クレイグ・キンブレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
クレイグ・キンブレル
Craig Kimbrel
シカゴ・ホワイトソックス #46
Craig Kimbrel on May 31, 2016.jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2016年5月31日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州ハンツビル
生年月日 (1988-05-28) 1988年5月28日(33歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト3巡目
初出場 2010年5月7日
年俸 $16,000,000(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2013年

クレイグ・マイケル・キンブレルCraig Michael Kimbrel, 1988年5月28日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州ハンツビル出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBシカゴ・ホワイトソックス所属。愛称は「ダーティー・クレイグ[2]

最多セーブ投手を4回受賞している2010年代のMLBを代表するクローザー。2018年5月5日に「史上最年少(29歳11か月)」での通算300セーブを達成した[3]

経歴[編集]

プロ入りとブレーブス時代[編集]

2007年MLBドラフト33巡目でアトランタ・ブレーブスから指名されたが、この時は入団せず。

2008年MLBドラフト3巡目(全体96位)で再びブレーブスから指名され、プロ入り。

2010年5月5日、ジェイアー・ジャージェンスの負傷に伴いメジャー昇格を果たし、5月7日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビューを果たした。2度目のメジャー昇格は斎藤隆の15日間の故障者リスト入りに伴い昇格した。9月19日のニューヨーク・メッツ戦でメジャー初セーブを記録した。21試合に登板し、防御率0.44、4勝0敗1セーブ、40奪三振を記録した。ポストシーズンではサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で好投した。

アトランタ・ブレーブス時代のキンブレル(2011年9月23日)

2011年は開幕から抑えを務め、6月3日のメッツ戦で球団史上最速で通算100奪三振を記録した。7月には自身初となるオールスターゲームに選出された。7月22日のシンシナティ・レッズ戦で31セーブ目を記録し、球団新人記録を更新した。8月9日のフロリダ・マーリンズ戦で36セーブ目を記録し、トッド・ウォーレルの持つナショナルリーグの新人記録に並んだ。8月17日のジャイアンツ戦にはその記録を更新した。8月23日のシカゴ・カブス戦でネフタリ・フェリスの持つ、MLB新人最多タイ記録となるシーズン40セーブ目を記録した。自己最多となる79試合に登板し、防御率2.10、4勝3敗46セーブ、8セーブ失敗、127奪三振を記録し、ジョン・アックスフォードと同数ながらも自身初となる最多セーブを受賞した。また、前述の活躍からオフには新人王も受賞した。

2012年は制球力が向上し、ますます難攻不落な投手となった。また、オールスターゲームに2年連続で選出された。63試合に登板し、防御率1.01、3勝1敗、42セーブ、3セーブ失敗、116奪三振を記録し、2年連続の最多セーブを受賞した。また、6イニング以上投げた投手では史上初めて、対戦した打者の過半数から三振を奪った(打者231人に対して116奪三振)。50イニング以上が対象となる9イニングあたりの奪三振率では、16.7を記録し、史上最高記録となった[4]

アトランタ・ブレーブス時代のキンブレル(2013年9月14日)

2013年はシーズン開幕前の2月27日に第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表に選出された[5]。シーズンでは9度のセーブ機会で、早くも昨年に並ぶ3度のセーブ失敗など、不安定なスタートとなった[6]。しかし、5月9日のジャイアンツ戦にて史上2番目の若さで通算100セーブを達成[7]。また、オールスターゲームに3年連続で選出された。7月27日のセントルイス・カージナルス戦にてジョン・スモルツ以来、球団史上2人目となる3年連続30セーブを達成した[8]。8月27日には連続セーブを27とし、スモルツが持つ球団記録を更新した[9]。68試合に登板し、防御率1.21、4勝3敗50セーブ、4セーブ失敗、98奪三振を記録し、史上11人目となるシーズン50セーブを達成すると共に[10]、3年連続となる最多セーブを受賞した。

