クロード・シャンパーニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クロード・シャンパーニュ(左、1943年)

クロード・シャンパーニュClaude Champagne1891年5月27日 - 1965年12月21日)は、カナダ作曲家

モントリオール出身。国立音楽院でヴァイオリンオルガンピアノを学んだ。卒業後はピアノとヴァイオリンの教師となり、またカナダの近衛歩兵第一連隊軍楽隊のメンバーでもあった。1921年パリに留学し、シャルル・ケクランラウル・ラパラらに学んだ。カナダへ戻った後、1942年のケベック音楽演劇学院の設立に尽力した。1943年からモントリオール音楽院の副院長を務め、同時にマギル大学の教授も務めた。

作品[編集]

管弦楽曲[編集]

  • ガスペ交響曲
  • エルキュールとオンファール
  • ラ・ローレンティエンヌ
  • ピアノ協奏曲
  • カナダ交響曲 - 合唱と管弦楽のための
  • 子守唄 - 小管弦楽のための

室内楽曲[編集]

  • ハバネラ - ヴァイオリンとピアノのための
  • 弦楽四重奏曲

器楽曲[編集]

  • 祈り - オルガンのための
  • ブラジルのクアドリーリャ - ピアノのための

文献[編集]