クレセント・ストリート駅 (BMTジャマイカ線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クレセント・ストリート駅
Crescent Street
NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-Z.svg
ニューヨーク市地下鉄
Crescent St BMT td 09.jpg
プラットホーム
駅情報
住所 Crescent Street & Fulton Street
Brooklyn, NY 11208
ブルックリン区
地区 サイプレス・ヒルズ
座標 北緯40度41分01秒 西経73度52分21秒 / 北緯40.683655度 西経73.872414度 / 40.683655; -73.872414座標: 北緯40度41分01秒 西経73度52分21秒 / 北緯40.683655度 西経73.872414度 / 40.683655; -73.872414
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTジャマイカ線
(旧BMTレキシントン・アベニュー線)
運行系統       J Stops all times (終日)
      Z Stops rush hours in peak direction only (ラッシュ時・混雑方向)
接続 バスによる輸送 NYCTバス: B13
構造 高架駅
ホーム数 島式ホーム 1面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1893年5月30日(125年前) (1893-05-30[1]
利用状況
乗客数 (2017)1,570,485[2]減少 2.9%
順位 293位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 サイプレス・ヒルズ駅: J Stops all times
Z Stops rush hours in peak direction only75丁目-エルダーツ・レーン駅まで通過)
南側の隣駅 ノーウッド・アベニュー駅: J Stops all times except rush hours in the peak direction Z Stops rush hours in peak direction only
(J Stops rush hours in peak direction onlyクリーヴランド・ストリート駅まで通過)

クレセント・ストリート駅(Crescent Street)はブルックリン区サイプレス・ヒルズ内のフルトン・ストリートとクレセント・ストリートの交差点に位置するニューヨーク市地下鉄BMTジャマイカ線の駅である。J系統が終日停車し、ラッシュ時混雑方向にはZ系統も加わる。

駅構造[編集]

P
ホーム階
南行線 NYCS-bull-trans-J.svg ブロード・ストリート駅行き(朝ラッシュ:クリーヴランド・ストリート駅、その他時間帯:ノーウッド・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-Z.svg 朝ラッシュ:ブロード・ストリート駅行き(ノーウッド・アベニュー駅)
島式ホーム、左側のドアが開く
北行線 NYCS-bull-trans-J.svg ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅行きサイプレス・ヒルズ駅
NYCS-bull-trans-Z.svg 夕ラッシュ:ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅行き75丁目-エルダーツ・レーン駅
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード自動券売機
G 地上階 出入口

島式ホーム1面2線の駅である。1893年5月30日に開業した。ホームの屋根は東半分のみにある。

アートワークはJung Hyang Kimによって描かれたWheel of Bloom – Soak Up the Sunがあり2007年の改装時に設置された。太陽光で照らされた地下鉄の車輪を描き、ホーム駅名標上のステンドグラスで構成されている。

当駅からノーウッド・アベニュー駅までの間に廃止されたロングアイランド鉄道チェスナット・ストリート高架線との接続部分を見ることができる。これはウィリアムズバーグ英語版ロウアー・マンハッタン及びロッカウェイ方面を結んでいた[3]。また、ジャマイカ方面の運行もされていたが、1917年夏にこの連絡線は使用を停止し、1942年には第二次世界大戦の影響で撤去されている。

駅の東側に急カーブがある。Bディビジョンでは最も急なカーブで、ニューヨーク市地下鉄全体でもシティ・ホール駅に次いで2番目に半径が小さいカーブとなっている[4]。カーブを曲がると引き上げ線があり、保線工事などでの折り返しで使用されることがある。1950年代後半から1960年代にかけて、ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティは、当駅から85丁目駅西側の西80丁目までとグラント・ストリート付近の再建を計画していた。これには急行線の敷設も含まれていた。しかし、再建は行われることはなく現在に至っている[5]

出口[編集]

ホーム東端に改札があり、回転式改札機および詰所が設置されている。地上へはフルトン・ストリートとクレセント・ストリートの交差点南西および北西に階段が通じている[6]

画像[編集]

脚注[編集]

ウィキメディア・コモンズには、クレセント・ストリート駅 (BMTジャマイカ線)に関するカテゴリがあります。