2014年の給与として球団は単年655万ドルを提示したが、キンブレルは単年900万ドルを要求し、調停回避の為の公衆会が行われる予定だった[11]。しかし、2月16日にブレーブスと4年総額4200万ドルで契約を延長したことが発表された[12]。オプションとして2018年シーズンの選択権を球団側が所持し、バイアウトの際は100万ドル支払われた[13]。5月18日のカージナルス戦で通算150セーブを史上最速の248試合目で達成した。また、4年連続となるオールスターゲームに選出された。8月29日には40セーブ目を挙げ、史上3人目となる4年連続40セーブを達成した。また、新人から4年連続40セーブは史上初となった。63試合に登板し、防御率1.61、0勝3敗47セーブ、4セーブ失敗、95奪三振を記録し、4年連続の最多セーブに輝いた。

パドレス時代[編集]

2015年4月5日にキャメロン・メイビンカルロス・クエンティンマット・ウィスラー、ジョーダン・パローベック、2015年シーズンのドラフト指名権とのトレードで、メルビン・アップトン・ジュニアと共にサンディエゴ・パドレスに移籍した[14]。ブレーブスと残り3年総額3300万ドルを残していたが、パドレス側が全額負担する運びとなった[15]。背番号はブレーブス時代と同じ「46」。5月25日のロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム戦で、当時の史上最速となる305イニングでの通算500奪三振を達成し、ビリー・ワグナーの持っていた記録を更新した[16]。6月8日のブレーブス戦で史上最速となる318試合目での通算200セーブを達成した[17]。61試合に登板し、防御率2.58、4勝2敗39セーブ、4セーブ失敗、87奪三振を記録した。また、セーブ数はリーグ4位で、ピッツバーグ・パイレーツマーク・マランソンの後塵を拝し、5年連続となる最多セーブは叶わなかった。

レッドソックス時代[編集]

2015年11月13日にハビー・ゲラ英語版ローガン・アレンマニュエル・マーゴットカルロス・アスアヘとのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した[18]。前述の契約を2年総額2500万ドル残していたが、レッドソックス側が全額負担することで同意された[19]。また、球団選択権とバイアウトのオプションも全てレッドソックス側が負担する運びとなった[20]。背番号は「46」。

2016年は2年ぶり5度目となるオールスターゲームに選出されたが、7月に左膝の半月板損傷により故障者リスト入りした為[21]、代替選手にはトロント・ブルージェイズアーロン・サンチェスが選出された[22]。57試合の登板で防御率3.40、2勝6敗31セーブ、2セーブ失敗、83奪三振を記録した。このシーズンは打者220人に対して83奪三振と37.7%の確率で三振を奪っている一方で、30四球で13.6%の確率で出塁を許しており、制球に苦しむシーズンとなった[23]

2017年は前半戦で36試合の登板で防御率1.19、2勝0敗、23セーブという成績を残し[24]、2年連続6度目となるオールスターゲームに選出された。最終的には67試合に登板し、防御率1.43、5勝0敗、アメリカンリーグ3位となる35セーブ、4セーブ失敗、126奪三振を記録した。このシーズンでは打者254人に対し126奪三振を記録し、脅威の49.6%の確率で三振の山を築いた。前年で課題となっていた四球では前年の半数となる14個に抑えられており、四球での許出塁率も僅か5.5%に減少された[23]。オフの11月2日に球団オプションが行使され、単年1300万ドルで来シーズンも残留することが発表された[25]

2018年5月5日のテキサス・レンジャーズ戦で「史上最年少となる29歳11か月」で通算300セーブを達成した[26][3]。前半戦のみで防御率1.77、30セーブを記録し[27]、3年連続7度目となるオールスターゲームに選出されたが、前半戦の疲労を鑑み登板はなかった[28]。しかし、後半戦では防御率4.97、12セーブと失速した。その流れはポストシーズンまで続き、6セーブ機会で全て抑えるも、10奪三振に対し10四死球、防御率5.91と不安定な投球が続いた[29]。しかし、10月24日のロサンゼルス・ドジャースとのワールドシリーズ第2戦では9回のセーブ機会で登板し、自身初となるワールドシリーズでセーブを挙げた。シーズンでは63試合に登板し、防御率2.74、5勝1敗、リーグ2位となる42セーブ、5セーブ失敗、96奪三振を記録し、地区3連覇及び5年ぶり9回目となるワールドシリーズ制覇に貢献した。オフに球団からの単年1950万ドルのQOを拒否し、FAとなった[30]

カブス時代[編集]

