クローバー (稚野鳥子の漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クローバー』は、稚野鳥子による日本漫画作品。1997年、『ぶ〜け』(集英社)にて連載が開始された。その後『Cookie』(同)、『コーラス』(同)に移って連載。単行本は同社のマーガレットコミックスから全24巻が刊行されている。

Cocohana』(同)2012年8月号(同年6月28日発売)より、新シリーズ『クローバー trèfle』を連載中である。

ホテル会社勤務のOL沙耶(さや)を中心に、恋愛、家族、仕事など様々な問題を扱っている。

2014年3月、映画化が決定し、同年11月1日に公開された[1]

連載情報[編集]

  • 『ぶ〜け』1997年2月号 - 2000年3月号
  • 『Cookie』2000年8月号 - 2004年10月号、約1年間休載、2005年11月号で復帰、2006年1月号
  • 『コーラス』2006年12月号 - 2010年6月号、不定期連載

番外編[編集]

リトル・クローバー
沙耶の妹・あゆを主人公とした番外編。
  1. 『Cookie』1999年Vol.1、9巻収録
  2. 『Cookie』2000年7月号、10巻収録
  3. 『Cookie』2002年11月号・12月号、15巻収録
  4. 『コーラス』2007年9月号、20巻収録
green green green
柘植暁の弟・翠を主人公とした番外編。
  1. 『コーラス』2006年6月号・8月号、18巻収録

あらすじ[編集]

ホテル東洋に勤務する鈴木沙耶は、ドジで恋愛経験も浅いOL。そんな彼女の上司となったのは、美形だが、厳格なエリート社員・柘植暁。沙耶はミスの連続でいつも柘植に叱られてばかり。そんなある日、いきなり柘植から交際を申し込まれる。

登場人物[編集]

鈴木 沙耶(すずき さや)
本作の主人公。ホテル東洋勤務。青山学院女子短期大学卒業後、ホテル東洋に入社。入社後、総務部広報課に配属される。中学生時代の初恋を引きずっていたが、上司の柘植と恋愛のリハビリ後、恋愛関係になる。その後、秘書課秘書室に異動。ドジが多く、いつも柘植に叱られている。
身長164cmであり、秘書室では背が高い珍しい存在(沙耶が異動するまでの秘書室の女性の身長は全員160cm以下)。
二卵性の双子の兄(央太)と妹(あゆこ)の3人兄弟の長女。
柘植 暁(つげ すすむ)
沙耶の上司。現在は婚約者である。早稲田大学卒業後、新入社員ながらホテル東洋の本社に配属されるエリート。埼玉県に実家があり、現在は目黒マンションで一人暮らし。BMWの車を持っている。厳格かつ冷徹で、いつも沙耶を叱っているが、根は優しく、徐々に彼女に惹かれていく。
沙耶と出会った頃は、総務部広報課で働いていたが、その後ハワイへの転勤があり、現在は社長の息子の第一秘書をしている。
視力が悪く、常にメガネを着用。兄(大)と弟(翠)妹の4人兄弟の次男。
谷上 一葉(やがみ かずよ)
沙耶の同期。4年制大学を卒業しているため、沙耶より2歳年上。ホテル東洋広報課勤務。
不倫相手と別れ、その後同じ会社の合田光成と付き合うようになる。うまくいっていたように見えたが、すれ違いにより別れることになる。破局後は、同じ広報課に勤める城島と結婚。ハワイにて結婚式をする。しかし、城島の浮気相手が妊娠したことにより、離婚することになる。
仕事ができ、上司、後輩からの信頼が厚い。
松沢 里李香(まつざわ りりか)
沙耶の同期。いい男をゲットするために、コネを最大限に活用して入社。元総務部総務課勤務。会社の受付をしていた。
央太と付き合っていたが、彼の度重なる浮気により、自分も浮気をすることを決意。浮気相手に同じ会社の既婚者である村岡を選ぶ。村岡がアラスカに転勤の際、自身も退社して同行する。村岡との子供を妊娠し、出産する。しかし村岡に妻との離婚の意思がないため、現在は実家の団地で両親と同居している。
樋野 杳生(ひの はるき)
沙耶の中学時代の同級生で、初恋の君の双子の兄(実際は従兄弟)。央太の友達。二世俳優。樋野 ハルキの名で活動している。

書誌情報[編集]

