グッとラック!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
グッとラック!
ジャンル 帯番組 / 情報ワイドショー番組
演出 太田淳一(総合演出)
出演者 立川志らく
国山ハセンTBSアナウンサー
田村淳ロンドンブーツ1号2号
伊沢拓司
若林有子(TBSアナウンサー)
根本美緒気象予報士
オープニング 倖田來未I’m Lovin’
エンディング 同上
製作
チーフ・
プロデューサー
正木敦
プロデューサー 黄地久美子
大山達俊、朝倉靖晶(番組P)
山根孝之(MP)
制作 TBSテレビ
放送
映像形式リアルタイム字幕放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2019年9月30日 - 2021年3月26日
放送時間月 - 金曜日
8:00 - 9:55
放送枠TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分115分
公式サイト
テンプレートを表示

グッとラック!』(: GUTTO-LUCK!)は、TBS系列2019年9月30日から2021年3月26日まで毎週月曜日 - 金曜日の8:00 - 9:55(JST)に生放送されていた帯番組情報ワイドショー番組である。

概要[編集]

視聴率低迷により2019年9月27日で終了した『ビビット』の後継番組。

メインMCは落語家の立川志らくと、2019年9月まで『Nスタ』や『アッコにおまかせ!』などに出演していた国山ハセン(TBSテレビアナウンサー)が担当し、2019年にTBSテレビに入社した新人アナウンサーの若林有子がアシスタントとして脇を固める[1][2]

志らくが当番組のMCに起用されたのは、コメンテーターを務める『ひるおび!』「午前」(10:25 - 11:55、実際には11:30まで出演)での発言が注目されたことによる。志らくは、当番組の開始後も、『ひるおび!』の「午前」への出演を継続。このため、当番組と合わせて3時間半(金曜日は2020年9月まで3時間)にわたって登場している。

芸能人・コメンテーターに関しては基本的に呼び捨てで放送している。過去の『モーニングEye』『はなまるマーケット』などと大きく異なっている。またTBSスパークル(旧称・TBSビジョン・TBS-V、TBS映画社)が曜日担当で『いっぷく!』以降、制作に関わっている。

TBSテレビでは当番組の開始を機に、月 - 木曜日の9:55 - 10:25に関東ローカルで放送していた『おびゴハン!』を終了させたため、金曜以外の曜日では当番組を10:25まで放送[注釈 1]したことで、制作局のTBSテレビでは4:00 - 19:00までの15時間がすべて生放送番組となる[注釈 2]。ただし、月 - 木曜第2部(9:55 - 10:25)は関東ローカルとなっている[注釈 3]。なお、ビデオリサーチの調査等では9:55までの旧『ビビット』枠を第1部、それ以降の旧『おびゴハン!』枠を第2部としている[3]。なお、月 - 木曜日の第1部ならびに金曜日の全編はDスタジオ、月 - 木曜日の第2部のみFスタジオを使用[注釈 4]。また、月 - 木曜日のコメンテーターは、第2部に出演しなかった。ただし、第1週(2019年9月30日から4日間)の第2部では、Dスタジオに待機している『ひるおび!』の出演者を交えてのクロストークをエンディングで放送していた。

2020年に入ってからは、3月最終週・4月第1週(3月30日 - 4月3日)と7月第1・2週(1 - 10日)を「スペシャルウィーク」に設定。期間中は、田村淳橋下徹などの「スペシャルゲスト」を日替わりで迎えていた[4]。10月改編(9月28日放送分)から、月 - 金曜日を通じて出演する「メインコメンテーター」に田村[注釈 5]、曜日別の新コメンテーターに橋下(月曜)、福田麻貴(3時のヒロイン)(火曜)[注釈 6]フワちゃん(金曜)を起用[5]。これを機に、月曜日には「社会問題と向き合う月曜日」と銘打って政治・社会問題、金曜日には「エンタメの金曜日」として芸能・エンタテイメント関連の話題を中心に扱うなど[注釈 7]、曜日ごとの個性の違いを前面に打ち出している。また、TBSテレビが関東地区で同日から『Let's!美バディ』(月 - 木曜日の9:55 - 10:25に放送される健康情報番組)を開始するため、当番組の放送時間が全曜日を通じて8:00 - 9:55に統一。この改編に伴って、月 - 木曜日の2部制を廃止するほか、当該曜日に9:55で飛び降り(放送を終了し)ていたネット局も全曜日フルネットに切り替えた。

番組終了へ[編集]

しかし、上記のリニューアル以降も視聴率が好転しなかったことに加えて、リニューアル前からのレギュラー出演者の降板をめぐって騒動となり(後述)、TBSテレビでは2021年3月で当番組を終了することを、2020年内に決定した[6][注釈 8]。だが、TBSテレビはこうした報道が出た後もこのことを公にして来なかったが、2021年1月29日放送のエンディングコーナー「志らく一段らく」において、志らく自らが同年3月いっぱいで番組が終了することを明らかにし[7]、TBSテレビの広報担当者もそれを認めた。同月26日の放送が最終回となった。

2021年4月改編(3月29日)からは、平日8 - 9時台の全国ネット向け生放送番組の制作を、当番組まで主導していた情報制作局に代わってコンテンツ制作局のバラエティ班(主に『ジョブチューン』の制作陣)が担当。川島明麒麟)をMC、若林の先輩アナウンサー・田村真子を川島のパートナーに迎えて、『ラヴィット!』と題した情報バラエティ番組を放送している[8]。『ラヴィット!』では、『ビビット』以来のワイドショー路線から一転して、以前の当該時間帯の生活情報番組(『はなまるマーケット』・『いっぷく!』)や『王様のブランチ』(TBSと一部の系列局で土曜日に生放送)のようにグルメ・エンタテイメント・ファッションなどを中心に扱っている。チーフプロデューサーを務める小林弘典も、「(緊急の場合や異常気象が見込まれる場合を除いて本編では)ニュースを一切扱わず、ワイドショーのような番組にもしない」という姿勢を表明している[8][9][注釈 9][注釈 10]。なお、当番組からはギャル曽根(木曜コーナーレギュラー、VTR出演)のみが継続して『ラヴィット!』に出演する一方、橋下(月曜)・3時のヒロイン(火曜)は『ラヴィット!』と同日に開始する裏番組の『めざまし8』(フジテレビ)へ移籍する[10]。また、上地雄輔(金曜)は、志らくもコメンテーターを務めている『ひるおび!』の金曜「午後」のコメンテーターに異動となった。その他の番組終了時点での出演者のうち、若林は2021年4月期から『はやドキ!』(月曜日・水曜日のみ出演)や『JNNニュース(日曜日の昼版)』・『Nスタ(日曜版)』へ、国山は同年8月30日から『NEWS23』へ各々異動になった[11]

