クロード・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クロード・フィッシャー(Claude S. Fischer、1948年-)はアメリカ社会学者で、カリフォルニア大学バークレー校の教授である。専門は都市社会学

人物[編集]

1948年フランスパリに生まれる。4歳のときにアメリカへ移る。1972年、ハーバード大学社会学博士号を取得した。その後、現在に至る。

研究[編集]

フィッシャーの初期の研究は、都市生活における社会心理学に注目していた。1982年、『友人のあいだで暮らす:北カリフォルニアのパーソナル・ネットワーク』(原題To Dwell Among Friends: Personal Networks in Town and City)を、1984年、『都市的体験:都市生活の社会心理学』(原題The Urban Experience)を発表した。その中で、社会のネットワーク状のつながりに注目し、「下位文化理論」を作り上げた。フィッシャーは他にも、アメリカの社会史を研究しており、1992年、『電話するアメリカ―テレフォンネットワークの社会史』(原題America Calling: A Social History of the Telephone to 1940)を発表した。

書籍[編集]

  • Lurching Toward Happiness in America. Boston Review, MIT Press(2014)
  • Still Connected: Family and Friends in America Since 1970. Russell Sage Foundation(2011)
  • Made in America: A Social History of American Culture and Character (2010)
  • Century of Difference: How America Changed in the Last One Hundred Years. (with Hout). New York: Russell Sage. (2006)
  • Inequality by Design: Cracking the Bell Curve Myth, (with Hout, Lucas, Sánchez-Jankowski, Swidler and Voss), Princeton, NJ: Princeton University Press (1996)
  • America Calling: A Social History of the Telephone to 1940, University of California Press. (1992)=吉見俊哉松田美佐片岡みい子訳 『電話するアメリカ―テレフォンネットワークの社会史』、NTT出版、2000年
  • The Urban Experience. Second edition. San Diego: Harcourt Brace Jovanovich. (1984)=松本康、前田尚子訳『都市的体験 : 都市生活の社会心理学』、未来社、1996年
  • To Dwell Among Friends: Personal Networks in Town and City. University of Chicago. (1982)=松本康、前田尚子訳『友人のあいだで暮らす:北カリフォルニアのパーソナル・ネットワーク』、未来社、2002年
  • Networks and Places: Social Relations in the Urban Setting. (with Jackson, Stueve, Gerson, Jones, and Baldassare). New York: Free Press. (1977)
  • Human Aggression and Conflict. (with Scherer and Abeles), Englewood Cliffs, N.J.: Prentice Hall. (1975)

外部リンク [編集]