  • 稚野鳥子 『クローバー』 集英社マーガレットコミックス〉、全24巻
    1. 1997年7月25日発売、ISBN 4-08-848687-0
    2. 1997年12月17日発売、ISBN 4-08-848753-2
    3. 1998年6月25日発売、ISBN 4-08-848828-8
    4. 1998年9月25日発売、ISBN 4-08-848867-9
    5. 1999年3月25日発売、ISBN 4-08-847046-X
    6. 1999年8月25日発売、ISBN 4-08-847111-3
    7. 2000年1月25日発売、ISBN 4-08-847175-X
    8. 2000年5月25日発売、ISBN 4-08-847230-6
    9. 2000年11月24日発売、ISBN 4-08-847312-4
    10. 2001年4月25日発売、ISBN 4-08-847370-1
    11. 2001年11月22日発売、ISBN 4-08-847449-X
    12. 2002年3月25日発売、ISBN 4-08-847490-2
    13. 2002年7月25日発売、ISBN 4-08-847535-6
    14. 2002年12月14日発売、ISBN 4-08-847587-9
    15. 2003年3月25日発売、ISBN 4-08-847618-2
    16. 2004年7月23日発売、ISBN 4-08-847768-5
    17. 2006年1月25日発売、ISBN 4-08-846028-6
    18. 2007年5月25日発売、ISBN 978-4-08-846177-9
    19. 2007年9月25日発売、ISBN 978-4-08-846219-6
    20. 2008年5月23日発売、ISBN 978-4-08-846301-8
    21. 2008年12月25日発売、ISBN 978-4-08-846373-5
    22. 2009年8月25日発売、ISBN 978-4-08-846439-8
    23. 2010年4月23日発売、ISBN 978-4-08-846521-0
    24. 2011年1月25日発売、ISBN 978-4-08-846616-3
  • 稚野鳥子 『クローバー』 集英社〈集英社文庫〉、全13巻
    1. 2008年11月18日発売、ISBN 978-4-08-618804-3
    2. 2008年11月18日発売、ISBN 978-4-08-618805-0
    3. 2009年1月16日発売、ISBN 978-4-08-618806-7
    4. 2009年1月16日発売、ISBN 978-4-08-618807-4
    5. 2009年3月18日発売、ISBN 978-4-08-618808-1
    6. 2009年3月18日発売、ISBN 978-4-08-618809-8
    7. 2010年6月18日発売、ISBN 978-4-08-619120-3
    8. 2010年6月18日発売、ISBN 978-4-08-619121-0
    9. 2010年7月16日発売、ISBN 978-4-08-619122-7
    10. 2010年8月18日発売、ISBN 978-4-08-619123-4
    11. 2012年7月18日発売、ISBN 978-4-08-619368-9
    12. 2012年7月18日発売、ISBN 978-4-08-619369-6
    13. 2012年8月17日発売、ISBN 978-4-08-619370-2
  • 稚野鳥子 『クローバー trèfle』 集英社〈マーガレットコミックス〉、既刊9巻(2018年6月25日現在)
    1. 2013年1月25日発売、ISBN 978-4-08-846885-3
    2. 2013年10月25日発売、ISBN 978-4-08-845119-0
    3. 2014年3月25日発売、ISBN 978-4-08-845187-9
    4. 2014年10月24日発売、ISBN 978-4-08-845245-6
    5. 2014年11月25日発売、ISBN 978-4-08-845307-1
    6. 2015年12月25日発売、ISBN 978-4-08-845505-1
    7. 2016年11月25日発売、ISBN 978-4-08-845676-8
    8. 2017年10月25日発売、ISBN 978-4-08-845843-4
    9. 2018年6月25日発売、ISBN 978-4-08-844060-6
  • 稚野鳥子 『リトル・クローバー』 集英社〈集英社文庫〉
    • 2014年10月17日発売、ISBN 978-4-08-619539-3

単行本同時収録[編集]

ストロベリー・タイム
『ぶーけ』1997年1月号掲載、『クローバー』1巻収録
「天国の花」番外編
SUGAR BABY
『Cookie』2004年12月号掲載、『クローバー』17巻収録

映画[編集]

クローバー
監督 古澤健
脚本 浅野妙子
原作 稚野鳥子
製作総指揮 平野隆
出演者 武井咲
大倉忠義
永山絢斗
夏菜
上地雄輔
音楽 山下康介
主題歌 関ジャニ∞CloveR
撮影 小宮山充
編集 李英美
制作会社 ファインエンターテイメント
製作会社 「クローバー」製作委員会
配給 東宝
公開 2014年11月1日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9.3億円[2]
テンプレートを表示

2014年11月1日公開された日本映画。主演は武井咲[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

封切り[編集]

全国298スクリーンで公開され、2014年11月1、2日の初日2日間で興収1億7056万1100円、動員14万6563人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第2位となった[4]

テレビ放送[編集]

2016年3月9日の26:08(3月10日2:08)に、TBSで地上波初放送された[5]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞デジタル (2014年3月13日). “武井咲:人気マンガ「クローバー」実写化で主演 ツンデレ上司に大倉忠義”. 2014年3月13日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報』2015年3月下旬 映画業界決算特別号、90頁。
  3. ^ 武井咲主演で「クローバー」映画化!関ジャニ大倉忠義とオフィスラブ”. 映画.com (2014年3月13日). 2017年10月14日閲覧。
  4. ^ 『エクスペンダブルズ3』が初登場1位!3か月半ぶりのトップ洋画に!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ (2014年11月5日). 2017年5月13日閲覧。
  5. ^ TVステーション」(ダイヤモンド社)関東版2016年5号 66頁