視聴率[編集]

月 - 木曜日第1部ならびに金曜日(番組全体)については開始当初は1 - 2%台で推移(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム[12][13]

2020年4月16日放送分で4.1%を記録、以後4%台を記録することもあった[14][15]

出演者[編集]

出演者(2020年12月14日 - 最終回)[編集]

月曜日
『社会問題に向き合う月曜日』
火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
『エンタメの金曜日』
メインキャスター(メインMC・グッとラック!MC)
立川志らく
国山ハセン(TBSアナウンサー)
メインコメンテーター
田村淳ロンドンブーツ1号2号[注釈 11]
サブキャスター(アシスタント)
若林有子[注釈 12](TBSアナウンサー)
コメンテーター(曜日レギュラー)
橋下徹[注釈 11]
神田愛花[注釈 13]
3時のヒロイン[注釈 14]
(福田麻貴・ゆめっち・かなで)
望月優大[注釈 15][注釈 16]
週替わりゲスト1名
井上裕介
NON STYLE[注釈 17]
西村博之[注釈 18][注釈 19]
星野真里[注釈 20][注釈 21]
高橋知典[注釈 22]
井上裕介
(NON STYLE)[注釈 17]
伊沢拓司[注釈 23]
木嶋真優[注釈 18][注釈 24]
高橋知典[注釈 22]
アンミカ[注釈 20]
上地雄輔[注釈 13][注釈 19]
フワちゃん[注釈 25]
コーナーレギュラー  
ギャル曽根[注釈 26][注釈 27]
一日一問!グッと身につく教養クイズ
伊沢拓司[注釈 23]
現地リポート
上路雪江、岩永優樹
天気予報  
根本美緒(気象予報士)、はれらいおん

備考[編集]

  • 上路、岩永は、前番組の『ビビット!』でもリポーターを務めていた。
  • 根本は、前々番組の『いっぷく!』でも天気予報を担当していた。
  • 水曜コメンテーターの西村は、パリの自宅からリモートでの出演。
  • 水曜コメンテーターの星野は、高野貴裕(番組開始から2020年9月24日放送分まで「芸能デスク」として出演していたTBSテレビアナウンサー)の妻でもある。
  • 2020年8月4日、5日の放送は、志らくがPCR検査を受けた[注釈 28]ことに伴い欠席[17]。6日、7日の放送は、リモート出演[18]

過去の出演者[編集]

過去のコメンテーター[編集]

過去のコーナーレギュラー[編集]

  • せやろがいおじさん(金曜日「せやろがいおじさんの今週はどうしてもコレが言いたい!」番組開始 - 2020年9月25日)[注釈 35]
  • 高野貴裕(TBSテレビアナウンサー、第2部「グッと芸能界!」番組開始 - 2020年9月24日)
  • 山崎ケイ相席スタート、木曜日「ファッション迷子にならない為のアラフォー!グッとコーデ!」2020年10月1日 - 2020年11月5日)

コーナー[編集]

現在(2020年12月14日時点)[編集]

