クンバカルナ (山)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
クンバカルナ、別名:ジャヌー
クンバカルナの北壁

クンバカルナ(クンバカルナ、英語: Kumbhakarnaネパール語:कुम्भकर्ण、リンブー語:Phoktanglungma)は、ジャヌー(Jannu)とも呼ばれ、ヒマラヤ山脈東端にある世界で32番目に高い山(標高7,710メートル)で、世界で3番目に高い山のカンチェンジュンガ山塊の西側に続いている。クンバカルナはそれ自体が大きく急峻な山であり、数多くの挑戦的な登山ルートがある。

名称[編集]

この山は山容が複雑で見上げると恐ろしげな形をしているので、インド叙事詩ラーマーヤナ」に登場する鬼神クンバカルナにちなんで名づけられていて、正式名称はクンバカルナであるが[1]、ジャヌーという呼び名でもよく知られている[2]シナ・チベット語族リンブー語では「肩のある山」(フォタンphoktangは肩を、ルンマlungmaは山を意味する)と呼ばれ、さらにキラティ民族(Kirati people)にとっては宗教上神聖な山である。

位置[編集]

クンバカルナ峰は、カンチェンジュンガ山塊のクンバカルナ群の最高峰であり(アダムズ・カーターH. Adams Carterの分類[3]を使用)、ネパールインドシッキム州)の国境にまたがり、クンバカルナ自体は完全にネパール内にあり、長い尾根でその東の国境上にあるカンチェンジュンガと尾根でつながっている 。

山容[編集]

クンバカルナは世界で32番目に高い山で、登山家の挑戦上では注目に値し、技術的な難しさ、複雑な構造、その垂直方向の起伏、そして頂上近くの特に急な登山の点などで、世界で最も難しい山の1つである。[4]特に北壁は、7,000mを超える高度で達成せねばならない、最も高度な技術を要する登山となってきた。

登頂史[編集]

クンバカルナ・ジャヌーは、1957年にギド・マニョン(Guido Magnone)が最初に偵察し、1959年にジャン・フランコ(Jean Franco)が率いるフランスのチームが初めて登頂を試みた。1962年に、フランスのアルピニスト、リオネル・テレイ(Lionel Terray)の率いるチームが登頂に成功し、頂上に到達したのはルネ・デメゾン(René Desmaison)以下シュルパを含む4名(4月27日)、続いて5名(4月28日)であった。[5][6][7] 彼らの登頂ルートは、山頂の南にあるヤマタニ氷河から始まり、王座(山頂の南にぶら下がっている氷河)として知られる大きな高地への遠回りのルートをたどり、南東の尾根を経由して山頂へ登った。

巨大で急峻な北壁(いわゆる「化け物の壁」)は、1976年に小西政継の率いる日本チームが、壁の左側から東の尾根に至るルートで初めて登頂に成功した。北壁の上部にある急なヘッドウォールは避けた(ニュージーランドのチームは前年北壁を登ったが、山頂には達しなかった)。スロベニアの登山家、トモ・チェセンは1989年に北壁のより直接的なルートで単独登頂に成功したと主張したが、この主張は登山コミュニティの多くは疑わしいと考えている。

2004年、前年の試みが失敗した後、アレクサンダー・オディンツォフ(Alexander Odintsov)が率いるロシアのチームは、ヘッドウォールを通る直接の北壁ルートを登るのに成功した。これには、ビッグウォール登山技術(Big wall climbing)の援助が、7500mを超える距離に持続的に必要であったが、大きな成果であったといえる。しかし、ロシア・チームが壁に大量の装備を残したことを知って登山コミュニティの一部は動揺し、そのようなルートでの適切なモダン・スタイルの登山は何かについての議論を引き起こた。[8]こうした論争にもかかわらず、ロシア・チームはこの登山成功でピオレドール賞を獲得した。

「ヒマラヤ・インデックス」[9]には、ジャンヌ登頂に12を活動がリストされていているが、そこにに記載されていないものもあるかもしれない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jan Kielkowski著「Kangchenjunga Himal & Kumbhakarna Himal: Monograph guide chronicle」(1999年)ISBN-13: 978-8386054114
  2. ^ ジャヌー(英語表記)Jannu(コトバンク)
  3. ^ H. Adams Carter, "Classification of the Himalaya", American Alpine Journal 59 (1985), pp. 109–141
  4. ^ 【登山】難易度ランキング!日本〜世界の山をランキングでご紹介!---世界の難易度の高い登山ランキング【8位】:ジャヌー登山(ネパール)【標高7710m】
  5. ^ Liz Hawley, Himalayan Database
  6. ^ Andy Fanshawe and Stephen Venables, Himalaya Alpine Style, Hodder and Stoughton, 1995.
  7. ^ High Asia: An Illustrated History of the 7000 Metre Peaks by Jill Neate, 0-89886-238-8
  8. ^ American Alpine Journal 79 (2005), pp. 56–63.
  9. ^ Himalaya Index

座標: 北緯27度40分58秒 東経88度02分45秒 / 北緯27.68278度 東経88.04583度 / 27.68278; 88.04583