クロフォード伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロフォード伯爵
Earl of Crawford
Arms of Lindsay (Earl Crawford).svg
創設時期 1398年4月21日
創設者 ロバート3世
貴族 スコットランド貴族
初代 デイヴィッド・リンジー英語版
現所有者 ロバート・リンジー
相続人 ベルニール卿アンソニー・リンジー
相続資格 譲受人の直系の男系男子(heirs male heirs of the body of the grantee)
付随称号 バルカレス伯爵英語版、クロフォードのリンジー卿、リンジー=ベルニール卿、ヘイグ・ホールのウィガン男爵

クロフォード伯爵英語: Earl of Crawford)は、スコットランド貴族伯爵位。

デイヴィッド・リンジー英語版1398年に叙されたのに始まる。

歴史[編集]

バンフシェリフスコットランド海軍司令長官英語版等の官職を務め、1397年に従兄弟からクロフォード英語版領主の地位を相続したデイヴィッド・リンジー英語版(-1407)は、1398年4月21日スコットランド王ロバート3世勅許状スコットランド貴族クロフォード伯爵に叙された[1][2]

その曾孫である4代伯アレグザンダー・リンジー英語版(-1453)は、ブレッチンの戦いで国王に反旗を翻したが、敗れている[3]

その長男である5代伯デイヴィッド・リンジー(1440–1495)は、スコットランド王ジェイムズ3世の寵臣としてスコットランド海軍司令長官や宮内長官英語版等を歴任し、1488年5月18日のジェイムズ3世の勅許状でスコットランド貴族モントローズ公爵(Duke of Montrose)に叙されたが、ソーキバーンの戦いでジェイムズ3世に与したため、同王敗死後の同年10月17日に制定された取り消し法(Rescissory Act)によってこの叙爵を取り消された。しかし1489年9月19日に再度モントローズ公爵の叙爵を受けた[1][4]。取り消し法は1504年3月に廃止されたので最初のモントローズ公爵位も有効であるとする説があるが[4]、後世に第7代バルカレス伯爵ジェイムズ・リンジー英語版1848年貴族院の決定で24代クロフォード伯爵を継承したとき、一緒に請求していたモントローズ公爵位の継承を認められなかったので、モントローズ公爵位は5代伯一代で終わったという扱いになっている[1][5]

8代伯デイヴィッド・リンジー英語版(-1542)の長男アレグザンダー・リンジー(-1542)は、父殺し英語版で有罪となったため、スコットランド法に基づき、爵位継承資格が失われた。そのため、9代伯は3代伯デイヴィッド・リンジー英語版(-1445)からの分流であるデイヴィッド・リンジー英語版(-1558)が継承した[1]。しかし1546年5月に爵位をアレグザンダーの遺児に返すことが国王より認められた。これにより彼の死後、アレグザンダーの遺児デイヴィッド・リンジー(-1574)が10代伯を継承した[1]

16代伯ルドヴィック・リンジー英語版(-1652)ピューリタン革命に際して王党派として参戦して敗れ、大陸に亡命した[1]。そのため1644年のスコットランド議会の議決により初代伯の祖父サー・デイヴィッド・ド・リンジー(1314-1355)に遡っての分流であるジョン・リンジー(1598頃–1678)が17代伯と宣言された。彼はその前の1616年7月9日に父から第10代バイレスのリンジー卿(Lord Lindsay of the Byres)を継承しており、1633年5月8日にはリンジーの名前と紋章を受け継ぐ男系男子への特別継承を規定したスコットランド貴族爵位パーブロース卿(Lord Parbroath)とリンジー伯爵英語版(Earl of Lindsay)に叙せられていた[1][6]

子供のない20代伯ジョン・リンジー(1702–1749)の死去に際して17代伯に遡っての分流である4代ガーノック子爵ジョージ・リンジー=クロフォード(1723–1781)が21代伯を継承した。この家系は「クロフォード」[7]、ついで「リンジー=クロフォード」に家名を改姓し[8]ガーノック子爵(Viscount Garnock)とキルバーニー=ドラムリー卿(Lord Kilbirny and Drumry)を継承していた[1][9]

