クレージーモンキー 笑拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クレージーモンキー 笑拳
笑拳怪招
The Fearless Hyena
監督 ジャッキー・チェン
脚本 ジャッキー・チェン
製作 李先章
製作総指揮 スー・リーホワ
出演者 ジャッキー・チェン
ジェームス・ティエン
ヤン・サイクン
李昆
音楽 フランキー・チェン
キース・モリソン (日本版)
撮影 陳栄樹
製作会社 豊年影業
配給 日本の旗 東映
公開 香港の旗 1979年2月17日
日本の旗 1980年4月19日
上映時間 98分
製作国 香港の旗 イギリス領香港
言語 広東語
興行収入 $5,445,535 香港の旗
次作 ジャッキー・チェンの醒拳
テンプレートを表示
クレージーモンキー 笑拳
各種表記
繁体字 笑拳怪招
簡体字 笑拳怪招
拼音 Xiǎo Quán Guài Zhào
発音: シァォ チュェン グゥァイ ヂャオ
広東語拼音 Siu3 Kyun4 Gwaai3 Ziu1
英文 The Fearless Hyena
テンプレートを表示

クレージーモンキー 笑拳』(原題:笑拳怪招、英題:The Fearless Hyena)は、1979年製作の、ジャッキー・チェン監督・主演のアクション映画。ジャッキーが立ち上げた豊年影業公司製作。香港では1979年2月17日に公開され、興行成績はその年の年間ランキング2位を記録。

概要[編集]

ジャッキー・チェンが、マネージャーであり親友のウィリー・チェンと共同で設立した個人プロ「豊年影業」の第1回作品にして、ジャッキーの初監督作品。日本では既に公開されていた『スネーキーモンキー 蛇拳』、『ドランクモンキー 酔拳』に次ぐ【モンキーシリーズ第3弾】の触れ込みで公開されたが、スタッフ、キャスト、内容ともに前2作とは関連のない、独立した作品である。

ジャッキーが監督になる経緯には、当時所属のロー・ウェイプロとの複雑な事情がある。当時、他社で『蛇拳』『酔拳』に出演、自分の持ち味を活かした左記コミカルカンフー作品で成功したジャッキーは、ロー・ウェイプロに戻り次回作品を製作していたが、これでは自分は活かせないと、その製作中だった作品を中断。自ら主導して作品を作るべく、名義上、製作プロを設立した上で自ら監督を兼任、中断した作品に出演していた役者陣(都合により男優のみ)を起用して本作を製作した。その中断した(未完成の)作品は、後に吹き替えを使って『ジャッキー・チェンの醒拳』として製作。ちなみにこの『ジャッキー・チェンの醒拳』には、本作でのディーン・セキとの未使用場面も使用されている。本作のヒットにより、それまで6,000香港ドルだった報酬が、410万香港ドルにまで跳ね上がった。

ジャッキー作品の中では、ヒロインが全く登場しない異色作である。

ストーリー[編集]

朝末期の広東。政府は、国の方策に従わない武芸流派に対し、強力な暗殺者を送り込んで次々に関係者を消していた。中でも「鉄の爪」と呼ばれる暗殺者・任(エン)は強力な技をもつ残忍な男だった。

身分を隠し山の中で暮らす若者シンロン(ジャッキー・チェン)の祖父チェンも、実はエンに追われる流派の者であり、自分が狙われていることを知っている祖父はシンロンに、むやみに技を他人に見せないことを繰り返し説いていたが、事情を知らないシンロンは性格の軽いお調子者。

やがて彼は成り行きで、祖父に黙って町道場の用心棒になって小遣い稼ぎをし始める。だがシンロンのアルバイトを見抜いた祖父が町道場に乱入し大騒ぎに。その騒ぎを見ていたエンは、ついにシンロンの祖父の居所をつきとめて殺害してしまう。

悲しみに暮れるシンロンは、祖父の弟弟子である「八本足の麒麟」と呼ばれる男に徹底的に鍛え上げられ、一門の奥義を伝授される。それは、人間の感情である「喜」「怒」「哀」「楽」に基づいた技であった。「八本足の麒麟」をも抹殺しようとするエンと、そうはさせまいとするシンロンの、最後の戦いが始まる。

