グッと!地球便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
グッと!地球便
〜海の向こうの大切な人へ〜
ジャンル ドキュメンタリーバラエティ番組
構成 武輪真人
上室尚子
上地茂晴
演出 中地浩之(Dmark
出演者 山口智充DonDokoDon
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
チーフ・
プロデューサー
野瀬慎一(ytv)
プロデューサー 中埜勝之(ytv)
後藤ちあき(吉本興業
制作 吉本興業、Dmark
製作 読売テレビ(ytv)
放送
放送局読売テレビ他
映像形式16:9
音声形式解説放送(一部地域を除く)
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2008年4月6日 - 放送中
放送時間日曜日10:25 - 10:55
放送分30分
公式サイト

特記事項:
24時間テレビ「愛は地球を救う」放送時は休止。
テンプレートを表示

グッと!地球便 〜海の向こうの大切な人へ〜』(グッと!ちきゅうびん うみのむこうのたいせつなひとへ)は、読売テレビ2008年4月6日から毎週日曜日の10:25 - 10:55(JST)に放送されているドキュメンタリーバラエティ番組

概要[編集]

海外で暮らす日本人のために、日本の家族から海外の家族に最高の贈り物を届けようという内容。番組は『地球上ならどこへでも!』をキャッチコピーに、世界各国に取材陣を派遣、海外在住の日本人の生活ぶりや、その国の文化・風習も紹介する。題の「グッと!」は、この番組の総合司会である山口智充のあだ名「グッさん」から取ったもの。開始から9月28日までは10:55 - 11:25に放送されていたが、10月5日からは30分繰り上げられた。関西電力一社提供番組だが、番組ホームページなどを含め2020年5月現在提供クレジット表示はない。

毎回、司会の山口がオープニングで「さあ、今回はですね〇〇と〇〇を繋いで見たいと思います。行きましょう!」と言うが前の〇〇には日本の都道府県名が後ろの〇〇には海外の国名が入る。例えばその主役人が中国・上海で活躍していてその主役人の家族が大阪府茨木市に住んでいる時には「さあ、今回はですね大阪府茨木市中国・上海を繋いで見たいと思います」と言ってスタートする。この最初の句は毎回、回を追う毎に変わる。

空路は直行で行く回も有れば経由で行く回も有る。

レギュラー出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • ディレクター(海外ロケ):伊東文郎・中西常之(ゼットンゼット)、市井義彦(Command C)、浅田靖(かえるフィルム)、坂谷龍司・廣瀬拓万(ytv)、佐伯圭右(Dmark)、竹原岳志(パブリック・イメージ)、松原綾子(CoCoLo)、小高正裕(M’s)、堀一範(フロッグ)、橋本慈之(ディーレック
  • ナレーション:竹房敦司
  • 構成:上室尚子、上地茂晴、武輪真人
  • リサーチ:鎌塚百美(freed)、寺前富雄(Formulation
  • CAM(海外ロケ):西村友宏(ボスピクチャーズ)、澤井雅弘・西脇靖記(トラッド)、馬崎博資・西川寿男(ルデ・プラス)、亀崎清史(コンドル)、星智司・高橋勉・松本学(ytv Nextry)、杉村哲司(アークジャパン)、高岡慎一(遊写株式会社)、森田周作
  • 編集(海外ロケ):谷和彦(ytv)、越田ヤスヲ・平池武志・長野達行・千代秀樹・秋山進吾(ytv Nextry)、間宮英輔
  • MA:堀内孝太郎(ytv Nextry)
  • 音効:船富潤司(ytv Nextry)
  • 美術:野沢桃子(ytv)
  • デザイン:アサヒ精版
  • 協力:ytv Nextry(2011年1月まではEGGサウンドエフェクトと表記)、aex inc.(以前はCGと表記)
  • 国内ディレクター:広根結花(Dmark)
  • 編集:但馬晋二・国部泰治(ytv)、有賀聡(ytv Nextry)
  • CAM:大橋優・大矢晃平(ytv)、米沢和樹、園田清隆・奥村一彦・齋藤将光(mabu)、岡大輔、横田浩一、五十嵐剛
  • MIX:後藤敬介、正木良(ytv)、大杉凌平(mabu)、今堀晃行(ytv Nextry)、辰野雄一、小川要輔、濱田浩平
  • LD:奥嶋駿介(ytv)、岩佐崇史
  • AP:黒嶋多美子(ytv)、伊東芙美子(ロングテイル、2019年5月26日〜)
  • 宣伝:松山有紀(ytv、2019年11月10日〜)
  • デスク:竹久彩花(2020年11月29日〜)
  • 演出:中地浩之(Dmark)
  • プロデューサー:後藤ちあき(吉本興業、2020年8月9日~)、中埜勝之(ytv、2019年7月7日~)
  • チーフプロデューサー:野瀬慎一(ytv、2020年8月9日~)
  • 制作協力:吉本興業Dmark
  • 制作著作:読売テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • ディレクター(海外ロケ):垂見朋之(ドットオフィス)
  • TM:岳崎勉(ytv、以前は編集、2013年12月1日~2014年9月7日)、廣畑秀史(ytv、2014年9月14日〜2016年6月)
  • TD・CAM:坂口拓磨・坂口裕一・井ノ口鉱三(ytv)
  • CAM(国内):浦上茂樹・大中一・野口忠繁(ytv)、大徳隆一、小松裕太・篠原祐典(mabu)、加藤裕規(関西東通)、小塩友英(ytv Nextry)、佐々木健太、脇坂祐司(脇坂→トラッシュ)、柿内孝文、竹中哲、岸賢俊、小野寺真晴
  • CAM(海外ロケ):福田禎之(トラッド)、田中哲哉(View)、大林祐(ライズ・アップ)、永澤英人(アークジャパン)、名木政憲(ytv Nextry)、山本和良(遊写株式会社)、篠原祐典(mabu)、藤原祐司(関西東通)
  • MIX:田口護・狩野健司・石川尭洋・藤本博樹・鈴木直人・四方武範(ytv)、福元裕美・高橋裕也・三宅凌平・廣田春菜(mabu)、景川慶三、樫山典寿、竹内義紘、小泉大輔、廉林賢二、河喜多正悟
  • LD:浜野眞治・堂免高志(ytv)、和田雅昭、橋本彩加、西結麻
  • 編集(国内):浅地裕夫・笹岡真丈・小林祥士・西村聡(ytv)
  • 編集(海外ロケ):水田年昭(ytv Nextry)
  • 美術:伊藤大樹・藤本美歩(ytv)
  • 番組ロゴ/デザイン:仲里カズヒロ(studio-pool.com)
  • 協力:アークジャパン、教映社
  • 広報→宣伝:稲葉一隆・松井信博・熊谷有里子(熊谷→一時離脱►2013年7月より復帰し2018年6月24日まで担当)・奥美知江(2018年7月8日〜2019年11月3日)(ytv)
  • ディレクター:高柳康・遠藤慎也・清水誠(ytv)、寿木要(BECK)、光岡麦(Dmark)
  • プロデューサー:柴垣早智子、松村紘明、小林真末子、中澤晋弥、植田隆志、富永衣里子、小林めい(よしもとクリエイティブ・エージェンシー、小林→2019年4月14日〜8月18日)、車谷尚彦(吉本興業、2019年9月1日〜2020年8月2日)、横田和光(Dmark、2008年4月6日〜2019年5月19日)、山崎愛子(ytv、2018年1月28日〜2019年6月30日)
  • 演出・プロデューサー:太田匡隆(ytv、2008年4月6日〜2016年7月17日まで)
  • 総合演出:山口剛正(ytv、2016年7月31日〜2018年1月21日)
  • チーフプロデューサー:竹内伸治(ytv、2008年6月29日までと2009年4月5日~6月28日まではチーフプロデューサー、2008年7月6日~2009年3月29日までは制作)、吉川秀和(ytv、2009年7月5日〜2012年1月15日までと2015年7月12日〜2017年12月24日)、鈴木和成(ytv、2012年1月22日~7月22日)、阿部裕一(ytv、2012年7月29日~2014年7月20日)、妹尾和己(ytv、2014年7月27日~2015年7月5日)、竹綱裕博(ytv、2018年1月7日~2019年9月29日)、新宅淳(ytv、2019年10月6日〜2020年8月2日)