1808年に22代伯ジョージ・リンジー=クロフォード英語版(1758–1808)が子供無く死去したことで17代伯(初代リンジー伯)からの男系男子はすべて絶え、クロフォード伯位は停止(dormant)となった。しかし40年後の1848年8月11日貴族院の決定により、クロフォード伯位は次の通りに継承されたことが確認された。22代伯の死後に分流の6代バルカレス伯アレグザンダー・リンジー(1752–1825)が23代伯を継承し、彼の死後、その息子ジェイムズ・リンジー英語版(1783–1869)が24代伯を継承していることである[1][10][11]。このバルカレス伯爵リンジー家は爵位を本家に返した9代伯の子孫であり、1633年6月27日にバルカレスのリンジー卿 (Lord Lindsay of Balcarres)、1651年1月9日にバルカレス伯爵 (Earl of Balcarres)とリンジー=ベルニール卿(Lord Lindsay and Balneil)に叙せられていた家柄だった(いずれもスコットランド貴族)[12]

また24代伯はクロフォード伯位継承前、バルカレス伯爵位継承の翌年の1826年7月5日の勅許状で連合王国貴族爵位ランカスター州におけるヘイグ・ホールのウィガン男爵 (Baron Wigan, of Haigh Hall in the County of Lancaster)に叙されているので彼以降の当主は自動的に貴族院議員に列した[1][13]

26代伯ジェイムズ・リンジー(1847–1913)は天文学者として活躍した[14]

27代伯デイヴィッド・リンジー英語版(1871–1940)は、保守党の政治家として第一次世界大戦中から戦後にかけての挙国一致内閣アスキス内閣とロイド・ジョージ内閣)で閣僚職を歴任した[1][15]

2016年現在の当主は29代伯ロバート・リンジー(1927-)である[1]。彼は襲爵前に保守党の庶民院議員を務め、1975年1月24日一代貴族ファイフ州におけるピットコーシーのベルニール男爵 (Baron Balniel, of Pitcorthie in the County of Fife)に叙せられていた。そして同年12月13日の父の死によりクロフォード伯爵位以下の世襲爵位を継承している。襲爵後の1992年から2002年にかけてエリザベス皇太后宮内長官英語版を務めている[1][16]

現当主の保有爵位[編集]

現当主ロバート・リンジーは、以下の爵位を保持している[1][16]

  • 第29代クロフォード伯爵 (29th Earl of Crawford)
    (1398年4月21日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第12代バルカレス伯爵英語版 (12th Earl of Balcarres)
    (1651年1月9日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • バルカレスの第13代リンジー卿 (13th Lord Lindsay of Balcarres)
    (1633年6月27日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)
  • 第12代リンジー=ベルニール卿 (12th Lord Lindsay and Balneil)
    (1651年1月9日の勅許状によるスコットランド貴族爵位)※法定推定相続人はベルニール卿を儀礼称号とする
  • ランカスター州におけるヘイグ・ホールの第6代ウィガン男爵 (6th Baron Wigan, of Haigh Hall in the County of Lancaster)
    (1826年7月5日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • ファイフ州におけるピットコーシーのベルニール男爵 (Baron Balniel, of Pitcorthie in the County of Fife)
    (1975年1月24日の勅許状による連合王国一代貴族爵位)

クロフォード伯 (1398年)[編集]