2019年はシーズン開幕前の契約合意には至らず[31]MLBドラフト終了後の6月5日にシカゴ・カブスと3年総額4300万ドルで合意したことが発表された[32]。オプションとして2022年シーズンの選択権は球団側が所持し、バイアウトの際は100万ドル支払われる。また、球団オプションは2020年シーズンから各シーズン55試合以上の登板、2年間で計110試合に登板し、尚且つ怪我などがなければ保証される[33]。メジャー昇格以降身に着けていた「46」はペドロ・ストロップが使用していた為、背番号は「24」に決まった。6月27日のブレーブス戦でスタンディングオベーションの中、移籍後初セーブを記録した[34]。抑えのストロップの不調も重なり、以降も抑えとして登板するも打ち込まれる場面が目立った。また、8月5日には右ハムストリングを痛め[35]、9月5日には再び右膝の炎症で2度の故障者リスト入りした[36]。復帰後も防御率23.14、被打率.455と精彩を欠いたままシーズンを終えた[37][31]。23試合に登板し、自己ワーストとなる防御率6.53、0勝4敗13セーブ、3セーブ失敗、30奪三振にとどまり、2011年以来8年間記録していたシーズン30セーブ記録がこのシーズンで途切れた。

2020年はストロップが移籍したことにより、背番号を再び「46」に変更した。しかし、シーズン初登板となる7月27日のレッズ戦で0.1イニング、5四死球と制球に苦しみ[38]、以降のシーズンも防御率10点台を前後し、従来の抑えではなく敗戦処理として登板する日々が続いた[39]。8月19日のカージナルスとのダブルヘッダー第2試合で、このシーズン初となるセーブを挙げた[40]。しかし、9月に入ると8登板で防御率0.00、1セーブ、被安打は僅か3本で被打率.125と復活の兆しを見せた[41]。また、7月の平均球速が96.3マイル(154km/h)に対し、9月の平均球速は97.3マイル(156km/h)と球速でも顕著に表れた[42]。最終的には試合数の減少もある中で18試合に登板するも、防御率5.28、0勝1敗2セーブ、28奪三振と結果を残せず、9年連続で記録していた二桁セーブが途切れた。

2021年は4月8日のピッツバーグ・パイレーツ戦で2セーブ目を挙げ、史上12人目となる通算350セーブを達成した[43]。この年はクローザーとして防御率0点台を維持するなど不振だった過去2年から見事に復活し[44]、7月4日に選手間投票で3年ぶり通算8度目となるオールスターゲームに選出された[45]。7月13日に開催されたオールスターゲームでは9回表に9番手として登板し、2/3を投げた[46]

ホワイトソックス時代[編集]

2021年7月30日にニック・マドリガルコディ・ホイヤーとのトレードで、シカゴ・ホワイトソックスへ移籍した[47]

投球スタイル[編集]

投球前のルーティン
(サンディエゴ・パドレス時代、2015年7月26日)

スリークォーターから150km/h台後半のフォーシーム、140km/h前後のパワーカーブを繰り出す。速球が約70%、パワーカーブが約30%という割合で投げ分けている[48]。以前はチェンジアップツーシーム[49]もレパートリーに含まれていたが、現在は先述の2球種のみを操っている。パワーカーブは以前、その球速や軌道からスライダーに分類されていたが、投げる際に人差し指を縫い目に合わせて弾く握り方から、現在はパワーカーブ(もしくはナックルカーブ)に分類されている[50]

投球モーションを行う前に上体を水平に倒し、右腕を軽く前に出し、投球コースを見定めるようなポーズを取る(通称「キンブレル・ポーズ」)。

人物[編集]

