クレイオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

クレイオス古希: Κρεῖος, Kreios)は、ギリシア神話に登場するである。 クリーオスとも呼ばれ、その名は「天の雄羊」を意味する[1]

ウーラノスガイアの息子でティーターンの一人。オーケアノスコイオスヒュペリーオーンイーアペトスクロノステイアーレアーテミスムネーモシュネーポイベーテーテュースと兄弟[2][3]

ポントスとガイアの娘エウリュビアーとの間に、アストライオスペルセース、パラースをもうけた[4][5]

現在伝わっている神話ではほとんど系譜上の存在で、説話らしい説話は伝えられていない。

脚注[編集]

  1. ^ カール・ケレーニイ『ギリシアの神話 神々の時代』植田兼義訳、中公文庫1985年、29頁。
  2. ^ ヘーシオドス、133行-137行。
  3. ^ アポロドーロス、1巻1・3。
  4. ^ ヘーシオドス、375行-377行。
  5. ^ アポロドーロス、1巻2・2-2・3。

参考文献[編集]