グッド・ボーイズ (2019年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グッド・ボーイズ(邦題未定)
Good Boys
監督 ジーン・スタプニツキー
脚本 ジーン・スタプニツキー
リー・アイゼンバーグ
製作 リー・アイゼンバーグ
エヴァン・ゴールドバーグ
セス・ローゲン
ジェームズ・ウィーヴァー
製作総指揮 ジョシュ・フェイゲン
ジョナ・ヒル
ネイサン・カヘイン
出演者 ジェイコブ・トレンブレイ
ブレイディ・ヌーン
キース・L・ウィリアムズ
ウィル・フォーテ
音楽 ライル・ワークマン
撮影 ジョナサン・ファーマンスキー
編集 ダニエル・ギャビー
製作会社 グッド・ユニバース
ポイント・グレイ・ピクチャーズ
クオンティティ・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗2019年8月16日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2000万ドル[1]
テンプレートを表示

グッド・ボーイズ』(原題:Good Boys)は2019年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画である。監督はジーン・スタプニツキー、主演はジェイコブ・トレンブレイが務めた。

概略[編集]

12歳の少年、マックスはファースト・キスをするパーティーに招かれたが、キスの仕方を知らなかったために困惑していた。キスのお手本が欲しいマックスは親友2人(ソーとルーカス)と一緒に父親のドローン―父親からは絶対に触るなと厳命されていた―を使ってティーンエイジャーのカップルがいちゃつく姿を盗み見ようとした。ところが、本人たちの真上にドローンを飛ばして盗み見したため、当然の如く気付かれてしまった。怒ったティーンはそのドローンを没収した。マックスは「父親が帰ってくる前にドローンを元の場所に戻せば、怒られずに済むだろう」と考え、2人と一緒に学校をすっぽかしてドローンの回収に出かけることにした。

本作はそんな3人の珍道中を下ネタや際どいネタを随所に織り込みつつ描写していく。

キャスト[編集]

  • ジェイコブ・トレンブレイ - マックス
  • ブレイディ・ヌーン - ソー
  • キース・L・ウィリアムズ - ルーカス
  • ウィル・フォーテ - マックスの父親
  • モリー・ゴードン - ハンナ
  • ミドリ・フランシス - リリー
  • ジョシュ・ルーカス - ベンジー
  • クリスチャン・ダレル・スコット - マーカス
  • リル・レル・ハウリー - ルーカスの父親
  • サム・リチャードソン - サックス
  • レッタ - ルーカスの母親
  • ミリー・デイヴィス - ブリクスリー
  • チャンス・ハーツフィールド - アッティカス
  • アイザック・ワン - ソレン
  • ベニータ・ハ - ソレンの母親
  • スティーヴン・マーチャント - 近所の人
  • ミカエラ・ワトキンス - セールスの女性
  • リー・アイゼンバーグ - リー

製作[編集]

2017年8月16日、セス・ローゲンが新作R指定コメディ映画の製作に着手していると報じられた[2]2018年3月20日、ジェイコブ・トレンブレイが本作に出演するとの報道があった[3]

なお、本作の主要撮影カナダバンクーバーで行われた[4]

2018年8月1日、本作の撮影現場でキース・L・ウィリアムズ(アフリカ系)のスタンドイン顔を茶色く塗っている写真がネット上にリークされ、本作の製作サイドが批判を浴びた[5]。スタンドインはウィリアムズと同じアフリカ系であったが、ウィリアムズより肌の色が明るかったため、茶色く塗るという処置が施されたのだという[6]。4日、セス・ローゲンは謝罪コメントを発表した[7]

公開・マーケティング[編集]

2019年3月11日、本作はサウス・バイ・サウスウェストでプレミア上映された[8]。同日、本作のレッドバンド・トレイラーが公開された[9]。7月17日、予告編第2弾が公開された[10]

評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには25件のレビューがあり、批評家支持率は80%、平均点は10点満点で6.91点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『グッド・ボーイズ』には下品なユーモアに甘んじようとする傾向があり、それが足を引っ張っている。しかし、魅力的な俳優たちと同作に込められた思慮深いメッセージはそれでもなお輝いている。」となっている[11]。また、Metacriticには9件のレビューがあり、加重平均値は52/100となっている[12]

出典[編集]

  1. ^ Good Boys”. Box Office Mojo. 2019年8月12日閲覧。
  2. ^ Seth Rogen to Produce ‘Good Boys’ R-Rated Comedy Movie”. Variety (2017年8月16日). 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ Jacob Tremblay to Star in Comedy ‘Good Boys’ for Universal”. Variety (2018年3月20日). 2019年8月12日閲覧。
  4. ^ Seth Rogen movie 'Good Boys' under fire for putting child actor in 'blackface'”. The Washington Times (2018年8月2日). 2019年8月12日閲覧。
  5. ^ Seth Rogen Film 'Good Boys' Accused Of Putting A Child Actor In Blackface”. Newsweek (2018年8月1日). 2019年8月12日閲覧。
  6. ^ Seth Rogen and Evan Goldberg Production ‘Good Boys’ Accused of Using Blackface on Stand-In Actor”. Indiewire (2018年8月1日). 2019年8月12日閲覧。
  7. ^ Seth Rogen apologizes for the use of blackface on "Good Boys" set”. Entertainment Weekly (2018年8月4日). 2019年8月12日閲覧。
  8. ^ SXSW: Olivia Wilde, Seth Rogen, Charlize Theron and Matthew McConaughey to Premiere New Work”. Hollywood Reporter (2019年1月16日). 2019年8月12日閲覧。
  9. ^ ‘Good Boys’ Redband Trailer: Two Weeks Into Sixth Grade & These Best Friends Certainly Are Learning – SXSW”. Deadline.com (2019年3月11日). 2019年8月12日閲覧。
  10. ^ Good Boys - Red Band Trailer #2”. YouTube (2019年7月17日). 2019年8月12日閲覧。
  11. ^ Good Boys”. Rotten Tomatoes. 2019年8月12日閲覧。
  12. ^ Good Boys”. Metacritic. 2019年8月12日閲覧。