グェン・チョン・アイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

グェン・チョン・アインNguyên Trong Anh1935年- )はフランス化学者である。姓のNguyên(グエン)のフランス語読みは「ニュイエン」あるいは「ニューエン」に近い。パリ第11大学エコール・ポリテクニークの教授を務めた。またフランス国立科学研究センター(CNRS)の研究所長も務めた。元々は実験化学者であったが、その後は主に理論化学に注力し、有機化学と立体化学の機構に適用した。グェンはフェルキン-アーンのモデルでよく知られている。ウッドワード・ホフマン則に関する著作がある。

著書[編集]

  • Les règles de Woodward Hoffman, Paris: Édisciences 1970
    • Deutsche Übersetzung: Die Woodward-Hoffmann Regeln und ihre Anwendung, Verlag Chemie, Weinheim 1972
  • mit Robert Corriu: Molecular Chemistry of Sol-Gel Derived Nanomaterials, Wiley 2009
  • Frontier orbitals - a practical manual, Wiley 2007
  • Introduction à la chimie moléculaire, Ellipses 1998
  • mit Philippe Hiberty: Introduction à la Chimie Quantique, Ellipses 2008
  • La chimie : science des transformations, CERIMES 2000