クローンサーン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

クローンサーン駅(クローンサーンえき、タイ語:สถานีรถไฟปากคลองสาน)は、かつてタイ王国バンコク都クローンサーン区に存在した、タイ国有鉄道メークローン線廃駅)である。

クローンサーン駅
ปากคลองสาน
Khlong San
所在地 タイの旗 タイ王国
バンコク都クローンサーン区
所属事業者 タイ国有鉄道
所属路線 メークローン線
キロ程 0km(クローンサーン起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1905年1月4日
廃止年月日 1961年1月1日

概要[編集]

クローンサーン駅は、かつてタイ王国バンコク都の現在では人口8万人が暮らすクローンサーン区にあった、タイ国有鉄道メークローン線廃駅)である。

バンコク都内の渋滞緩和策として1961年1月1日に、クローンサーン駅 - ウォンウィアン・ヤイ駅(1.9km)間が廃止された[1]。 廃止後もレールが取り外されることは無く、しばらくは車両をチャオプラヤー川を経由してマッカサン鉄道工場までの輸送の際使用された[2]。 現在当駅跡地は「クローンサーン夜市」となり、廃線跡地は「チャルーンラット通り」となっている。

歴史[編集]

1905年1月4日に民営ターチーン鉄道としてクローンサーン駅 - マハーチャイ駅が開業した[3]。その後1908年10月6日にメークローン鉄道と合併した。1926年2月12日にクローンサン駅- ワットサイ停車場が電化され[4]、その後電化区間はバーンボーン停車場まで延伸したが1955年に電化区間は廃止された。廃止理由は電気設備の故障による[5]

1942年-1945年の第二次世界大戦中には、私鉄のメークローン鉄道は、軍事管理化(国の指揮下)に入り戦後1946年5月8日国有化されタイ国鉄の駅となった。 1961年1月1日に、クローンサーン駅-ウォンウィエンヤイ駅間が廃止され、当駅も廃止した。

駅周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)p.223
  2. ^ 『タイ国鉄4000キロの旅』(渡邉乙弘著、文芸社、2013年)p.549
  3. ^ 『タイ国鉄4000キロの旅』(渡邉乙弘著、文芸社、2013年)p.548
  4. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)p.128
  5. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)p.222

参考文献[編集]

  • 『タイ鉄道旅行』(岡本和之著、めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 『魅惑のタイ鉄道』(杉本聖一著、玉川新聞社、2000年)ISBN 4-924882-29-1
  • 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』(柿崎一郎著、京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 『タイ国鉄4000キロの旅』(渡邉乙弘著、文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]