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 日本テレビ系列 日曜 10:25 - 10:55 制作局
宮城県 ミヤギテレビ(MMT) 木曜 10:25 - 10:55 遅れネット
群馬県 群馬テレビ(GTV) 独立局 日曜 12:00 - 12:30
神奈川県 テレビ神奈川(tvk) 月曜 19:00 - 19:30
長野県 テレビ信州(TSB) 日本テレビ系列 日曜 12:55 - 13:30
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) 日曜 13:00 - 13:30
富山県 北日本放送(KNB) 火曜 15:55 - 16:23[1]
高知県 高知放送(RKC) 日曜 16:55 - 17:25
福岡県 福岡放送(FBS) 金曜 10:25 - 10:55
長崎県 長崎国際テレビ(NIB) 木曜 10:55 - 11:25
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
火曜 9:55 - 10:25[2]
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列 日曜 13:00 - 13:30
沖縄県 琉球放送(RBC) TBS系列 金曜 14:55 - 15:25

過去のネット局[編集]

不定期ネット局[編集]

  • 広島テレビ(HTV、2009年4月 - 2010年3月の間に同時ネット・字幕放送を実施していた。一時中断後、2014年7月以降断続的に30分枠の穴埋めとして放送しているが、字幕放送を実施していない他、不定期放送のためスタッフロールと次回予告をカットして、独自のエンドカードを出している)
  • 中京テレビ(2021年4月- スペシャル版を2週に渡って放送予定。前番組の穴埋め)

主題歌[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013年4月2日から2013年3月3日放送分よりネット開始。
  2. ^ 2014年2月8日(土曜)7:30 - 8:00には、ソチオリンピック中継のため通常より30分早く終了した『ズームイン!!サタデー』と、8:00から放送の『ボクらの時代』との繋ぎとして放送された。
  3. ^ 2016年9月までは日曜 10:55 - 11:25で放送されていた。2016年10月2日から『誰だって波瀾爆笑』の放送時間が9:55 - 11:25になったため現在の時間に変更。
  4. ^ 2017年10月3日から同時間帯。スタート当初の同17年1月17日 - 9月26日は火曜 19:00 - 19:30
  5. ^ 2008年北京オリンピック陸上・女子マラソン(2008年8月17日)が該当。
読売テレビ 日曜日10:55 - 11:25枠
前番組 番組名 次番組
グッと!地球便
読売テレビ 日曜日10:25 - 10:55枠
グッと!地球便
------