クレアの秘宝伝〜眠りの塔とめざめの石〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クレアの秘宝伝〜眠りの塔とめざめの石〜』(くれあのひほうでん〜ねむりのとうとめざめのいし〜)は、2016年大都技研製作のパチスロ機。導入は8月22日[1]。型式名は「クレアの秘宝伝眠りの塔と目覚めの石/A2」[2]

前作は2012年に発売され、「遊技機アワード2013[3]」を受賞した『クレアの秘宝伝〜はじまりの扉と太陽の石〜』で、4年ぶりの後継機[4]にあたる。秘宝伝シリーズのスピンオフながら、2作目の製作となった。ボーナスゲームをメインの出玉契機とするタイプで、BIG BONUS(ビッグボーナス、BB)の後には30ゲーム固定のRTも搭載している[4]

スペック[編集]

ボーナスゲームに当選する確率は設定1で 1/164、設定6であれば1/116と甘めの設計[4]となっており、『パチスロ攻略マガジン』が独自調査値として報道した結果によれば、ボーナス確定後の告知をまたずにボーナス図柄を揃える手順で打つことにより、設定2であっても機械割が 100%を越えるとされる[5]。この値は公式発表された数値とも合致する(下表の『機械割(最大)』箇所参照)。

設定 機械割 機械割(最大)
設定1 97.2% 98.6%
設定2 98.7% 100.1%
設定3 101.6% 103.1%
設定4 108.5% 107.1%
設定5 108.5% 109.3%
設定6 114.6% 115.2%

出典:大都吉宗CITY[6]

ボーナスゲーム[編集]

ボーナスゲームはBIG BONUS(BB) とREGULAR BONUS(RB) の二種類があり、払い出しは下表の通り[7]

ボーナス種類 払い出し 純増
BIG BONUS(BB) 347枚 最大304枚
REGULAR BONUS(RB) 113枚 最大106枚

表中の「最大」というのは各ボーナス中に特定の手順を成功させることで得られる枚数。具体的には、筐体のランプ点灯時に逆押し(停止ボタンを右から順に押すこと)で左リールの中、下段にBAR(HIHOUDEN 図柄)を狙うことによりピラミッド、チェリー、BAR の停止形を揃えればよい[8]

BIG BONUS(BB) はストーリーBB 13話+α とお宝BB 27種類の合計41種類。お宝BBとは過去の大都技研製の台で使用されていた楽曲を選択してボーナスゲーム中に視聴できるというもので、特定の条件をクリアすることにより、条件に対応した楽曲の選択が徐々に可能になっていく仕組み。[9]

また、BB終了後は選択したBBにより演出の異なる30ゲーム固定のRTへ移行する[5][10]

小役の払い出し枚数[編集]

通常時の小役揃いによる払い出しは下表の通り[11]

小役 払い出し 備考
ベル 6枚
スイカ 5枚
チェリー 6枚 左リールに停止すれば図柄3つ揃える必要なし

ステージ[編集]

通常時はクレア一行が探検する遺跡、森のステージと、休息する泉のステージのいずれかに滞在する[12]。リプレイ以外の特定役の一部で高確率ステージ、ボーナスゲームへ移行する。チャンス目の一部で突入する高確率ステージは前作と同じく 3種類で、高確率、超高確率および極高確率が存在する。ゲーム数はいずれも 5ゲーム固定。ボーナスが確定している場合、高確率中においてリプレイの一部がチャンス目の形で出現する[5]

登場人物など[編集]

ボス以外は基本的に前作と同一。

クレア(子供)
- 明坂聡美[13]
本機のヒロイン。金髪ショートヘアの褐色変身幼女。とある王国のおてんば姫という設定。
クレア(大人)
声 - 明坂聡美
変身後の姿。性格も大人に変身。
レオン
声 - 三瓶由布子
前作でクレアに同行したために誘拐犯扱いされてしまった元・守護剣士で現在は無職。青頭。
シャロン
声 - 佐藤利奈
商人。前作でお宝探しに目覚め、本業をトレジャーハンターに移し気味。赤頭。ヒロインのひとり扱いされるケースもあるが、全然デレないがっちり屋[14]
イヌビス、アグリー
クレアの飼い犬と炎の精霊。ここまでがクレア一行。
マーヤ
声 - 緒乃冬華
元お嬢様で現在は盗賊。クレア一行に便乗して宝を手に入れるために眠りの塔へ。奇妙な髪型をトレードマークとする。年増キャラポジション。
ハルト
声 - 横田紘一
マーヤの子分。ナルシスト。銀髪。

その他、ボスキャラのドラゴンとタコがいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ クレアの秘宝伝 ~眠りの塔と目覚めの石~(大都技研) 天井、ゾーン、解析 - ぱちガブッ!”. ガイドワークス. 2016年8月22日閲覧。
  2. ^ クレアの秘宝伝眠りの塔と目覚めの石/A2”. 株式会社 ゼンリン. 2016年8月14日閲覧。
  3. ^ 日遊協 遊技機アワード2013表彰”. 娯楽産業協会 (2013年3月19日). 2016年8月14日閲覧。
  4. ^ a b c 4年の時を経て復活!/「クレアの秘宝伝~眠りの塔とめざめの石~」”. 株式会社 近畿出版社. 2016年8月14日閲覧。
  5. ^ a b c 「クレアの秘宝伝〜眠りの塔とめざめの石〜」、『パチスロ攻略マガジン』、双葉社2016年、 168頁。2016年9月号。
  6. ^ 「クレアの秘宝伝〜眠りの塔とめざめの石〜」(『大都吉宗CITY』)機種情報ページより公式発表値。
  7. ^ BIG BONUS(BB) とREGULAR BONUS(RB) の表記および払い出しは後記公式サイトの『スペック』より。純増枚数の出典は後記公式サイトの『ゲームフロー』
  8. ^ ボーナス”. 大都技研. 2016年8月14日閲覧。
  9. ^ 本段落の出典は前記公式サイトの『ボーナス』。開放条件は右記参照 ; ボーナス中の収録楽曲:クレアの秘宝伝 〜眠りの塔とめざめの石〜”. 株式会社T-Style、株式会社パック・エックス イノベーション. 2016年8月14日閲覧。
  10. ^ RT”. 大都技研. 2016年8月14日閲覧。
  11. ^ スペック”. 大都技研. 2016年8月14日閲覧。
  12. ^ 以下、本節は特記ない限り右記出典による ; ゲームフロー”. 大都技研. 2016年8月14日閲覧。
  13. ^ 以下、声の出演およびキャラクター設定は特記ない限り右記出典による ; キャラクター”. 大都技研. 2016年8月14日閲覧。
  14. ^ 前掲『パチスロ攻略マガジン』、43頁。