グアリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グアリコ
生息年代: 125 Ma
Gualicho.PNG
骨格図
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
階級なし : カルノサウルス類 Carnosauria
上科 : アロサウルス上科 Allosauroidea
: グアリコ Gualicho
学名
Gualicho
Apesteguía et al.2016

グアリコ (Gualicho)は獣脚類恐竜の一つ。模式種グアリコ・シンヤエ(Gualicho shinyae)である。グアリコは現在北パタゴニアである地域に生息していた。当時そこはゴンドワナ大陸の一部だった。化石はウインクル層(白亜紀後期セノマニアン期後期からチューロニアン期前期、約9300万年前前後)から知られる。

記載[編集]

復元図
ヒトとのサイズ比較

有名なティラノサウルスのように、グアリコは二本指の退化した前肢を持っていた。この事は、グアリコがカルノサウルス類であるという事を前提として、ティラノサウルス類やアベリサウルス類に起こった前肢の退化がカルノサウルス類においても同様に起こっていた事を意味する[1]

発見[編集]

2007年2月、フィールド自然史博物館のプレパレーター、新谷明子はエゼキエル・ラモス・メシア・ダムの西、ビオランテサイトで新種の獣脚類の骨格を発見した。2016年、その標本はマコヴィッキーらによって命名・記載された。属名はマプチェ神話やテュエルチェ文化における悪魔のような存在であるグアリチュを意味する。種小名は発見者、新谷への献名である[2]

ホロタイプ MPCN PV 0001 は、頭骨を欠く部分骨格で成る。それは四つの胴椎、三つの中部尾椎、肋骨、腹肋骨、左の肩甲骨、左前肢、右前腕、両方の恥骨の遠位端、右の大腿骨、左の大腿骨の遠位端、右の脛骨および腓骨の近位端、中足骨要素、三つの右足の末節骨で構成される。ほとんどの骨は発見された時、本来の解剖学的な位置のままだったが、大部分は風化によって破損していた[2]

グアリコは、胴椎の類似から同じくウインクル層のビオランテサイトから発見されたメガラプトラ、アオニラプトルのシノニムである事が示唆されている[3][4]。しかしながら、アオニラプトルは国際命名規約の要項を満たしていないため無効名である[5]

分類[編集]

D左の指骨
生体復元図

系統発生的にグアリコは、メガラプトラとネオヴェナトル類について二つの可能性を示唆する。一つはそれらがカルカロドントサウルス科である事。もう一つはそれらがカルノサウルス類よりもコエルロサウルス類に近縁である可能性である[2]

以下のクラドグラムは2016年のマコヴィッキーらによる分析に基づく[2]

アロサウルス上科 

メトリアカントサウルス科 Metriacanthosaurus.jpg


アロサウリア

アロサウルス科 Allosaurus Revised.jpg


カルカロドントサウリア

カルカロドントサウルス科 Giganotos Db.jpg


ネオヴェナトル類


デルタドロメウス Deltadromeus silhouette.svg



グアリコ Gualicho shinyae restoration.jpg





ネオヴェナトル Neovenator.png




キランタイサウルス Chilantaisaurus.jpg



メガラプトラ Australovenator.jpg








以下のクラドグラムは2018年のポルフィリらによって発見された12の最も節約的な系統樹の厳密な平均結果に従う [6]。また、結果は異なるが、方法論の分析は、2016年の Apesteguiaらの分析と実質的に同一である。その分析でサンプリングされなかった2つのメガラプトラ、トラタイェニアとムルスラプトルが組み込まれているという事のみが異なる[2]

鳥獣脚類

エオカルカリア



ネオヴェナトル



コンカヴェナトル



アクロカントサウルス



アロサウルス




シンラプトル



モノロフォサウルス





シャオキロン




カルカロドントサウルス




ティラノティタン




マプサウルス



ギガノトサウルス






コエルロサウルス類

グアリコ



キランタイサウルス


メガラプトラ

フクイラプトル


メガラプトル科

ムルスラプトル



トラタイェニア



メガラプトル



アエロステオン



アウストラロヴェナトル



オルコラプトル





ティラノラプトラ




参照[編集]

  1. ^ Davis, Nicola (2016年7月13日). “Meet Gualico shinyae, the puny armed distant relative of T-rex”. The Guardian. 2016年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e “An Unusual New Theropod with a Didactyl Manus from the Upper Cretaceous of Patagonia, Argentina”. PLOS One 11 (7): e0157793. (2016). Bibcode2016PLoSO..1157793A. doi:10.1371/journal.pone.0157793. PMC: 4943716. PMID 27410683. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4943716/. 
  3. ^ Is Gualicho Aoniraptor?”. The Theropod Database Blog (2016年7月13日). 2016年7月14日閲覧。
  4. ^ Nuovi resti di Aoniraptor? Ehm... Benvenuto Gualicho!”. Theropoda. 2016年7月14日閲覧。
  5. ^ Mortimer, Michael. “Is Gualicho Aoniraptor?”. The Theropod Database Blog. 6 November 2019閲覧。
  6. ^ Porfiri, Juan D.; Juárez Valieri, Rubén D.; Santos, Domenica D.D.; Lamanna, Matthew C. (March 2018). “A new megaraptoran theropod dinosaur from the Upper Cretaceous Bajo de la Carpa Formation of northwestern Patagonia”. Cretaceous Research 89: 302–319. doi:10.1016/j.cretres.2018.03.014.