2012年12月にアシュリー夫人と結婚した。趣味はハンティングで、夫婦で楽しむ事もある。

学生時代は、野球のオフシーズンにテコンドーをやっていた。また、アメリカンフットボールの経験もあり、主にクォーターバックとしてプレーし、そこで培った体幹やバランス感覚が、結果的に投手としての球速を上げる一因となったと語っている[51]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 ATL 21 0 0 0 0 4 0 1 2 1.000 88 20.2 9 0 16 1 0 40 4 0 2 1 0.44 1.21
2011 79 0 0 0 0 4 3 46 0 .571 306 77.0 48 3 32 1 1 127 4 0 19 18 2.10 1.04
2012 63 0 0 0 0 3 1 42 0 .750 231 62.2 27 3 14 0 2 116 5 0 7 7 1.01 0.65
2013 68 0 0 0 0 4 3 50 0 .571 258 67.0 39 4 20 2 3 98 3 0 10 9 1.21 0.88
2014 63 0 0 0 0 0 3 47 0 .000 244 61.2 30 2 26 0 2 95 6 0 13 11 1.61 0.91
2015 SD 61 0 0 0 0 4 2 39 0 .667 239 59.1 40 6 22 1 1 87 4 0 19 17 2.58 1.04
2016 BOS 57 0 0 0 0 2 6 31 1 .250 220 53.0 28 4 30 0 4 83 6 0 22 20 3.40 1.09
2017 67 0 0 0 0 5 0 35 1 1.000 254 69.0 33 6 14 0 4 126 5 0 11 11 1.43 0.68
2018 63 0 0 0 0 5 1 42 0 .833 247 62.1 31 7 31 0 2 96 7 0 19 19 2.74 0.99
2019 CHC 23 0 0 0 0 0 4 13 0 .000 96 20.2 21 9 12 0 2 30 0 0 15 15 6.53 1.60
2020 18 0 0 0 0 0 1 2 3 .000 69 15.1 10 2 12 1 2 28 4 0 9 9 5.28 1.43
MLB:11年 583 0 0 0 0 31 24 348 7 .564 2252 568.2 316 46 229 6 23 926 48 0 146 137 2.17 0.96
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

MLBポストシーズン投手成績[編集]


















































W
H
I
P
2010 ATL NLDS 4 0 0 1 0 1 .000 13 4.1 1 0 1 0 0 7 0 0 2 1 2.08 0.46
2012 NLWC 1 0 0 0 0 0 ---- 3 1.0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 0.00
2013 NLDS 1 0 0 0 1 0 ---- 5 1.1 0 0 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.50
2016 BOS ALDS 2 0 0 0 0 0 ---- 4 1.1 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0.00 0.00
2017 ALDS 2 0 0 0 0 0 ---- 12 2.0 4 0 1 0 1 2 1 0 1 1 4.50 2.50
2018 ALDS 2 0 0 0 2 0 ---- 12 2.1 2 1 2 0 1 4 0 0 3 3 11.57 1.71
ALCS 3 0 0 0 3 0 ---- 20 4.0 4 0 4 0 1 4 1 0 2 2 4.50 2.00
WS 4 0 0 0 1 0 ---- 18 4.1 3 1 2 0 0 2 0 0 2 2 4.15 1.15
2020 CHC NLWC 1 0 0 0 0 0 ---- 5 1.1 0 0 2 0 0 2 0 0 0 0 0.00 1.50
出場:7回 20 0 0 1 7 1 .000 92 22.0 14 2 14 0 3 27 2 0 10 9 3.68 1.27
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2010 ATL 21 0 0 1 0 .000
2011 79 4 7 0 0 1.000
2012 63 0 5 0 0 1.000
2013 68 3 4 0 0 1.000
2014 63 4 6 0 0 1.000
2015 SD 61 4 3 1 1 .875
2016 BOS 57 0 2 0 0 1.000
2017 67 6 6 0 1 1.000
2018 63 2 3 0 0 1.000
2019 CHC 23 0 1 0 0 1.000
2020 18 0 1 0 0 1.000
MLB 583 23 38 2 2 .968
  • 2020年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • MLBオールスターゲーム選出:8回(2011年 - 2014年2016年 - 2018年2021年
  • シーズン50セーブ:50(2013年) ※MLB史上11人目[52]
  • 4年連続40セーブ ※同史上3人目、新人から4年連続では史上初
  • 史上最速での通算300セーブ達成[3]
    • 最年少:29歳11か月
    • 最少登板:494
    • 最少セーブ機会:330
  • 通算350セーブ(2021年4月8日) ※史上12人目

背番号[編集]

