クロロカロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クロロカロン
Cloroqualone.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  •  ?
投与方法 ?
薬物動態データ
生物学的利用能 ?
代謝 ?
半減期 ?
排泄 ?
識別
CAS番号
25509-07-3 ×
ATCコード none
PubChem CID: 63338
DrugBank ? ×
ChemSpider 57005 チェック
UNII 172D4Q6LOW チェック
ChEMBL CHEMBL2106114 ×
化学的データ
化学式 C16H12Cl2N2O
分子量 319.185

クロロカロン(Cloroqualone)は、キナゾリノン系のGABA作動薬で、メタカロン英語版のアナログである。1980年代に開発され、主にフランスやその他のヨーロッパの国で販売された。β型GABAA受容体とΣ-1受容体のアゴニスト効果に由来する鎮静鎮咳作用を持ち、単独、または他の成分と組み合わせて、風邪薬として販売された。クロロカロンの鎮静効果はメタカロンより弱く、咳止めとして販売されたが、乱用や過剰摂取の危険性への懸念から1994年にはフランスの市場から姿を消した。

関連項目[編集]