グスタフ・アマン (技術者・著述者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

グスタフ・アマン(Gustav Amann、1882年? - 1950年)は、シーメンスの中国駐在社員として20世紀初頭中国に滞在した人物で1882年生まれとされるドイツ人エンジニアである。孫文や当時の中国の状況を記録した多くの著書で知られる。 『The Legacy of Sun Yatsen: A History of the Chinese Revolution』 をはじめ著書の多くは高山洋吉によって和訳書が刊行されている。

シーメンスAGに勤務、1911年から1919年まで中国漢口、その後北京上海広東でシーメンス社支局の支局長を務める。ジョン・ラーベとは同僚。 上海支社長の際、孫文へドイツ軍将校を顧問団の雇用を仲介。 1924年にも広東駐在のアマンを頼って、ドイツから軍事顧問団を招こうとしたが実現せず。 ドイツと中国の間の仲介の一環を担う。 なお、当時の蒋介石政権は、重工業政策を展開するべくドイツからの巨額の借款によって1936年から三か年計画を策定。シーメンス社は政権からプラント関連事業を受注している。 1950年に亡くなっている。

『The Legacy of Sun Yatsen: A History of the Chinese Revolution』 は1928年にベルリンドイツ語で出版され、その後英語で1929年に、北米で出版された。 著書には以下のものがある。

  • 現代支那史 第1-5 育生社、 1939-1940 高山洋吉
    • 現代支那史〈第1-5,別巻〉
    • 第1巻,三民主義ー孫文遺嘱(1939年)
    • 第2巻,五・丗-北伐時代(1940年)
    • 第3巻,蒋介石と国民党政府(1940年)
    • 第4巻,世界変局に立つ支那(1940年)
    • 第5巻,支那農民戦争(1940年)
  • Chiang Kaishek und die regierung der Kuomintang in China

(Geschichte Chinas in neuester Zeit, Bd. 2、K. Vowinckel, 1939, c1936

  • Bauernkrieg in China : Chiang Kaisheks Kampf gegen den Aufstand, 1932-1935 Kurt Vowinckel, 1939

参考

  • The Legacy of Sun Yatsen: A History of the Chinese Revolution(Gustav Amann、Frederick Philip Grove, 2007年)
  • ジョン・ラーベ著、エルヴィン・ヴィッケルト編/平野卿子訳、 『南京の真実』 (講談社、1997年)
  • 田嶋信雄『中国研究月報』(1998年4月号)

今日は何の日(12月11日

もっと見る

「グスタフ・アマン_(技術者・著述者)」のQ&A