クロノス from OSAKA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

クロノス from OSAKA(クロノス フロム・オオサカ)は、TOKYO FMJFNC共同制作のラジオ番組『クロノス』のうち、FM OSAKAローカル枠で放送された番組である。 ここでは、前番組で同じくTFM・JFNC共同制作のSKYのローカルゾーン SKY from OSAKA(スカイ フロム・オオサカ)、ならびにそれ以後の大阪ローカル枠について詳述する。

2007年8月 - 2008年9月[編集]

2007年7月31日をもって『庄司悟のアサイチBANG!』(5:00~6:55)が終了し、fm osakaが平日早朝ワイドの自社制作から撤退。翌8月1日からSKYのネットを開始。それまでローカル枠で放送していた『庄司悟のアサニBANG!』(7:29~8:00)も同時に終了となり、同じ枠で『SKY from OSAKA』を開始した。

翌2008年にSKYが終了してクロノスが開始したことに伴い、タイトルを『クロノス from OSAKA』に改めるが、出演者や番組内容に変化は無かった。

同年10月1日からのこの時間帯は、朝ワイドに組み込まれる形で放送され、『 - from OSAKA』のスタイルではなくなった。

出演[編集]

コーナー[編集]

  • ちょい懐かしい曲
    • 懐かしい曲のリクエストに応えるコーナー。流れる曲の年代は決まっていないが、前番組よりもやや後年の曲が選ばれやすい。
  • トラフィック・リポート(金曜のみ大阪トヨタ自動車提供)
  • コジマ・キャッチ・ザ・ワールド(企画ネット番組
    • インターネットのおすすめサイトを紹介している。金曜のみ通常のコジマのCMではなくDJがお知らせを読み上げている。
    • このコーナーのみ次番組に引き継がれた。
  • きょうの占い HOP!STEP!JUMP!!
    • 開始当初はキューサイが提供していて、同社の無料試供品がプレゼントされていた。番組終了後は、LOVE FLAPの『Lunchtime Essentials』に引き継がれた。
  • エンディング
  • 7:54 ヘッドラインニュース拓伸提供)
  • 7:58 トラフィック・リポート(日刊スポーツ提供)

2012年4月 - 2014年3月[編集]

2012年3月31日にスカッシュ!が終了したことにより、4月からクロノスのBラインネットを再開。この時間帯が再び単独のローカル枠になったが、特定のDJを置かず、実質フィラー枠となっていた。2014年4月から『OSAKA MORNING VIEW』(月-木)と『Precious.』が開始され、再び同枠は朝ワイドに内包された。

タイムテーブル[編集]

2012年6月時点
  • 7:29 - 7:46 フィラー~最新のヒット曲~
  • 7:46 - 7:48 FM OSAKA TRAFFIC REPORT
  • 7:48 - 7:56 ET-KINGのパーっと行こう! 〜いったれ!今日も元気におはようさ〜ん〜
  • 7:56 - 7:58 FM OSAKA TRAFFIC REPORT
2013年4月時点
  • 7:29 - 7:46 フィラー~最新のヒット曲~1
  • 7:46 - 7:48 FM OSAKA TRAFFIC REPORT
  • 7:48 - 7:55 フィラー~最新のヒット曲~2
  • 7:55 - 7:57 FM OSAKA WEATHER REPORT
  • 7:57 - 7:59 FM OSAKA TRAFFIC REPORT

2020年7月 -[編集]

2020年6月30日にOH! MY MORNING 851が終了したことにより早朝ワイドの自社製作から再び撤退。翌7月1日からONE MORNING(クロノスの後番組)のBラインネットを再開した。それまで従来のローカル枠(7:29 - 8:00)の中で『NOEVIR Song of Life』(7:40 - 7:45)のみネットしていた。しかし、終了後はネット枠を大幅に拡大。TRAFFIC REPORT以外は全て東京からのネットになり、実質的にこの時間のローカル枠は消滅した。

SKY→クロノス FM OSAKAローカル枠
前番組 番組名 次番組
SKY from OSAKA

クロノス from OSAKA