クレイジー・パーティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クレイジー・パーティー
Office Christmas Party
監督 ジョシュ・ゴードン
ウィル・スペック
脚本 ジャスティン・マレン
ローラ・ソロン
ダン・メイザー
原案 ジョン・ルーカス
スコット・ムーア
ティモシー・ダウリング
製作 スコット・ステューバー
ガイモン・キャサディ
ダニエル・ラパポート
出演者 ジェニファー・アニストン
ジェイソン・ベイトマン
オリヴィア・マン
T・J・ミラー
ジリアン・ベル
ケイト・マッキノン
ヴァネッサ・ベイヤー
コートニー・B・ヴァンス
ロブ・コードリー
音楽 セオドア・シャピロ
撮影 ジェフ・カッター
編集 ジェフ・グロス
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年12月9日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $114,500,000[1]
テンプレートを表示

クレイジー・パーティー』(原題:Office Christmas Party)は、2016年アメリカ映画。監督はジョシュ・ゴードンとウィル・スペック英語版、主演はジェイソン・ベイトマン[2]。日本では劇場公開されず、2017年4月2日にDVDが発売された。[3]

ストーリー[編集]

ゼノテック社シカゴ支社のCTOであるジョシュは、支社長のクレイとともに会社のクリスマスパーティー用の買い出しに赴いた。その間にクレイの姉である暫定CEOのキャロルが支社に現れ、四半期の目標が未達成であることを指摘する。キャロルは支社を閉鎖されたくなければ予算を削減しろと命じ、部下4割のリストラやボーナスカット、恒例行事のクリスマスパーティーの中止を言い渡す。クレイは部下と支社を守るため今日中に大口の契約を取ることを約束する。

クレイとジョシュは大手クライアントのウォルターを支社に招き、歓迎パーティーを兼ねてキャロルには秘密でクリスマスパーティーを開催してしまおうと計画する。派手好きのクレイは本物のトナカイや現金つかみ取りゲームなどを用意し社員とウォルターを楽しませようとするが、突如キャロルが現れパーティーでの浪費が見つかってしまう。キャロルはその場で支社の閉鎖を決定し、さらにジョシュを引き抜こうとしていたことを明らかにする。失望したクレイは麻薬の売人とともに街中へ姿を消してしまう。

キャロルとジョシュらは協力してクレイを探すが、発見された彼は既に異常な興奮状態に陥っていた。クレイは夜のシカゴを車で飛ばし「跳ね橋を飛んで見せる」と宣言する。しかしチャレンジは失敗し、クレイの車は街の送電線を破壊してしまった。シカゴの通信はことごとくダウンするが、ジョシュの部下であるトレイシーが回線を復旧させるアイデアを思いつく。パーティーで荒れ果てた職場に戻ったトレイシーは寄せ集めの機材を使い彼女が開発した新システムを起動し、見事回線の復旧に成功する。キャロルはトレイシーの新システムの成果を認め、支社の閉鎖を撤回することとなった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Office Christmas Party(2016)”. Box Office Mojo. 2017年6月15日閲覧。
  2. ^ Office Christmas Party (2016)”. インターネットムービーデータベース. 2017年5月25日閲覧。
  3. ^ クレイジー・パーティー”. パラマウントピクチャーズ. NBCユニバーサル・エンターテイメント. 2017年6月13日閲覧。