グスタフ・エクマン (海洋学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
フレドリック・グスタフ・エクマン
Ekman, Gustaf (av Richard Bergh 1912).jpg
生誕 (1852-08-29) 1852年8月29日
死没 (1930-02-26) 1930年2月26日(満77歳没)
居住 スウェーデンの旗 スウェーデン
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
研究分野 海洋学化学
主な業績 国際海洋探査協議会 (ICES) の設立
プロジェクト:人物伝

フレドリック・グスタフ・エクマン(Fredrik Gustaf Ekman、1852年8月29日 - 1930年2月26日)はスウェーデン海洋学者化学者実業家。息子は海洋物理学者のヴァン・ヴァルフリート・エクマン

経歴[編集]

1852年に出生。1876年バルト海を観測で新生面をひらき、北海の調査ではニシン回遊が海況によって変わることを証明した。その後はオットー・ペテルソンと北海などの水質調査をした。

エクマンの同志らは、ときのスウェーデン国王に国際的な海洋探査の組織作りを申し出、国際海洋探査協議会 (International Council for the Exploration of the Sea) の基礎となる組織の設立に寄与した。

1930年に死去。

関連項目[編集]