グイド・ウバルド・アバティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
子供と聖人と聖母(1644)

グイドウ・バルド・アバティーニ1600年 - 1656年)は、バロック時代のイタリアの画家。主にローマとウシグニで活躍した。

経歴[編集]

グイドウ・バルド・アバティーニは、画家のジュゼッペ・チェザーリの弟子で、後にピエトロ・ダ・コルトーナのもとで働いた。彼は、頻繁にフレスコ画で描いた。彼は、チッタ・ディ・カステッロで生まれ、ローマで亡くなった。彼は、また、サンタ・マリア・デッラ・ヴィットーリア教会のサンタテレジアのコルナロ礼拝堂の天井を描いた。

参考文献[編集]

ウィキメディア・コモンズには、グイド・ウバルド・アバティーニに関するカテゴリがあります。