クロム鋼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

クロム鋼(クロムこう、chromium steel)とは、炭素鋼に1%前後のクロムを添加した組成を持つ合金鋼のことである[1]。耐食性を向上させるためにクロムを10%以上含ませたものはステンレス鋼と呼ばれる。

合金鋼としては低廉でありながら、炭素鋼と比べ焼入れ性焼き戻し軟化抵抗性・耐摩耗性に優れている[2]。焼入れ性は、直径約60 mm程度まで焼入れできる[3]。小物強度部材などで炭素鋼では不十分な場合に用いられている[2]

規格[編集]

JISでは、機械構造用合金鋼鋼材として材質記号SCrとそれに続く番号で規定されている。炭素・クロム以外にも、ケイ素マンガンの添加量が定められている。

JIS G 4053:2008 機械構造用合金鋼鋼材(単位: %)
種類の記号 炭素 ケイ素 マンガン リン 硫黄 ニッケル クロム
SCr415 0.13 - 0.18 0.15 - 0.35 0.60 - 0.90 0.030以下 0.030以下 0.25以下 0.90 - 1.20
SCr420 0.18 - 0.23 0.15 - 0.35 0.60 - 0.90 0.030以下 0.030以下 0.25以下 0.90 - 1.20
SCr430 0.28 - 0.33 0.15 - 0.35 0.60 - 0.90 0.030以下 0.030以下 0.25以下 0.90 - 1.20
SCr435 0.33 - 0.38 0.15 - 0.35 0.60 - 0.90 0.030以下 0.030以下 0.25以下 0.90 - 1.20
SCr440 0.38 - 0.43 0.15 - 0.35 0.60 - 0.90 0.030以下 0.030以下 0.25以下 0.90 - 1.20
SCr445 0.43 - 0.48 0.15 - 0.35 0.60 - 0.90 0.030以下 0.030以下 0.25以下 0.90 - 1.20

出典[編集]

  1. ^ 門間改三 『大学基礎 機械材料』 実教出版、1982年、85頁。
  2. ^ a b 坂本卓 『絵とき 機械材料 基礎のきそ』 日刊工業新聞社、2007年、初版、67-68頁。ISBN 978-4526058479。
  3. ^ 佐々木雅人 『機械材料入門』 理工学社、2005年、第1版、62頁。

関連項目[編集]