クーパー・T40

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クーパー・T40
Cooper Bristol T40, Bj. 1955 (2011-08-13 Sp).JPG
カテゴリー F1
コンストラクター クーパー・カー・カンパニー
デザイナー イギリスの旗 オーウェン・マドック
オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム
先代 クーパー・T24
後継 クーパー・T43
主要諸元
シャシー 鋼管スペースフレーム
サスペンション(前) Cross extension / Double fork
サスペンション(後) Cross extension / Double fork
ホイールベース 2261 mm
エンジン ブリストル BS1 1,971 cc (120.3 cu in) 直列6気筒
トランスミッション 3速 + 後進1速
タイヤ ダンロップ
主要成績
チーム イギリスの旗 クーパー・カー・カンパニー
ドライバー 40. オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム
初戦 1955年イギリスグランプリ
出走優勝ポールFラップ
1000
テンプレートを表示

クーパー・T40 (Cooper T40) は、クーパーによって開発されたレーシングカー1955年F1世界選手権に投入された。オーウェン・マドックとジャック・ブラバムによって設計され、1955年イギリスグランプリに出場した。

歴史[編集]

T40は1955年イギリスグランプリにのみ出場した。ジャック・ブラバムがドライブし、予選は25番手、24番手のピーター・コリンズマセラティ)から14秒遅れであった[1]。決勝では最後尾から抜け出すことはできず、30周目にエンジントラブルでリタイアした[2]

T40はまた、ノンタイトル戦に3度出場している。クリスタル・パレス・サーキットで行われたロンドン・トロフィーではメカニカルトラブルのためスタートできなかった[3]。デイリー・レコード・トロフィーでブラバムは4位で完走した[4]。スネッタートンで行われたヴァンウォール・トロフィーはスターリング・モスと3位を争った[5]。結局ブラバムはこのレースも4位となった。ブラバムはオーストラリアグランプリを戦うためT40と共に帰国した。レースの後、彼は家族をイギリスに移住させるための資金を調達するためクーパーを売却した[6]

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション斜体ファステストラップ

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 ポイント 順位
1955年 クーパー・カー・カンパニー ブリストル BS1 L6 D ARG
アルゼンチンの旗
MON
モナコの旗
500
アメリカ合衆国の旗
BEL
ベルギーの旗
NED
オランダの旗
GBR
イギリスの旗
ITA
イタリアの旗
- -
ジャック・ブラバム Ret

参照[編集]

参考文献[編集]

  • (en) Brabham および Nye, The Jack Brabham Story, Saint Paul, Motorbooks International, 253 p. (ISBN 0-7603-1590-6 および 978-0-76031-590-3, OCLC 55773672, LCCN 2007297336) Document utilisé pour la rédaction de l’article