  • きょうの関心事:公式サイト上の表記で、最新のニュースから2 - 3項目を、スタジオ解説や生中継・VTRリポートを交えながら紹介。出演者同士での議論に発展することもある。
  • 生コマーシャル:8:30 - 8:50頃の間に放送。当番組では2019年10月7日からスタート(初週の9月29日から10月4日は休止)。提供スポンサーのライオンのCMを役者が担当する。これは『モーニングジャンボ奥さま8時半です』時代から続いている。しかし、2020年10月現在はコマーシャルと銘打ちながらも事前収録した完パケ素材を放送している。
  • 日替わりコーナー:9:00 - 9:35頃に放送。
    • 月曜日:橋下VS(バーサス)
      • 橋下が持論を展開する社会問題や政策を毎週1つ取り上げ、橋下とは反対の意見を持つ識者をゲストに迎え、お互いの意見を述べながら生討論をするコーナー。
    • 火曜日:9時すぎのヒロイン!衝撃ニュースラック!
      • 世界各地から届いた「ちょっと笑える」衝撃ニュース映像を3時のヒロインが紹介するコーナー。コーナー開始当初(2020年10月)は「9時すぎのヒロイン!おもしろニュースラック」として放送していたが、同年11月から現タイトルに変更。
    • 水曜日:使ってみたらグッときた!私のイチオシ商品
      • 水曜コメンテーターの星野が街行く人に話を聞き、その人が使ってみて良かったキッチングッズや掃除グッズなどの良い点を調査し紹介するコーナー。元は10月改編前に放送されていたコーナーで、新型コロナウイルス感染症の流行以降、きょうの関心事等の放送時間が拡大したことにより末期の時点では放送されず、改編を機に一時終了。その後、12月14日からの一部リニューアルを機に、12月16日から復活。
    • 木曜日:今日のお昼にやってみて!ギャル曽根 アレンジランチ!
      • ギャル曽根が昼食に使う食材などにアレンジを加えたレシピを紹介するコーナー。献立に悩む依頼者の冷蔵庫(の中身を再現したもの)の具材や調味料を用いて、レシピを提案する。以前は、毎回、スタッフからお題となる食材が指令され、それを元にギャル曽根がレシピを数品考案し、伝授するというものであった。2020年9月30日から12月9日は水曜日に放送されていたが、12月14日からの一部リニューアルにより、12月17日からは木曜日に放送。
    • 金曜日:グッと芸能界!(金曜時代)
      • 1週間の芸能ニュースをまとめて伝える。放送形式は第2部放送時代とは大きく異なる。1週間に報じられた芸能情報の中で視聴者の関心度が高かった話題をランキング形式で紹介する「グッとエンタメ気になるランキング!」と毎回、注目の人物やグループにインタビューを行う「今週のスポットライト」で構成される。TBSで放送される連続ドラマや週末に公開される映画のキャストが生出演する際は、映画プレゼンターの赤ペン瀧川がそのドラマや映画の見所を3分間でプレゼンするのが恒例となっている(火曜ドラマが放送される火曜日も同様)。ドラマ出演者に限らず、スタジオにゲストが生出演する場合は前述の内容に加え、金曜コメンテーターのフワちゃんが、ゲストに対する第一印象を語る「フワッツ!?インプレッション!」も放送されている。特別企画として週末に放送された、「キングオブコント」、「M-1グランプリ」などの優勝者が、週明けの月曜日にスタジオ緊急生出演し、漫才を生披露することもある。
  • グッと天気!:9:35頃 - 9:40頃に放送。
    • 根本がメインで担当する天気予報で、視聴者が公式サイトを通じて投稿した「天気にまつわる1枚の写真」も紹介する。2020年9月28日放送分からは、マスコットキャラクターのはれらいおんが登場し、根本と共に天気情報を伝える。また、一日の体調を整える上でのワンポイントアドバイスも紹介する。2020年3月までは9:35頃 - 9:40頃に、2020年4月から9月までは月曜から木曜は9:55 - 10:00頃、金曜は9:35頃 - 9:40頃に放送していた。
  • 最新ニュースラック!:9:40頃 - 9:45頃に放送。
    • 若林(休演日にはアシスタントMC代理のアナウンサー)が最新のニュースをストレートニュース形式で数項目伝える。このコーナーでもテロップは当番組本編で使用しているものと同じものを使用してはいるが、JNN系列の地方局からのニュースの場合は、発信元の系列局で付けられた定時の『JNNニュース』や『はやドキ!』『ひるおび!・午後』『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBCテレビ制作)『新・情報7DAYS ニュースキャスター』のニュースコーナーで使用しているものと同じデザインのテロップを使用している。
  • 一日一問!グッと身につく教養クイズ:9:45頃 - 9:53頃に放送。
    • 木曜コメンテーターの伊沢が出題者となり、小・中学校で学習した内容の中からためになる問題を毎日出題。視聴者はテレビ画面に表示されたQRコードを読み取り、番組の公式LINEアカウントを友だち追加するとトーク欄にあるクイズの項目から回答することができる。得点は正解で5ポイント、不正解で3ポイントとなる(翌週にはリセットされる)。計15ポイント獲得すると、トーク欄に当該の週に提供されるプレゼントへの応募フォーム(応募のキーワードリンク)が表示され、そこから応募することができる。クイズ後は視聴者が写真に残したくなるようなクイズに関連した教養を紹介する。
  • 月曜・木曜日:エンディングトーク:9:53頃 - 9:55頃に放送。
    • トークが一段落したところでスタッフロールが流れて放送を終了。放送日によっては、志らくが当日出題の「教養クイズ」にちなんだ豆知識を、「志らく一段らくミニ」(後述する「志らく一段らく」からの派生企画)として披露することもある[19][20]

月曜日については、2021年2月以降は5分ほど時間を取りその日の番組で取り上げなかった社会問題・政治に関するニュースを短く紹介し、橋下などにコメントを求める場合がある。 木曜日については、伊沢がその日の教養クイズにまつわる追加教養を生で紹介する。

  • 火曜・水曜・金曜日:志らく一段らく:9:53頃 - 9:55頃に放送。
    • 志らくがスタジオ中央に立ったまま、火曜日・水曜日はニュース総括、金曜日はエンタテイメント(主に「いま聴きたい名曲」と題し昭和のヒット曲を紹介することが多い)に関する話題を一人語りで紹介するコーナー[21]。およそ2分間にわたって語った後で、スタッフロールが流れて放送を終了する。
    • 番組開始から2020年10月改編までは、月 - 金曜日に「志らく一段らく〜ニュース総まとめ」として毎日放送。エンタテイメント以外のジャンルの話題を主に取り上げていたほか、大半のネット局がこのコーナーで放送を終了していた(詳細後述)。

過去[編集]

