クローンタン駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クローンタン駅
Khlong Tan Railway Station 1.JPG
คลองตัน
Khlong Tan
アソーク (2.87km)
(1.29km) スクムウィット71
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
バンコク都
フワイクワーン区
駅番号 3009
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 二等駅
所属路線 東本線
キロ程 9.85km(クルンテープ駅起点)
電報略号 วท.
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1908年1月24日
テンプレートを表示

クローンタン駅(クローンタンえき、タイ語:สถานีรถไฟคลองตัน )は、タイ王国の首都バンコク都フワイクワーン区にある、タイ国有鉄道東線の駅である。

概要[編集]

クローンタン駅は、タイ王国の首都バンコク都の、人口約7万7千人が暮らすフワイクワーン区にある。

当駅付近にはエアポート・レール・リンクの駅は設置されていないが、車両基地が近くにある。

当駅から都心部北側をう回し、北本線バーンスー操車場との間にバイパス線を建設する計画が1930年代からあるが、実現していない[1]

1990年代には、ホープウェル計画[2]による東線の高架化工事が一部着工され、当駅構内でも高架橋の建設が開始されたが、1997年の同計画中止に伴い建設は中断された。高架橋の構造物は施工途中の状態のまま残存していたものの、エアポート・レール・リンクの建設に際してホープウェル計画の構造物は撤去され、新たな高架橋が建設されている[3]

歴史[編集]

1908年1月24日に、タイ国鉄東本線第一期工事区間クルンテープ駅(バンコク) - チャチューンサオ間が完成しそれに伴い当駅も開業した[4]

  • 1908年1月24日 【開業】クルンテープ駅 - チャチューンサオ駅 (60.99km)

駅構造[編集]

クローンタン駅構内

地平駅で、島式ホーム片面ホーム各1面を有していた[5]が、エアポート・レール・リンクの建設に伴い、施設の一部が撤去され、地平の本線に並行してエアポート・レール・リンクの高架橋が設けられている。

現在、プラットホームは1面1線の棒線駅だが、その西隣に交換設備が設けられており、早朝は多くの列車がここで離合する。

駅周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.147,p.256-p.257
  2. ^ 香港の建設会社・ホープウェル社が提案したBOT方式による高速道路建設・タイ国鉄都心部高架化計画(『鉄道ジャーナル』2005年5月号(No.463)p.117 及び『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.317-p.319)
  3. ^ "Removing 25 unusable Hopewell pillars to make way for the Airport Link", Prachachat Thurakij, November 18, 2004.
  4. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.49
  5. ^ 『鉄道ピクトリアル』2004年7月号(No.748)p.141 及び『鉄道ジャーナル』2005年5月号(No.463)p.121 掲載の構内の写真による。

参考文献[編集]

  • 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]