  • 46(2010年 - 2018年、2020年 - )
  • 24(2019年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Craig Kimbrel Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2021年2月21日閲覧。
  2. ^ Red Sox Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月6日閲覧
  3. ^ a b c Kimbrel fastest to 300 saves in Red Sox win”. MLB.com. 2018年5月7日閲覧。
  4. ^ Craig Kimbrel Pitches His Way Into Record Books” (英語). BEYOND THE BOX SCORE. SB Nation (2012年9月29日). 2015年11月17日閲覧。
  5. ^ Team USA final roster for WBC announced” (英語). USABaseball.com (2013年2月22日). 2015年3月27日閲覧。
  6. ^ “Kimbrels 100th save comes at historic rate” (英語). Fox Sports South. (2013年5月10日). http://www.foxsportssouth.com/mlb/atlanta-braves/story/Chopcast-Kimbrels-100th-save-comes-at-hi?blockID=901145 2015年11月17日閲覧。 
  7. ^ Mark Bowman (2013年5月10日). “Kimbrel earns 100th career save” (英語). MLB.com. 2015年11月17日閲覧。
  8. ^ David O'brien (2013年7月27日). “Simmons' double lifts Braves past Cardinals” (英語). AJC.com. 2015年11月17日閲覧。
  9. ^ David O'brien (2013年8月16日). “Home-field advantage important for Braves” (英語). AJC.com. 2015年11月17日閲覧。
  10. ^ Matthew Pouliot (2013年9月28日). “Craig Kimbrel is 11th with 50-save season” (英語). NBC Sports. 2015年11月17日閲覧。
  11. ^ Jarosh, Noah (2014年2月4日). “Craig Kimbrel's arbitration poses issue for Braves” (英語). SBNation.com. 2020年10月26日閲覧。
  12. ^ “Braves and Pitcher Craig Kimbrel Agree to Terms on Four-Year Contract”. Braves Press Release. MLB.com. (2014年2月16日). http://m.mlb.com/news/article/67832664 2014年2月17日閲覧。 
  13. ^ Craig Kimbrel agrees to 4-year deal” (英語). ESPN MLB. ESPN (2015年2月16日). 2015年11月17日閲覧。
  14. ^ Mark Bowman (2015年4月5日). “Braves deal Kimbrel, Upton to Padres in blockbuster deal” (英語). MLB.com. 2015年4月12日閲覧。
  15. ^ Padres Acquire Kimbrel, Melvin Upton From Braves” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年10月27日閲覧。
  16. ^ 同シーズンの7月19日にアロルディス・チャップマンが更新した
  17. ^ Kimbrel Becomes Fastest Player To 200 Saves” (英語). www.rotoballer.com. 2020年10月27日閲覧。
  18. ^ “Red Sox acquire right-handed pitcher Craig Kimbrel from the San Diego Padres”. Red Sox Press Release. MLB.com. (2015年11月13日). http://m.redsox.mlb.com/news/article/157266516 2015年11月16日閲覧。 
  19. ^ Red Sox acquire closer Kimbrel from Padres” (英語). ESPN.com (2015年11月14日). 2020年10月27日閲覧。
  20. ^ Stephen, Eric (2015年11月13日). “Red Sox acquire Kimbrel from Padres” (英語). SBNation.com. 2020年10月27日閲覧。
  21. ^ Red Sox's Craig Kimbrel: Set for surgery, placed on DL” (英語). CBSSports.com (2016年7月9日). 2017年10月14日閲覧。
  22. ^ Scott Lauber (2016年7月11日). “Craig Kimbrel to miss 3-6 weeks after knee surgery” (英語). ESPN. 2017年10月14日閲覧。
  23. ^ a b High heat helped Kimbrel rediscover his mojo” (英語). MLB.com. 2020年10月27日閲覧。
  24. ^ Craig Kimbrel 2017 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月2日閲覧。
  25. ^ Karraker, Patrick (2017年11月2日). “Red Sox exercise options on Chris Sale, Craig Kimbrel” (英語). MLB Daily Dish. 2020年10月27日閲覧。
  26. ^ Craig Kimbrel Statistics and History”. Baseball-Reference.com. 2018年5月7日閲覧。