2020年11月5日を最後に小林麻耶が突如番組を降板した為放送終了
  • 木曜日:ファッション迷子にならない為のアラフォー!グッとコーデ!
    • 小林が進行。ファッションに悩みがちの40代の女性を変身させる視聴者参加型コーナー。2020年10月から2020年11月5日まで放送。
2020年秋改編で終了
  • 曜日別コーナー:9:10 - 9:35頃に放送。末期は9時台に特集(関心事等)が組まれる関係で、月曜から木曜はほぼ放送されていなかった。
    • 月曜日:今週誰かに話したい! グッと新常識!
    • 火曜日:スペシャリストがオススメの5つを大発表! グッと5(ファイブ)!
    • 木曜日:驚きのアイデアが続々! 今週のグッと急上昇
    • 金曜日:せやろがいおじさんの今週はどうしてもコレが言いたい!
  • 視聴者参加企画(公式サイトで取材希望者を募集していたロケ企画):前番組の『ビビット!』とは異なるフォーマットで放送
    • 水曜日:『あなたの家の表彰状 見せて下さい!』
      • 視聴者の自宅や実家にある「表彰状」と、その表彰状にまつわる人生ドラマを紹介する。
    • 金曜日:『解決!あなたのお宅のデッドスペース!』
      • 「テレビの後ろ」や「家具と壁の間」など、有効に活用できていない自宅内のスペース(デッドスペース)を、DIYに長けたYoutuber、バンディ(番組中ではチャンネル名の「ばんのけ」名義)が有効に活用できる「グッドスペース」に変身させる企画。取材を希望する視聴者には、投稿フォームから応募する際の条件として、デッドスペースを撮影した画像(最大容量500メガバイト)のアップロードを求めていた。
  • 志らく一段らく〜ニュース総まとめ:9:50頃 - 9:52頃に放送。
    • 筑紫哲也 NEWS23』の「多事争論」のようなコーナーで、その日の番組で取り上げた話題から一つピックアップして志らくが約2分語る。
    • 月 - 木曜日は最後に志らくが「続いてはこちらをお楽しみください、今日もご覧いただきありがとうございました」という挨拶し、スタジオ出演陣とともに一礼。TBSテレビ・中国放送(月曜のみフルネット)以外の局ではこのコーナーを持って飛び降りとなり、製作著作などの字幕が表示されない。金曜日はそのままエンディングに入り、この日だけスタッフロールが全国向けに流れる。なお、月 - 木曜日の場合、TBSテレビではこのコーナーが終了した後「グッと芸能界!」コーナーの予告映像を関東ローカルで流していた。
    • 2020年2月17日(月曜日)には、国山の冠コーナー「ハセン一段らく」として放送。前週の金曜日(同月14日)に、国山が4歳年下の会社員と結婚したことを自ら報告した[22]
    • 2020年秋改編の番組リニューアルからは、火・水・金曜日のみの放送となりコーナータイトルを一部変更して放送。
TBSテレビ・中国放送(月曜日のみフルネット)では、月曜 - 木曜第2部に以下のコーナーを放送していた。
  • グッと芸能界!(第2部時代)
    • 第2部放送時代は、高野がその日のエンタメニュースをまとめて伝え、志らくや出演者がフリートークしていく芸能情報コーナーで10:00頃 - 10:10頃と10:17頃 - 10:25に、Fスタジオに建てられた志らくの楽屋[注釈 36]を模したセットから放送していた。志らく・国山・若林がコメントをはさむ。このコーナーからネットを開始する局はないが、コーナーの冒頭にはテーマソングを改めて流すとともに、上記の4人が揃って挨拶した。また、番宣でゲストが登場する日があり、その際に『はなまるマーケット』時代にあった「おめざ」に近い形式でゲストが手土産を楽屋に持ってくるのが恒例になっていた。
  • 納得!買い得!グッとラック!キニナルマーケット
    • 10:10頃 - 10:17頃に7分間放送されるテレビショッピングコーナーで、『おびゴハン!』内のコーナーだった「買い運!おびマルシェ」を事実上継承。村上知子森三中)が単独でMC、板倉俊之インパルス)が「ウガッティー」(村上のパートナーとして登場するオリジナルキャラクター)の声優として出演するほか、本編のMC陣から国山と若林も参加する[23]。第2部廃止(2020年9月28日)以降は同時間帯の後継番組『Let's!美バディ』内の1コーナー扱いで継続。

ネット局と放送時間[編集]

  • 〇…同時ネット
  • ×…非ネット
『グッとラック!』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送開始日 放送時間 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2019年9月30日 - 月曜 - 金曜
8:00 - 9:55
制作局
北海道 北海道放送(HBC)
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC) [注釈 37]
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC) [注釈 38]
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

番組休止・時間変更など[編集]

  • 2019年12月27日:「年末SP」として、金曜日ではあるが臨時に月 - 木曜日と同様の2部制を取り、TBSテレビ・青森テレビ・テレビユー福島・中国放送・RKB毎日放送のみ10:25まで拡大版を放送(その他のネット局は9:55で飛び降り)。
  • 2019年12月30日 - 2020年1月3日:年末年始特別編成のため、全編休止。
  • 2020年9月21日:9:55 - 10:50に『博多華丸・大吉のピンチで生き残る"知恵セブン"2』(RKB毎日放送制作)を放送のため、第2部を休止(第1部は通常通り、『キニナルマーケット』は10:50 - 11:00に単独番組扱いで放送)。
  • 2020年12月28日 - 2021年1月1日:年末年始特別編成のため、全編休止。
  • 当番組放送期間中は、唯一「マスターズゴルフ」による時間短縮等は一度も行われなかった[24][注釈 39]

スタッフ[編集]

