クレシ・チネマトグラフィカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クレシ・チネマトグラフィカ
Clesi Cinematografica, S.R.L
種類 株式会社
本社所在地 イタリアの旗 イタリア
ローマ県ローマ市フランチェスコ・カラーラ通り24番地[1]
設立 1966年
事業内容 映画製作
代表者 シルヴィオ・クレメンテッリ
関係する人物 アンナ・マリア・クレメンテッリ
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
サルヴァトーレ・サンペリ
テンプレートを表示

クレシ・チネマトグラフィカClesi Cinematografica, S.R.L)は、イタリア映画製作会社である。

映画プロデューサーシルヴィオ・クレメンテッリとアンナ・マリア・カンパニーレ(のちのアンナ・マリア・クレメンテッリ)によってローマに設立された。1960年代後半から1970年代にかけてを最盛期として、「イタリア式コメディ」を量産した製作会社である。

来歴・概要[編集]

1966年[2]、シルヴィオ・クレメンテッリ、アンナ・マリア・カンパニーレのふたりがローマに設立した映画製作会社である。設立第一作はパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ監督、カトリーヌ・スパーク主演のコメディ映画『結婚戦争』(1966年、日本未公開)で、以降、同監督と組んでスパーク主演の『女性上位時代』(1968年)やラウラ・アントネッリ主演の『クロツグミの男』(1971年)といった艶笑コメディを量産した。

1977年から1992年までは、クレメンテッリ夫妻が連名で作品をプロデュースした。ジャッロ映画マカロニ・ウェスタンモンド映画にあって、同社はそれらに手を染めず、「イタリア式コメディ」を基調とした恋愛もの、文芸もの、歴史もの、青春ものに徹した。1992年の『青い体験2000』(日本未公開)以降、夫妻はプロデューサーとしては事実上引退したが、同社は映画製作をつづけた。2001年12月4日、シルヴィオがローマで死去(75歳没)。アンナ・マリアの現況は不明である。

フィルモグラフィ[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

  • Odio le bionde 1980年 監督ジョルジョ・カピターニ
  • 虚空への跳躍 Salto nel vuoto 1980年 監督マルコ・ベロッキオ ※第33回カンヌ国際映画祭コンペティション部門上映作品
  • Piso pisello 1980年 監督ピーター・デル・モンテ
  • SFコンクエスト/魔界の制圧 La Conquista 1983年 監督ルチオ・フルチ、プロデューサージョヴァンニ・ディ・クレメンテ 伊スペイン・メキシコ合作
  • コロンブス/大いなる生涯 Christopher Columbus テレビ映画 1985年 監督アルベルト・ラットゥアーダ(製作ロリマー・テレピクチャーズ)
  • インクアイリー 審問 L'inchiesta 1987年 監督ダミアーノ・ダミアーニ
  • L'Estate sta finendo 1987年 監督ブルーノ・コルティーニ
  • La Città dei nostri sogni 1988年 監督ヴァレリオ・ジャロンゴ
  • E non se ne vogliono andare! テレビ映画 1988年 監督ジョルジョ・カピターニ
  • Una Casa a Roma テレビ映画 1988年 監督ブルーノ・コルティーニ

1990年代[編集]

  • Feu sur le candidat 1990年 監督アニエス・ドラリヴ、プロデューサージャック・バール
  • 青い体験2000 Malizia 2000 1992年 監督サルヴァトーレ・サンペリ
  • Gangsters 1992年 監督マッシモ・グリエルミ、プロデューサージャンニ・ミネルヴィーニ
  • Donne sottotetto 1992年 監督ロベルト・ジャンナレッリ、プロデューサーフランコ・コミッテリ
  • Messaggi quasi segreti 1997年 監督ヴァレリオ・ジャロンゴ、プロデューサーカティ・マクギネス、カルロス・パジーニ・ハンセン、ドミニク・ライト 伊アイルランド合作

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ clesicinematografica.visualnet.com [リンク切れ], 2007年11月7日閲覧。
  2. ^ BFI | Film & TV Database | Clesi Cinematografica (2007年11月7日閲覧)には「1968年営業開始(Started trading: 1968)」とあるが、IMDbのClesi Cinematografica (2007年11月7日閲覧)によれば、「1966年」から作品を製作している。設立第一作を記述する都合上、後者「1966年」を採用した。