  27. ^ Craig Kimbrel - Game Logs 2018 - Pitching | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年10月26日閲覧。
  28. ^ Citing heavy recent workload, Kimbrel doesn't appear in ASG” (英語). masslive (2018年7月18日). 2020年10月26日閲覧。
  29. ^ Matt_Collins (2018年11月21日). “2018 in Review: Craig Kimbrel” (英語). Over the Monster. 2020年10月26日閲覧。
  30. ^ Matt_Collins (2018年11月12日). “Craig Kimbrel rejects qualifying offer” (英語). Over the Monster. 2020年10月27日閲覧。
  31. ^ a b QOを拒否したFA選手とMLBドラフト開催日(6月上旬)までに契約した場合、チームはドラフト指名権などを喪失する規定となっており、これを嫌って各球団が契約を避けたり、6月まで待つケースがある。詳細はクオリファイング・オファーの項を参照 - Full-Count (2019年9月29日). “PO進出逃したカブス、通算333セーブのキンブレル不振が誤算も…「リスクは分かってた」”. https://full-count.jp/2019/09/29/post555074/ 2019年9月30日閲覧。 
  32. ^ Deal completed, Kimbrel introduced by Cubs” (英語). MLB.com. 2019年6月8日閲覧。
  33. ^ COHEN, JAY (2019年6月7日). “Closer Craig Kimbrel, Cubs finalize $43M, 3-year deal” (英語). Chron. 2020年10月27日閲覧。
  34. ^ Craig Kimbrel picks up save in Cubs debut thanks to some help from Anthony Rizzo” (英語). CBSSports.com. 2020年10月23日閲覧。
  35. ^ Cubs place closer Kimbrel on IL with right knee inflammation”. AP NEWS (2019年8月5日). 2020年10月23日閲覧。
  36. ^ Armstrong, Megan. “Cubs News: Craig Kimbrel Placed on 10-Day IL with Elbow Injury” (英語). Bleacher Report. 2020年10月23日閲覧。
  37. ^ Craig Kimbrel Stats, Game Logs 2019” (英語). MLB.com. 2020年10月23日閲覧。
  38. ^ Cubs barely survive a bullpen meltdown, but they have a Craig Kimbrel problem” (英語). CBSSports.com. 2020年10月23日閲覧。
  39. ^ Craig Kimbrel Stats, Game Logs 2020” (英語). MLB.com. 2020年10月23日閲覧。
  40. ^ Cubs' Craig Kimbrel: Records first save” (英語). CBSSports.com. 2020年10月23日閲覧。
  41. ^ Chicago Cubs: Craig Kimbrel returning to Hall of Fame form” (英語). Da Windy City (2020年9月29日). 2020年10月23日閲覧。
  42. ^ Kimbrel didn't buckle; now hitters' knees do” (英語). MLB.com. 2020年10月23日閲覧。
  43. ^ カブス・キンブレルが通算350セーブ達成「今度は400セーブを目指す」 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年4月12日閲覧。
  44. ^ Kris Bryant and Craig Kimbrel are 2021 MLB All-Stars!”. www.bleachernation.com. 2021年7月6日閲覧。
  45. ^ Sarah Langs, Thomas Harrigan (2021年7月11日). “Your 2021 MLB All-Stars by position” (英語). MLB.com. July 13, 2021閲覧。
  46. ^ Jordan Bastian (2021年7月14日). “Bryant 'proud' to represent Cubs at ASG” (英語). MLB.com. 2021年8月3日閲覧。
  47. ^ White Sox Acquire Craig Kimbrel For Nick Madrigal, Codi Heuer” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年7月30日閲覧。
  48. ^ Player Card: Craig Kimbrel”. Brooks Baseball. Baseball Prospectus, LLC.. 2015年11月17日閲覧。
  49. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2013』廣済堂出版、2013年、274頁。ISBN 978-4-331-51711-6。
  50. ^ Ben Duronio (2012年2月6日). “Analyzing Craig Kimbrel’s Breaking Ball”. Capitol Avenue Club. 2012年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月17日閲覧。
  51. ^ 「メジャーリーグ記録集計号」『ベースボールマガジン』2011年11月号、ベースボール・マガジン社、 72頁、 ASIN B005QBZRW4。
  52. ^ Pouliot, Matthew (2013年9月28日). “Craig Kimbrel is 11th with 50-save season” (英語). MLB | NBC Sports. 2020年10月23日閲覧。

関連項目[編集]