クロード・ボーソレイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クロード・ボーソレイユClaude Beausoleil1929年 - 1983年3月24日)は、フランス撮影監督である。同姓同名の詩人(Claude Beausoleil)がいるが、まったくの別人。

目次

人物・来歴

1929年にフランスで生まれる。前歴は定かではないが、1959年、30歳のときに、5歳年上の撮影監督ラウール・クタールの助手として、ジャン=リュック・ゴダール監督の長編デビュー作『勝手にしやがれ』で映画界にデビューする。以来、フランソワ・トリュフォージャック・ドゥミといった作家の作品にいずれもクタールの助手として付き、ヌーヴェルヴァーグの最もみずみずしい時代を現場で体験する。

1965年、36歳のとき、ジャック・ドゥミの妻、アニエス・ヴァルダ監督の『幸福』で、ジャン・ラビエとの共同で撮影監督となる。同年、ゴダール監督の『女と男のいる舗道』、『カラビニエ』、ヴァルダ監督の『幸福』の助監督として現場をともにしたジャン=ポール・サヴィニャックの監督デビュー作『ニック・カーターと赤のクローバー』で完全に一本立ちする。

さらに、撮影監督として、モーリス・ピアラ監督の長編デビュー作『裸の幼年時代』(1968年)を手がけ、また同年、セルジュ・ゲンスブールジェーン・バーキンの出逢いを演出したピエール・グランブラ監督の記念碑的作品『スローガン』を手がけた。

1969年、『スローガン』のプロデューサー、フランシス・ジローが脚本を書いたハンガリーの監督ミクロシュ・ヤンチョーの仏ハンガリー合作映画『シロッコ』(1969年)に出演で協力、同じくフランシス・ジロー製作、マルク・モネ監督の『Léa l'hiver』(1971年)の撮影にたずさわる。その後も、もっぱら新人監督の作品を生み出して行くが、あまり順調とはいえず、またどの監督もさほど続かなかった。

1983年3月24日、死去。53歳没。師のクタールがいまだ現役でファインダーを覗いているのに比べ、トリュフォーの死(1984年)の前年の早すぎる死である。

フィルモグラフィー

撮影監督

  • Saturnin Belloir テレビシリーズ(13話、各26分) 1967年 監督ジャック=ジェラール・コルニュ
  • Bérénice 1968年 監督ピエール=アラン・ジョリヴェ
  • Les Atomistes テレビシリーズ(26話、各13分 1968年 監督レオナール・ケーゲル
  • Trente-six heures 短編(18分) 1969年 監督フィリップ・オーディケ
  • Léa l'hiver 1971年 監督・脚本マルク・モネ、製作フランシス・ジロー、ジャック・ルーフィオ
  • La Révélation 1973年 監督アラン・ラヴァル
  • Le Désir et la volupté 1973年 監督ジュリアン・サン=クレール
  • Ben et Bénédict 1977年 監督ポーラ・デルソル
  • Les Givrés 1979年 監督アラン・ジャスパール、主演ソフィ・ドーミエ

撮影助手

  • 突然炎のごとく Jules et Jim 1962年 カメラオペレータ 監督・脚本・製作フランソワ・トリュフォー、製作総指揮マルセル・ベルベール、撮影監督ラウール・クタール、音楽ジョルジュ・ドルリュー、スクリプター シュザンヌ・シフマン、主演ジャンヌ・モロー、製作レ・フィルム・デュ・キャロッス

出演

今日は何の日(12月7日

もっと見る