  • 初代クロフォード伯デイヴィッド・リンジー英語版 (-1407)
  • 2代クロフォード伯アレグザンダー・リンジー英語版 (1387頃–1438)
  • 3代クロフォード伯デイヴィッド・リンジー英語版 (-1445)
  • 4代クロフォード伯アレグザンダー・リンジー英語版 (-1453)
  • 5代クロフォード伯デイヴィッド・リンジー (1440–1495) : 初代モントローズ公
  • 6代クロフォード伯ジョン・リンジー英語版 (-1513頃)
  • 7代クロフォード伯アレグザンダー・リンジー (-1517)
  • 8代クロフォード伯デイヴィッド・リンジー英語版 (-1542)
  • 9代クロフォード伯デイヴィッド・リンジー英語版 (-1558) : 3代伯の子孫。死後、本家筋に爵位を返す
  • 10代クロフォード伯デイヴィッド・クロフォード (-1574) : 8代伯の孫
  • 11代クロフォード伯デイヴィッド・リンジー英語版 (1547頃–1607)
  • 12代クロフォード伯デイヴィッド・リンジー英語版 (-1621)
  • 13代クロフォード伯ヘンリー・リンジー (-1622)
  • 14代クロフォード伯ジョージ・リンジー (-1633)
  • 15代クロフォード伯アレグザンダー・リンジー (-1639)
  • 16代クロフォード伯ルドヴィック・リンジー英語版 (-1652)
  • 17代クロフォード伯ジョン・リンジー (1598頃–1678) : 初代伯の叔父の子孫。初代リンジー伯・10代リンジー卿。1644年のスコットランド議会でクロフォード伯位を認められる。
  • 18代クロフォード伯ウィリアム・リンジー英語版 (1644–1698) : 2代リンジー伯
  • 19代クロフォード伯ジョン・リンジー英語版 (-1713) : 3代リンジー伯
  • 20代クロフォード伯ジョン・リンジー (1702–1749) : 4代リンジー伯
  • 21代クロフォード伯ジョージ・リンジー=クロフォード (1723–1781) : 5代リンジー伯。4代ガーノック子爵
  • 22代クロフォード伯ジョージ・リンジー=クロフォード英語版 (1758–1808) : 6代リンジー伯、5代ガーノック子爵。死去とともにクロフォード伯位停止(dormant)
  • 23代クロフォード伯アレグザンダー・リンジー (1752–1825) : デ・ジュリ。9代伯の子孫。6代バルカレス伯
  • 24代クロフォード伯ジェイムズ・リンジー英語版 (1783–1869) : 1848年に回復。7代バルカレス伯
  • 25代クロフォード伯アレグザンダー・リンジー英語版 (1812–1880) : 8代バルカレス伯
  • 26代クロフォード伯ジェイムズ・ルドヴック・リンジー (1847–1913) : 9代バルカレス伯
  • 27代クロフォード伯デイヴィッド・アレグザンダー・エドワード・リンジー英語版 (1871–1940) : 10代バルカレス伯
  • 28代クロフォード伯デイヴィッド・アレグザンダー・ロバート・リンジー英語版 (1900–1975) : 11代バルカレス伯
  • 29代クロフォード伯ロバート・アレグザンダー・リンジー (1927-) : 12代バルカレス伯

系譜図[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n Heraldic Media Limited. “Crawford, Earl of (S, 1398)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月26日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “David Lindsay, 1st Earl of Crawford” (英語). thepeerage.com. 2016年3月26日閲覧。
  3. ^  "Lindsay, Alexander (d.1454)". Dictionary of National Biography. London: Smith, Elder & Co. 1885–1900. 
  4. ^ a b Lundy, Darryl. “David Lindsay, 1st Duke of Montrose” (英語). thepeerage.com. 2016年3月26日閲覧。
  5. ^ パブリックドメイン この記述にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Montrose, Marquesses and Dukes of". Encyclopædia Britannica. 18 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 793. 
  6. ^ Lundy, Darryl. “John Lindsay, 17th Earl of Crawford” (英語). thepeerage.com. 2016年3月29日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Hon. Patrick Crawford” (英語). thepeerage.com. 2016年3月29日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “John Lindsay-Crawford, 1st Viscount Garnock” (英語). thepeerage.com. 2016年3月29日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “George Lindsay-Crawford, 21st Earl of Crawford” (英語). thepeerage.com. 2016年3月29日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “Maj.-Gen. George Lindsay-Crawford, 22nd Earl of Crawford” (英語). thepeerage.com. 2016年3月29日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “General Alexander Lindsay, 6th Earl of Balcarres” (英語). thepeerage.com. 2016年3月29日閲覧。
  12. ^ Heraldic Media Limited. “Balcarres, Earl of (S, 1650/1)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月30日閲覧。
  13. ^ Lundy, Darryl. “James Lindsay, 24th Earl of Crawford” (英語). thepeerage.com. 2016年3月29日閲覧。
  14. ^ Lindsay; James Ludovic (1847 - 1913); 26th Earl of Crawford and 9th Earl of Balcarres” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2015年9月20日閲覧。
  15. ^ Lundy, Darryl. “David Alexander Edward Lindsay, 27th Earl of Crawford” (英語). thepeerage.com. 2016年3月30日閲覧。
  16. ^ a b Lundy, Darryl. “Robert Alexander Lindsay, 29th Earl of Crawford” (英語). thepeerage.com. 2016年3月30日閲覧。