クンターン・トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クンターン・トンネル
อุโมงค์ขุนตาน
Khun Tan Tunnel
KhunTan Tunnel 05.jpg
クンターン・トンネルへの進入
概要
路線 北本線
位置 タイ王国の旗 タイ
ラムパーン県ラムプーン県
座標 北緯18度29分11.2秒
東経99度15分53秒
座標: 北緯18度29分11.2秒 東経99度15分53秒
現況 運用中
系統 タイ国有鉄道
運用
完成 1918年
通行対象 鉄道
技術情報
全長 1,362.10メートル (4,468.83 ft)
軌道数 1
軌間 狭軌メーターゲージ英語版
電化の有無 非電化
テンプレートを表示

クンターン・トンネル: อุโมงค์ขุนตาน: Khun Tan Tunnel)は、タイ王国にあるクンターン山脈英語版の下を貫く長大な鉄道トンネルである。 当トンネルは、タイ王国にある7つの鉄道トンネルの中で、最長のトンネルとなっている。

当トンネルは、首都バンコクからチエンマイまでを結ぶタイ国鉄北本線メータンノーイ駅英語版クンターン駅の間にあり、起点から681.57870および682.94080キロメートル[要出典]地点に位置する、延長1,362.10メートル (4,468.83 ft)のトンネルである[1]。 当トンネルは、ラムパーン県ラムプーン県の県境下を貫いている。

クンターン駅は、当トンネルの北端にあり、標高758メートルにある、タイ王国内での最標高の駅となっている[2]

歴史[編集]

クンターン山脈は歴史的に、チエンマイ王国シャム中央平野の間にある、恐るべき自然の障壁英語版であった。 山脈の南部にて、1907年よりクンターン・トンネルが建設された。 バンコクとチエンマイの都市間の移動の不便さを、当トンネルが解消している。 当トンネルが完成するまで、11年間掛かっている。 第一次世界大戦にてドイツの技術者が逮捕されたため、建設が中断している[3]

当トンネルは当初、標準軌対応として意図されていたため、狭軌メーターゲージ英語版)に改軌された後は、トンネル内に余分なスペースがある[4]

脚注[編集]

  1. ^ From a list of tunnel data provided by the Information Bureau of the State Railway of Thailand
  2. ^ อุโมงค์รถไฟถ้ำขุนตาน จากเว็บไซต์สำนักงานสรรพากรพื้นที่ลำพูน]
  3. ^ The White Bridge: Celebrating the 80th birthday of His Majesty King Bhumibol
  4. ^ Historical Thai Railroads/SRT News 2003-2006

関連項目[編集]