クロツヤバエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
クロツヤバエ科
Lonchaea.chorea.-.lindsey.jpg
Lonchaea chorea
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハエ目(双翅目) Diptera
亜目 : ハエ亜目(短角亜目) Brachycera
下目 : ハエ下目 Muscomorpha
上科 : ミバエ上科 Tephritoidea
: クロツヤバエ科 Lonchaeidae
Loew, 1861[1]
英名
lance flies

本文参照

クロツヤバエ(黒艶蝿)は、双翅目クロツヤバエ科 (Lonchaeidae) に属する種の総称。小型で黒っぽく、多少なりとも金属様光沢をもつものが多い。メスの腹端は槍状に伸びる。2012年までに世界でおよそ520種あまりが記載されている[2]。和名は体の色合いに由来し、学名はタイプ属 Lonchaeaギリシャ語:lonchaios ランス (槍)の-)に科名を示す語尾-idaeを付したもの[3]

分布[編集]

世界に広く分布し、ニュージーランドを除く主な地域に分布する[4]。日本でも数種が記録されているが、研究は不十分である。

形態[編集]

体長は3-6ミリ程度と小形で、一般的な”無弁翅類”の姿をしている。多くは科和名のとおり体は黒く光沢をもつが、ときに褐色のものやLamprolonchaea smaragdi のように緑色の金属光沢のある種などもいる。頭部は概ね半球状で複眼が大きく、頬は非常に狭い。胸は丸味を帯び、腹部はやや上下に扁圧される。メスでは腹端が長く槍状になる。翅は一般には透明で、ときに曇ったり褐色を帯びるものがあり、多くの種で丸味のある長三角形状。脚は腿節と脛節が黒く跗節が褐色がかるのものが多い。その他、本科を識別するための特徴のいくつかを、主として『新訂 原色昆虫大圖鑑』(2008)にあるハエ目の検索表[5]を参考に以下に挙げる。

  • 第2基室(bm室ともいう)とcua室(cup室・臀室・肛室ともいう)は完全に閉じており、cua室の外縁は単純な円弧状。
  • C脈(前縁脈)の切れ目は1箇所のみ、Sc脈(亜前縁脈)の合流点の直前にあるが切れ方はやや不完全。
  • 多くのものでc室(C脈とScとに囲まれた部分)ではC脈がやや前方に張り出すためc室が幅広く大きくなる。
  • C脈はM1+2脈(M1脈ともいう)で終わる。
  • Sc脈は完全(途中で消えたりしない)で緩やかに湾曲し、R1脈とは融合したり合着したりしない。
  • 平均棍は全体に黒色なのが普通。
  • 頭部
  • 額眼縁剛毛(眼縁剛毛)は1本のみで強く発達し、後傾する(先端が後方に向く)。
  • 各1対の内頭頂剛毛と外頭頂剛毛も強く発達する。
  • 単眼剛毛も同様に強いが、1対の後単眼剛毛は発達が弱く離反的(先端がそれぞれ外側に向く)。
  • 触角の刺毛(arista)には微毛があるが、枝毛はない。
  • 鬚剛毛はない。ただし時に亜鬚剛毛の1本もしくは数本が太くなって鬚剛毛のように見えることもある。
  • その他
  • 全脚の脛節の背面には亜末端剛毛がない。ただし中脚背面には弱く目立たない刺毛があることがある。
  • 上前側板の後縁には複数の強い剛毛がある。

生態[編集]

幼虫の大部分は植食性で、葉に食害をもたらすことが知られているが、腐食性、捕食性などの種も知られている。例えば Lamprolonchaea smaragdi は、トマトに食害をもたらす害虫として扱われる[6]

分類[編集]

科の記載年

科の原記載とされるLoewの報告[1]が掲載された報告書の表紙[1]には1861年と明記されていることから、それに従うのが一般的であるが、国際動物命名規約委員会(ICZN)(1963)のOpinion 652 (4)[7]には1862年と記されている。

科内の分類

一般に以下の2亜科9属に分類されている。そのうちDasiopinae亜科は Dasiops 属のみからなり、前気門の後ろ(中胸上前側板の前縁上部)から前気門側に向って生える剛毛(”気門後剛毛”:stigmatical hairs / poststigmatal bristles)を持つことで区別される。したがって、この剛毛をもたないものが Loncaeinae亜科に分類される[8]

2012年6月までに世界から記録されているのは以下の9属523種とされる[2]

  • Dasiopinae 亜科
    • Dasiops Rondani, 1856 - 127種
  • Lonchaeinae 亜科
    • Chaetolonchaea Czerny, 1934 - 7種
    • Earomyia Zetterstedt1842 - 23種
    • Lamprolonchaea Bezzi, 1920 - 20種
    • Lonchaea Fallen1820 - 212種
    • Neosilba McAlpine, 1982 - 30種
    • Protearomyia McAlpine 1962 - 8種
    • Setisquamalonchaea Morge, 1963 - 4種
    • Silba MacQuart, 1851 - 92種

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b Loew, H. (1861). "Ueber die Dipterenfauna des Bernsteins". Amtlicher Bericht über die fünf und dreissigste Versammlung Deutscher Naturforscher und Ärzte in Königsberg in Preussen im September 1860: 88–98 (p.89 23行目). 
  2. ^ a b Lonchaeidae Online
  3. ^ 平嶋義宏 (1989). 昆虫分類学. 川島書店. p. 597 (p.380 脚注). ISBN 4-7610-0408-8. 
  4. ^ Australasian/Oceanian Diptera Catalog -- Web Version
  5. ^ 三枝豊平 (2008). ハエ目(双翅目)DIPTERA 概説 (p.255-283) in 平嶋義宏・森本桂(監修)新訂 原色昆虫大圖鑑 第III巻. 北隆館. pp. 654 176pls.. ISBN 4-486-01406-5. 
  6. ^ B. R. Pitkin (1989) Family Lonchaeidae In. Catalog of the diptera of australia and oceania 476-478
  7. ^ ICZN (1963). "Opinion 652". The Bulletin of zoological nomenclature 20: 114. 
  8. ^ Checklist of World Lonchaeidae