  • 構成:
    • (月〜金):中野俊成武田郁之輔、鹿谷忠浩(弘)、水野圭祐(水野→2020年9月28日-)、江藤美明(江藤→2020年11月-)
    • (月):石津聡、八木たかお(毎週)
    • (火):羽田正樹、キタノケエスケ
    • (水):村城大輔、望月佐一郎(望月→以前は木曜担当)
    • (木):高倉俊祐、久保田将貴(久保田→2020年10月1日-)
    • (金):布広太一、佐藤奈央(佐藤→以前は火曜担当)
  • ナレーター:江原正士進藤尚美(月・火)、服部潤(月・木)、広中雅志(火・水)、松嶌杏実(火・木)、富岡佑介(火)、市川展丈祖山桃子(水〜金)、江森浩子(金)
  • TM:山下直
  • TD:郷(饗)庭慶子、斎(斉)藤美由紀、井上久徳、依田純、橋場照幸【日替り】
  • カメラ:山本竜也、廣岡達之、徳武正裕、柳田智明、高橋昂太郎、喜友名邦弘、渡邊紘也【日替り】
  • TD/カメラ:梶谷美穂(保)、水崎雄太、大蔵聡、宮下政人【日替り】
  • VE:生田史織、佐藤希美、森竜二、吉田崇、吉田悦記、木野内洋、對間敏文、岩佐博、宮本民雄、久保澤知史、吉田崇、柿崎祐人、三上茉梨、愛川楓丈、平子(金子)勝隆、三島拓哉、深澤愛梨【日替り】
  • 音声:小岩英(秀)樹、藤井勝彦、藤井忍、伊藤璃子、斉藤宏司、清宮拓、宮田佳奈子、宇野仁美、吉田洸、和田良介、平川圭史、深田瑠美子、松浦絵理【日替り】
  • 照明:公文大輔(介)、渋谷康治、矢作和彦、今井尚人、山本和宏、上村和重、遠藤和俊、佐々木秀仁、富井泰良、高木亘【日替り】
  • 美術プロデューサー:岡嶋正浩
  • 美術デザイナー:太田卓志、平本健太
  • 美術制作:鈴木直美、水落沙羅
  • 装置:佐藤恵美
  • 操作:篠原丈裕、杉山涼太(杉山→不定期)
  • メカシステム:庄子泰広
  • 電飾:大平絵里子、田谷尚教
  • 装飾:川原栄一
  • アクリル装飾:渡邊卓也
  • 植木装飾:藤田国康
  • メイク:アーツ
  • CG:大隈商店、赤坂グラフィックスアート
  • イラスト:榎本よしたか、雑賀建郎
  • 効果:山川史男(月)、阿部宰(火)、吉川裕也(水、以前は金曜のみ)、高橋秀治(木)、小山竜一(金、以前は水曜のみ)
  • TK:三浦涼子(月・火・不定期/水・金)、窪田賢子(1曜日)、木村エリカ(木)、後藤リカ・立石聖美・桑島晴美(共に不定期)
  • 協力:TBS SPARKLE、久世烈(日音)、東京オフラインセンター、OMNIBUS JAPAN
  • 編成:矢野大亮、三浦萌(三浦→2020年9月28日-、以前はディレクター)
  • 宣伝企画:林遼二(林→以前は宣伝担当)、鈴木慎治、奥山由子(鈴木・奥山→共に2020年9月28日-)
  • デスク:渋沢佳代子
  • スタジオ:杉浦翔太、小林篤弥、枝廣実沙
  • AP:吉田沙織、志賀裕子、宮永芽衣(宮永→以前は水曜AD)
  • AD:井村祥太、平野大志(共に月〜金)、土山義貴、増田眞太郎、鈴木駿(月〜木)、近藤祐希、清水真紀子、関美由香(火・木)、佐久間結花(香)(火〜木)、石川一正、小松裕哉(火・金)、渡邊美響、高草木青葉(月・不定期/水)、長妻凛、庵坂裕加、青山礼、鳥越幹稀、小山武義、中塚智也(月)、磯村蓮、垣沼麻衣、大和田祐人、青木沙代、金濱恒太(火・毎週)、布施木美佳、遠洞和(火)、酒井将司、菅原実夏、杉浦大河、森本侑希、游育慈、井上美幸、西田詠一、祐源茂樹(水)、安部和貴、上ノ薗はるか、矢野敦士、松井佑樹、小野崎優太、山口宗一郎(木)、伏見祐希、阿部晃大、塩賀智紀、松本莉緒、稲田優、金山優希、河本彩希、石綿里菜、髙瀬瑞乃、田中あま奈、汪佳理、清水彩(金)
  • 天気:渡辺充、北岡宏一、土屋菜都美、宮原雅(宮原→スタジオ回あり)
  • ディレクター:神野基彦、岩永優樹、福岡蓮太、野田裕司、山口伸一郎
  • 【月曜】伊東徹、兼島誠、下林繁男、友清規介、中島知大、中村雄介、須田岳未、大丸剛司、牧田亜矢子、斉藤崇爾、中川景四、大里晃平、髙瀬美保、齋藤裕弘、金原永知
  • 【火曜】武井一裕、相楽充広、上寺深雪、小林健太郎、宮川剛史、松坂真希、島袋理子、小原岳大、中野龍一、廣羽総一郎、芝崎真寿美、柳拓希、西垣美咲、出井文明、守屋愛子
  • 【水曜】島田いづみ、武部賢次、黒木富之、小林秀行、矢野哲、板垣勇太郎、齋藤崇晃、斉藤友彦、萩原理紗、小林美奈子、星野真輝、今野遥香、常住智史、吉住理、辻村賢司、林洋介、持田謙二、菅野安奈
  • 【木曜】千木良万岐、畑村陽平、番場恵美子、山口佳織、渡部利一、阪本亮介、榎本愛、齋藤友哉、喜納葵、奥住洸介、浦野将、林里苗、前泊佑樹
  • 【金曜】三好俊明、下村修策、小野和朗、武本修、齋藤孝年、大村健介、小島淳一、槇雄介、樋口康平、高野綾香、尾川徹、澤野裕花、中村建貴、森俊平、市原和歌子、斎藤友彦、木村洋輔(木村→以前は火・毎週AD)、安藤愛、吉田稔
  • 【不定】秋葉裕二、白金茜(月・木)、山田純也(火・木)、松崎能也(水・金)、大本圭佑(月・不定期)、真壁瞬(火・不定期)、林田拓也(火・金)
  • 演出 / ディレクター:武藤之博、清水ヒロシ(武藤・清水→水はディレクター兼務、月〜木は演出)
  • 演出:磯原幸道(月、以前は木曜演出)、山﨑剛行・髙木翔太(共に火、山﨑→以前は木曜ディレクター)、阿部耕平・氏家綾香(共に水、氏家→以前は月曜ディレクター→木曜演出)、新井康孝・國井三穂(共に木、新井→以前は金曜演出、國井→以前は木曜ディレクター→水曜演出)、福島諒子(金、以前は月・水曜P→月曜演出、水曜Pの回あり)
  • キャスティングP:神田祐子
  • プロデューサー:古屋宏樹(月、以前は月・木曜P)、渡部宗一(火、以前は火・木曜P)、黄地久美子(月〜金)、井本隆幸(水 / 木、以前は月~木曜P)、福島伸浩(水・木 / 金、2020年10月1日-、以前は木曜P、金曜演出の回あり)、梶川里紗(金、以前は火・金曜P→火曜演出、金曜演出の回あり)
  • 総合演出:太田淳一
  • MP:山根孝之
  • 番組P:大山達俊、朝倉靖晶(朝倉→以前は水・金曜P)
  • チーフプロデューサー:正木敦
  • 制作:TBSテレビ情報制作局情報二部
  • 制作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:平田喜之、小林のん、南恵子(南→不定期、以前は金曜兼務)(月)、市川真吾(水)、佐藤研(木)
  • 効果:江端柚月(月)、後藤俊輔(火)
  • 編成:石原隆史
  • 宣伝企画:新川康朗
  • AP:松本幸子(途中から)
  • 演出:床波芳孝(月〜金、金曜担当しない回あり)、武田竜太(火)
  • プロデューサー:日山裕文(月〜木)
  • 番組P:高島美穂

