲーム。

本作の特徴としては、ステージ上に置いてある様々なものを掴んで投げることで敵に攻撃できる点にある。掴めるものはバケツ、看板、ドラム缶、電柱、廃車、戦車など多岐に亘り、さらに敵を掴んで投げることも可能となっている。

ストーリー[編集]

2010年、原因不明の核爆発が続発しニューヨークは廃墟と化した。それから20年後、都市は復旧しつつあったが、突如として現れた拮抗勢力組織「BIG VALLEY」により、軍の出動による抵抗もむなしく都市は狂暴な組織によって支配された。事態を重く見た政府はある2人の男に「BIG VALLEY」の抹殺計画を依頼する。多額の報酬を受けられればどんな仕事も請け負う「CRUDE CUSTER」が「BIG VALLEY」抹殺のために動き出す事となった。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 備考
1 日本 クルードバスター
アメリカ合衆国 Two Crude Dudes
ヨーロッパ Two Crude Dudes
日本 199202281992年2月28日
アメリカ合衆国 1992年
ヨーロッパ 1993051993年5月
メガドライブ イスコ
オペラハウス
データイースト 8メガビットロムカセット[1] 日本 T-13063
アメリカ合衆国 T-13026
ヨーロッパ 1141
2 Data East Arcade Classics アメリカ合衆国 201002192010年2月19日
Wii G1M2 マジェスコ Wii用12cm光ディスク - -
3 クルードバスター 日本 2010年5月18日[2][3]
Windows ジー・モード D4エンタープライズ ダウンロード
プロジェクトEGG
- メガドライブ版の移植
4 Two Crude アメリカ合衆国 201807052018年7月5日
ヨーロッパ 201901312019年1月31日
Nintendo Switch Flying Tiger Flying Tiger ダウンロード - アーケード版の移植
メガドライブ版

スタッフ[編集]

  • ゲーム・デザイン:大谷明
  • プログラム:井上隆明、秋山宗一
  • キャラクター・デザイン:皆川一巳、長尾園美、海宝吉成、栗原映子、大江真徳、野田伸二、北原智江、藤原仁美、社本千佳、榎本和美
  • 背景デザイン:野老雅典、橋本和典、金子篤、富樫秀一、井下正之、川村命、山口美佳、安達智生
  • EX.デザイン:川口雅幸、角出裕、氏田政彦、小柳誠治、手塚政彦
  • サウンド:原あづさ、吉田博昭、木内達也
  • ハード:大木正己
  • プロジェクト・リーダー:堀田巌
  • スペシャル・サンクス:倉田和幸、札幌サテライト、仙台サテライト、その他の皆さん

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame3/5stars (AC)[4]
Computer and Video Games95% (AC)[4]
89% (MD)[5]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー27/40点 (MD)[5]
ファミ通24/40点 (MD)[6]
GamePro4/5点 (MD)[5]
メガドライブFAN20.40/30点 (MD)[1]
MegaTech87% (MD)[7]
Mean Machines79% (MD)[5]
Aktueller Software Markt9/12点 (MD)[5]
メガドライブ大全肯定的 (MD)[8]
メガドライブ版
ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では、6・7・6・5の合計で24点(満40点)になっている [6]
ゲーム誌『メガドライブFAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.40点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1993年7月号特別付録の「メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」では、「画面上のあらゆるものを持ち上げて投げるという、豪快な攻撃をすることができる」とゲーム性に関して肯定的なコメントで紹介されている[1]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.67 3.25 3.33 3.54 3.23 3.38 20.40
ゲーム本『メガドライブ大全』(2004年太田出版)では、「豪快にモノが投げられる代わりに、素手のリーチがとても短く、ジャンプも途中で軌道が変えられるヘンテコさがDECOらしい」とゲーム性の問題点を指摘しているが、「体力の回復は、自動販売機に殴る蹴るの暴行をはたらいてコーラをかつ上げ」、「泣きながらぐるぐるパンチで突っかかる老博士(ラスボス)まで持ち上げられるラストは語り草だ」と演出面に関しては肯定的な評価を下している[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 「7月号特別付録 メガドライブ&ゲームギア オールカタログ'93」『メガドライブFAN』第5巻第7号、徳間書店、1993年7月15日、 11頁。
  2. ^ 佐伯憲司 (2010年5月18日). “D4エンタープライズ、「プロジェクトEGG」で「クルードバスター」などDECO家庭用3タイトルを配信” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2020年3月14日閲覧。
  3. ^ 「EGG」,旧データイーストの「ヘビーバレル」など3タイトル配信” (日本語). 4Gamer.net. Aetas (2010年5月18日). 2020年3月14日閲覧。
  4. ^ a b Two Crude Dudes for Arcade (1990)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年5月18日閲覧。
  5. ^ a b c d e Two Crude Dudes for Genesis (1992)” (英語). Moby Games. Blue Flame Labs. 2019年5月18日閲覧。
  6. ^ a b クルードバスター まとめ [メガドライブ]” (日本語). ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2019年5月18日閲覧。
  7. ^ MegaTech rating, EMAP, issue 5, page 78, May 1992
  8. ^ a b 「Chapter 04 1991年」『メガドライブ大全(企画・編集:CONTINUE)』太田出版、2004年9月29日、113頁。ISBN 9784872338805。