クロード・フランソワーズ・ド・ロレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クロード・ド・ロレーヌ
Claude de Lorraine
ロレーヌ公
Claude-Françoise de Lorraine.jpg
在位 1634年2月18日 - 1648年8月2日
別称号 バル公

出生 1612年10月6日
ロレーヌ地域圏の旗 ロレーヌ公国ナンシー、公爵宮殿
死去 (1648-08-02) 1648年8月2日(35歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア大公国ウィーン
埋葬 ロレーヌ地域圏の旗 ロレーヌ公国ナンシー、サン=フランソワ=デ=コルドリエ教会
配偶者 ニコラ2世
子女 フェルディナン・フィリップ
シャルル5世
アンヌ・エレオノール
アンヌ・マリー
マリー・アンヌ
家名 シャトノワ=ヴォーデモン=ロレーヌ家
父親 ロレーヌ公アンリ2世
母親 マルグリット・ド・ゴンザーグ
テンプレートを表示

クロード・フランソワーズ・ド・ロレーヌ(Claude Françoise de Lorraine, 1612年10月6日 - 1648年8月2日)は、ロレーヌ公アンリ2世と公妃マルグリット・ド・ゴンザーグの次女で、ロレーヌ公ニコラ2世フランソワの妃。ロレーヌ女公または公妃ニコルの妹。ドイツ語名はクラウディア・フランツィスカ・フォン・ロートリンゲン(Claudia Franziska von Lothringen)。

クロードは1634年2月18日リュネヴィルで、従兄弟(同年生まれ)にあたるニコラ・フランソワと結婚した。ニコラ・フランソワは同年に、自身の兄でありクロードの姉ニコルの夫でもあるシャルル4世に代わってロレーヌ公位に即いていたが、フランスにロレーヌを占領され、クロードを連れてロレーヌから亡命した。

2人は以下の子供をもうけた。

  • フェルディナン・フィリップ(1639年12月29日 - 1659年4月1日) ロレーヌ公世子、バル公
  • シャルル・レオポール(1643年4月3日 - 1690年4月18日) ロレーヌ公シャルル5世。
  • アンヌ・エレオノール(1645年5月12日 - 1648年2月28日)
  • アンヌ・マリー・テレーズ(1648年7月30日 - 1661年6月17日) ルミルモン修道院長。
  • マリー・アンヌ(1648年7月30日 - ?)

クロードはアンヌ・マリーとマリー・アンヌの双子を出産の後、35歳でウィーンにて死去し、ナンシーのサン=フランソワ=デ=コルドリエ教会に葬られた。