テーマ曲[編集]

トラブル[編集]

『鬼滅の刃』コスプレ報道[編集]

2020年3月25日に、当時はレギュラー出演する前でスペシャルウィークにゲストコメンテーターとして出演したロンドンブーツ1号2号田村淳が、漫画『鬼滅の刃』のコスプレをした姿をSNSに投稿し、次の日の3月26日に「みんなで集まって遊べないので…鬼滅コスしてる方の写真を集めてリモートコスプレ大会しませんか?」と呼びかけ、4月4日まで、「#みんなで鬼滅コス」のハッシュタグに鬼滅の刃のコスプレ写真を送ると、「ロンブーチャンネル」にて写真や動画を繋ぎ合わせた映像を作成予定であることを語った。これによりTwitterでは多くの方が思い思いにコスプレ画像を貼っていき大いに賑わったのだが、本番組がいくつかのコスプレイヤーに取材を申し出てこれをわざわざ在住の京都に来てくれるならと受けた女性が、外出自粛されている中、番組側からの依頼で外で撮影を行うものの撮影スタッフは全員マスクの着用が無く、撮影を受けた女性のみがマスク着用の中撮影が行われた。また、女性はコスプレをしていることを職場や家族には秘密にしているため年齢を明かさないことを条件に取材を受けた。しかしこれらを取材した内容を報じた2020年4月1日の放送では取材を受けた女性の年齢を明かした上に、コロナウイルスにより外出自粛されている中で外でコスプレを楽しんでいる非常識な人のような批判的な報じ方で番組は放送された[27]。なおこれについて淳本人も自身のTwitterアカウントにその女性への謝罪とこの件に対する私見を投稿している[28]

小林麻耶が突然の降板[編集]

2020年2月から木曜日のコメンテーターとしてレギュラーで出演していた小林麻耶(TBS出身のフリーアナウンサー)は、前述したように、同年10月から『ファッション迷子にならない為のアラフォー!グッとコーデ!』のリポーターも担当していた。しかし、11月5日放送分への出演を最後に事実上降板。当番組では、上記コーナーを同日放送分で終了させるとともに、公式サイトの「レギュラー出演者」欄から小林の氏名を削除した。さらに、翌週(11月12日)から12月10日までの木曜日には、隔週でフリーアナウンサーの中村仁美が出演しており、中村の出演週以外は女性コメンテーター(小林の後任)が週替わりで出演している[注釈 40]。その後12月14日の週から、コメンテーターの一部曜日入れ替えを行うことになり、12月3日に伊沢の欠席に伴い代役出演していた井上裕介NON STYLE)が水・木レギュラーとして加わることになった[29]。あわせて、木曜日の週替わりコメンテーター枠についても火曜日に変更され、男性もゲスト出演するようになった[注釈 41]