キャスト[編集]

無き道場復興を夢見る祖父の跡継ぎとして英才教育で拳法を仕込まれる。某道場を稼ぎ口にしながらも、道場破りを撃退するなど拳法の腕も悪くないが、祖父の修行には弱音を吐くなど冴えない。この怠惰ブリが後々仇となる。
興隆の祖父。全滅されかけた名家の拳法家。僅かな希望を孫のシンロンに託し、育成していた。
  • 任:ヤム・サイクン
"鉄の爪"と異名を取る政府派遣の殺し屋。シンロンの家系の拳法の全滅を目的とする男。シンロンの祖父を惨殺した本作のラスボス。
  • 八本足麒麟:チェン・ウェイロー
シンロンの祖父の弟弟子(所謂、前師匠の二番弟子)。エンに殺されたチェンの遺志を受け継ぎシンロンを鍛える。喜怒哀楽をコントロールし、相手を油断させる秘拳をシンロンに伝授する。最終的には祖父同様にシンロンに敬愛される人物となり、掛替えのない人物として扱われている。
  • 石富(町道場の師範):リー・クン
  • 棺桶屋の男:ディーン・セキ
  • 盧英(最初の道場破り):ガム・サイヨ
  • 翟仲(リュウ・バッチョン:二人目の道場破り):チェン・ティエンチー
  • 三人目の道場破り:ファン・キンマン
  • 四人目の道場破り:チュウ・シウワー
  • チンピラ三人衆
    • 大熊:チェン・フーシェン
    • 石の玉子:ワン・ヤオ
    • 鉄の頭:マー・チャン

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本テレビ  ブロードウェイ版
シンロン ジャッキー・チェン 石丸博也 山野井仁
チェン ジェームス・ティエン 宮内幸平 仲野裕
ヤム・サイクン 千葉耕市
八本足麒麟 チェン・ウェイロー 松村彦次郎 相沢まさき
石富 リー・クン 雨森雅司 岩崎ひろし
棺桶屋の男 ディーン・セキ なし 相沢まさき
盧英 ガム・サイヨ 上田敏也 手塚秀彰
翟仲 チェン・ティエンチー 小島敏彦
三人目の道場破り ファン・キンマン 亀井三郎
四人目の道場破り チュウ・シウワー 秋元羊介 相沢まさき
大熊 チェン・フーシェン 水鳥鐵夫 天田益男
石の玉子 ワン・ヤオ 田中亮一
鉄の頭 マー・チャン 屋良有作 青山穣
翻訳:大野隆一、演出:田島荘三、制作:コスモプロモーション…(約93分)
※BD、日本語吹替収録版DVD収録
  • 2000年にリリースされたDVD(ブロードウェイ版)には上記の「テレビ放送版」と異なる吹替が収録されている。

スタッフ[編集]

日本公開版[編集]

日本公開は1980年4月19日、東映系で舘ひろし主演の『薔薇の標的』と併映公開されたジャッキー映画第3弾。

日本公開版は、配給元の東映が『ドランクモンキー 酔拳』同様に修正を入れている。オープニングにはモンキーパンチのデザインによるショートコント風の短編アニメ(ジャッキーがルパン三世にそっくりで、さらに万屋十完と峰不二子に酷似したキャラクターまで登場する)がアバンタイトルとして挿入され、さらにDr.スープが唄うオリジナル主題歌「クレージーモンキー」、挿入歌「モンキーマン」の音源を加えた独自仕様にて公開された(共に作詞:ケーシー・ランキン 作編曲:キース・モリスン)。

これらは1980年代に東映から発売されたビデオソフトに収録されていたが、後年東映の権利が終了した後は公開されることはなくなり、長らく日本国内で入手可能なソフトウェアは全て香港公開版をベースにした内容となっていた。

しかし2012年に発売されたブルーレイソフトには映像特典として当時発売されたビデオをコピーした日本公開版を収録しており、モンキーパンチデザインのアニメや「クレージーモンキー」「モンキーマン」の楽曲入りバージョンが、30年余りを経て再び日の目を見るに至った。

2016年12月に発売された国内版ブルーレイでは日本公開版フィルムをテレシネして全編収録しており、公開されてから36年振りに完全な日本公開版がソフト化された。