小林自身は2020年11月12日に、自身のYouTube公式チャンネルからのライブ配信動画で上記の事態に言及。前日(11日)に当番組から「降板」、所属事務所の生島企画室から「マネジメント契約の解除」を言い渡されたことを明かした[30]。この配信を受けて、生島企画室も12日付で、「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」として小林との契約を終了したことを正式に発表した[31]。生島企画室の代表である生島ヒロシ(TBS出身)は、翌13日に放送された『生島ヒロシのおはよう一直線』(フリーアナウンサーとしてパーソナリティを務めるTBSラジオ制作の生ワイド番組)の中で、契約の終了や当番組からの降板を改めて明言。「本当に残念なことになった。『グッとラック!』のスタッフからの期待は特に大きく、プロデューサーも配慮してくれた。どうして、こういうこと(突然の降板)になったのか(自分には分からない)。『僕に知らせると心配される』という配慮があったのかな」と述べている[32]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠の番組が10時台前半にも放送されるのは、2005年3月までの『はなまるマーケット』以来14年半振り。
  2. ^ はやドキ!』→『あさチャン!』→『グッとラック!』→『ひるおび!』(『JNN NEWS』を内包)→『ゴゴスマ』(CBCテレビ制作)→『Nスタ』という番組の流れとなる。ただ、2020年1月から『はやドキ!』が4:25 - 5:50に時間を繰り下げ、『あさチャン!』も6:00 - 8:00に枠小された(5:50 - 6:00に『あさチャン!先出し』も別途放送)ため、連続生放送時間は14時間35分となった(ただし、2020年4月以降の月曜日は22:00から放送されている『CDTVライブ!ライブ!』が19:00からの4時間スペシャルの場合、『news23』直前の関東ローカルのミニ番組も生放送のため、『news23』までの19時間36分連続で生放送される。よって、全日帯の番組は、ほとんど生放送番組となる)。
  3. ^ ただ、月曜日のみ中国放送が第2部を番販ネットしていた。
  4. ^ 当該時間帯のDスタジオで、『ひるおび!』のセット建て込み・一般観覧客の入場(2020年2月27日から休止中)を実施することに伴う措置
  5. ^ 田村が平日帯の情報番組にレギュラー出演するのは、『知りたがり!』(フジテレビ)以来、約7年半ぶりとなる。
  6. ^ 後述するとおり、同年12月15日放送分からは、3時のヒロイン全員がコメンテーターに転向。
  7. ^ 2020年10月以降、金曜日はこのカラーにあわせる形で、志らくも通常の和装ではなくスーツスタイルで出演する。ただし、30分後の『ひるおび!』出演時は和装に着替えて出演する。前述のスペシャルウィークの際にもスーツを着用。
  8. ^ 競合番組の一つである『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ)も当番組と同じく2021年3月26日で終了した。
  9. ^ ただし、本番組の「最新ニュースラック!」のように、報道フロア内のカメラスタジオ(「ニュースラック!」は当番組のスタジオ)からの最新ニュースコーナーが設けられている。なお、当該枠の番組ではそれ以前からも最新のニュースをストレートニュース形式で伝えるコーナーが設けられている。
  10. ^ もっとも実際には、『はなまるマーケット』の末期から『いっぷく!』の前期まで視聴率の面で『あさイチ』(NHK総合テレビの生活情報番組)や民放他局のワイドショーに苦戦したため、『いっぷく!』の後期から『モーニングEye』(『はなまるマーケット』の前番組)以来のワイドショー路線へ徐々に回帰していた。
  11. ^ a b 2020年9月28日から出演。
  12. ^ 2020年の夏季休暇中(9月7 - 11日放送分)には、先輩アナウンサーの出水麻衣が代演。出水は代演の時点で『ひるおび』月 - 水曜日の「JNN NEWS」(11時台・13時台)キャスターをレギュラーで担当しているが、代演期間中の7 - 9日には、当番組の本番に続いて11時台にのみ出演した。
  13. ^ a b 2020年6月から出演。
  14. ^ 2020年9月29日から、福田のみコメンテーターとして出演すると共に、3人揃って「9時すぎのヒロイン! 衝撃ニュースラック!」を担当。同年12月15日から3人ともコメンテーターとして出演。
  15. ^ ウェブマガジン『ニッポン複雑紀行』の編集長で、株式会社コモンセンスの代表取締役
  16. ^ 2020年9月までは水曜日に出演。
  17. ^ a b 2020年12月16日から出演。
  18. ^ a b 2020年4月から出演。
  19. ^ a b 2020年9月までは火曜日に出演。
  20. ^ a b c 2020年1月から出演。
  21. ^ 曜日コーナー「使ってみたらグッときた!私のイチオシ商品」も担当。
  22. ^ a b 主に教育問題を専門とする弁護士。2020年9月23日までは水曜日に出演で、9月30日より水・木の2日間出演に変更。コメンテーターとしての出演日以外にも、教育問題や裁判などの際に専門家の立場で出演することもある。実際に番組最終回となった2021年3月26日は、特別養子縁組あっせん団体の事業停止問題をとりあげたために専門家の立場で出演となり、結果的に金曜レギュラーと共に番組卒業の挨拶をすることになった。
  23. ^ a b 2020年9月までは月曜日に出演。10月からはコメンテーターとしては木曜日に出演するほか、毎日のコーナーとして「一日一問!グッと身につく教養クイズ」のクイズ出題者(事前収録)として出演。
  24. ^ 2020年12月8日までは火曜日に出演。
  25. ^ 2020年10月2日から出演。
  26. ^ 「今日のお昼にやってみて!ギャル曽根 アレンジランチ」を担当。
  27. ^ 2020年9月30日 - 12月9日は水曜日、12月17日から木曜日に出演。
  28. ^ 後日、陰性が判明した[16]
  29. ^ 2019年12月まで水曜コメンテーターとして週2回出演していた。
  30. ^ 一般社団法人リディラバの代表で、社会起業家としても活動。
  31. ^ a b c d e f g h 2020年9月の番組リニューアルに伴い降板。
  32. ^ 画家で、当番組の開始に際して、番組ポスターの作成も手掛けた。
  33. ^ 2020年4月から6月までは出演せず。
  34. ^ 2020年1月から出演。2020年1月から4月まで金曜コメンテーターとして出演。
  35. ^ 活動拠点の沖縄県からYouTubeで配信した動画を紹介するコーナー「せやろがいおじさんの今週はどうしてもコレが言いたい!」(基本として金曜日で9:00 - 9:30の間に放送)で、全国ネットのテレビ番組に初めてレギュラーで出演。動画を収録したVTR映像に登場するほか、VTRのナレーターも務めていた。2020年10月改編でのリニューアルで、同コーナーが終了することに伴って降板。最終回の2020年9月25日は、VTR後に沖縄から生出演した。
  36. ^ 和室を模しており中央の円卓で進行。右側の入り口にある暖簾は『ひるおび!』のスタッフから贈られたもの。
  37. ^ 2020年8月6日は『広島平和記念式典中継』を8:00 - 8:40に放送したため、第1部を臨時に40分遅れの時差ネット(8:40 - 10:35)で放送(第2部は元々木曜日はネットしていなかったため通常通り非ネット)。
  38. ^ 2019年10月7日は長崎くんち中継放送のため第1部を臨時にネット返上とした(ただし、2020年の長崎くんちは新型コロナウイルス感染拡大の影響で奉納踊りが中止となったため、同年10月7日は通常通りネットされた)。
  39. ^ 2020年については、新型コロナの影響で開催が4月から11月に延期されたことや例年とは異なり、放送時間も7:00(最終日は6:00)までになっていた(日の入りが早い秋冬に合わせ競技時間が繰り上がったため)。
  40. ^ 11月19日:大島由香里、12月3日:高橋みなみ
  41. ^ 12月22日放送で、藤本敏史FUJIWARA)が、男性ゲストとして初めて出演。

出典[編集]

  1. ^ “9月30日(月)あさ8時スタート毎週月曜~金曜新情報番組『グッとラック!』最大関心事を真正面から見る!令和のご意見番!立川志らくが朝のニュースをメッタ斬り!!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), TBSテレビ, (2019年9月2日), https://www.tbs.co.jp/hot-jyouhou/201909021100.html 2019年9月2日閲覧。 
  2. ^ “志らくがTBSでしゃべり倒す!30日スタート「グッとラック!」MC就任、「ひるおび!」へはしご”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2019年9月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/02/kiji/20190901s00041000419000c.html 2019年9月2日閲覧。 
  3. ^ 立川志らく司会のTBS新情報番組「グッとラック!」3回目は視聴率2・3%…第2部は1・4%,スポーツ報知,2019年10月3日
  4. ^ “「グッとラック!」に辛坊治郎が再登場 影の薄い志らくに対し、株を上げた国山ハセン”. デイリー新潮 (新潮社). (2020年7月16日). https://www.dailyshincho.jp/article/2020/07161100/?all=1 2020年9月11日閲覧。 
  5. ^ “田村淳、「グッとラック!」メインコメンテーターに就任! 月~金まで出突っ張り…TBS10月改編”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2020年9月8日). https://hochi.news/articles/20200908-OHT1T50059.html 2020年9月8日閲覧。 
  6. ^ “TBS、平日午前のワイドショー枠“撤退” 「グッとラック!」3月終了”. サンケイスポーツ (サンケイスポーツ). (2020年12月14日). https://www.sanspo.com/geino/news/20201214/geo20121405020001-n1.html 2020年12月14日閲覧。 
  7. ^ “『グッとラック!』3月で終了 立川志らくが報告”. ORICON NEWS (オリコン). (2021年1月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2183068/full/ 2021年1月29日閲覧。 
  8. ^ a b “麒麟・川島明&TBS田村真子アナ“笑い”届ける…3・29「ラヴィット!」開始”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2021年2月1日). https://hochi.news/amp/articles/20210131-OHT1T50228.html 2021年2月1日閲覧。 
  9. ^ “TBS系「ラヴィット!」3・29スタート…「グッとラック!」の後番組”. デイリースポーツ online (神戸新聞社デイリースポーツ). (2021年2月1日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/02/01/0014046486.shtml 2021年2月1日閲覧。 
  10. ^ “谷原章介『めざまし8』総合解説に橋下徹 古市&カズレーザーは『とくダネ!』から続投”. オリコン. (2021年3月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2187610/full/ 2021年3月19日閲覧。 
  11. ^ “news23:国山ハセンアナ新加入「20代にもご覧いただきたい」 新企画、「ポジティブジャーナリズム」で番組強化”. まんたんWEB (毎日新聞社). (2021年8月23日). https://mantan-web.jp/article/20210822dog00m200028000c.html 2021年8月23日閲覧。 
  12. ^ TBS『グッとラック!』記録的な低視聴率で、カンペ棒読みの新人女子アナが唯一の見どころに,日刊サイゾー,2019年10月4日
  13. ^ 立川志らく司会のTBS新情報番組「グッとラック!」9日放送で初の視聴率1%台,スポーツ報知,2019年10月10日
  14. ^ コロナ禍でとうとう「グッとラック!」も視聴率上昇 辛坊治郎にも感謝?,デイリー新潮,2020年4月23日
  15. ^ 志らくさんのツイート,2020年5月4日
  16. ^ "立川志らく、PCR検査は陰性…生放送は「今日は大事を取ってお休みです」". スポーツ報知. 報知新聞社. 5 August 2020. 2020年8月5日閲覧
  17. ^ "立川志らく、37度5分の熱で「グッとラック」「ひるおび」を休む…「医師と相談してPCR検査を受けています」". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 August 2020. 2020年8月4日閲覧
  18. ^ "立川志らく、6日と7日の「グッとラック」はリモート出演 PCR検査は陰性". スポーツ報知. 報知新聞社. 5 August 2020. 2020年8月5日閲覧
  19. ^ 立川志らくTwitter 2020年9月29日投稿
  20. ^ 立川志らくTwitter 2020年9月29日投稿
  21. ^ 立川志らくTwitter 2020年10月7日投稿
  22. ^ TBS国山ハセンアナ結婚 黒木メイサ似一般女性と(『日刊スポーツ2020年2月17日付記事)
  23. ^ 9月30日(月)あさ8時スタートTBS朝の新情報番組『グッとラック!』内の通販コーナー『キニナルマーケット』(月~木)で森三中・村上知子が初単独MCに決定!インパルス・板倉俊之が初のキャラクター声優を担当!!2019年9月13日付「TBSホット情報」)
  24. ^ 放送日程|TBSテレビ:マスターズ”. web.archive.org (2020年11月10日). 2021年4月13日閲覧。
  25. ^ 木村カエラ、新曲「おはようSUN」が『グッとラック!』テーマソングに”. BARKS (2019年9月18日). 2019年9月18日閲覧。
  26. ^ 倖田來未、朝の情報番組『グッとラック!』テーマソング「I’m Lovin’」10/2生歌唱パフォーマンス決定”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク (2020年9月28日). 2021年4月16日閲覧。
  27. ^ コロナウイルス中にコスプレイヤーをマスクも着けず野外で撮影、外出自粛を無視して外で楽しんでるように書かれ、年齢も勝手に晒す.2020年4月1日
  28. ^ 『謝罪』.2020年4月2日
  29. ^ "TBS「グッとラック!」ノンスタ井上が新加入 水、木曜出演 若者からの支持期待". スポーツニッポン. スポーツニッポン. 14 December 2020. 2020年12月14日閲覧
  30. ^ 小林麻耶「グッとラック!」は降板へ「昨日午前中に突然言い渡されました」” (日本語). 日刊スポーツ(2020年11月12日). 2020年11月12日閲覧。
  31. ^ 12日『グッとラック!』を欠席 小林麻耶、事務所が契約終了発表「正常なマネジメント行う事が困難」 12日『グッとラック!』を欠席” (日本語). 毎日新聞(2020年11月12日). 2020年11月12日閲覧。
  32. ^ 生島ヒロシ、小林麻耶に「グレート・リセット望む」 日刊スポーツ、2020年11月13日、同日閲覧

関連項目[編集]

TBS系列 平日 8:00 - 9:55枠・午前のワイドショー・情報番組枠
前番組 番組名 次番組
グッとラック!
2019年9月30日 - 2021年3月26日
【ここまでワイドショー番組】
ラヴィット!
(2021年3月29日 - )
【ここから情報バラエティ番組】
TBS 月 - 木曜日 9:55 - 10:25枠
グッとラック!・第2部
(2019年9月30日 - 2020年9月24日