グラハム・アーノルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グラハム・アーノルド Football pictogram.svg
Graham Arnold.jpg
名前
ラテン文字 Graham ARNOLD
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1963-08-03) 1963年8月3日(55歳)[1]
出身地 シドニー
身長 183cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1981 オーストラリアの旗 カンタベリー・マリックビル英語版
1982-1990 オーストラリアの旗 シドニー・クロアチア 178 (88)
1990-1992 オランダの旗 ローダJC 61 (22)
1992-1994 ベルギーの旗 RFCリエージュ英語版 60 (23)
1994-1995 ベルギーの旗 シャルルロワSC 16 (1)
1995-1997 オランダの旗 NACブレダ 63 (35)
1997-1998 日本の旗 サンフレッチェ広島F.C 28 (7)
1998-2001 オーストラリアの旗 ノーザン・スピリットFC英語版 47 (5)
通算 453 (161)
代表歴
1985-1997 オーストラリアの旗 オーストラリア 56 (19)
監督歴
1989-1990 オーストラリアの旗 シドニー・ユナイテッドFC監督
1998-2000 オーストラリアの旗 ノーザン・スピリットFC監督
2000-2006 オーストラリアの旗 オーストラリアアシスタントコーチ
2006-2007 オーストラリアの旗 オーストラリア監督
2007-2010 オーストラリアの旗 オーストラリアアシスタントコーチ
2007-2008 オーストラリアの旗 オーストラリアU-23監督
2010-2013 オーストラリアの旗 セントラルコースト監督
2014 日本の旗 ベガルタ仙台監督
2014-2018 オーストラリアの旗 シドニーFC監督
2018- オーストラリアの旗 オーストラリア監督
2018- オーストラリアの旗 オーストラリアU-23監督
1. 国内リーグ戦に限る。2007年10月4日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

グラハム・ジェームズ・アーノルド: Graham James Arnold1963年8月3日 - )は、オーストラリアシドニー出身[2] の元サッカー選手FW)、サッカー指導者。オーストラリアサッカー協会殿堂。

イギリス英語発音では「グイ(ァ)ム・ジェイムズ・アーノルトゥ([ˈɡreɪəm dʒeɪmz ˈɑːnəld])」、アメリカ英語発音では「グム・ジェイムズ・アーナル(トゥ)([græm dʒeɪmz ˈɑrnəld])」。またはグレアムとも。本表題の名前は、検証可能性の観点からJリーグ登録時の名前[1] を用いている。

W杯ロシア大会終了後にサッカーオーストラリア代表の監督を務めている。

経歴[編集]

現役時代[編集]

オーストラリア代表FW。国際Aマッチ56試合19得点、非公式試合やBマッチなどを含めると85試合33得点の成績を残し、オーストラリアサッカー史上において著名なストライカーの一人[2]

1980年、ニューサウスウェールズ・プレミアリーグのカンタベリー・マリックビルでキャリアをスタート。1982年よりオーストラリアン・ナショナルサッカーリーグ(NSL)のシドニー・クロアチア(現:シドニー・ユナイテッドFC英語版)へ移籍し、1986年にNSL得点王、リーグ最優秀選手賞を受賞。

1990年から1992年および1995年から1997年はオランダのエールディヴィジ、1992年から1995年はベルギーのジュピラーリーグでプレー。エールディヴィジでは5年余りで58得点を決めている。

1985年にオーストラリア代表として初出場。最後の試合は1997年に行われた1998 FIFAワールドカップ・予選AFC-OFCプレーオフイラン代表戦の2戦目だった。この試合でオーストラリアは2点をリードしながら同点に追いつかれたため、W杯出場権獲得は成らなかった(メルボルンの悲劇)。

1997年からオーストラリア代表元監督のエディ・トムソンが監督を務めていたJリーグサンフレッチェ広島F.Cに入団。選手として入団したが、若手の久保竜彦にFWとしての経験を伝える教育係でもあった[3]。1998年6月に契約満了する[4]

退団後はNSL・ノーザン・スピリットFC英語版でプレーイングマネージャー[5] としてプレーし、2001年に引退[1]

指導者時代[編集]

2000年、オーストラリア代表のアシスタントコーチに就任し、監督はフランク・ファリーナフース・ヒディンクと代わったが、アーノルドは常にアシスタントコーチとして代表に付き添った[2][5]

2006年7月、オーストラリア代表の監督に就任。アジアカップ2007はグループリーグAを2位の成績で決勝トーナメントへ進出。なお、決勝トーナメントは1回戦で日本代表にPK戦で敗退。

責任をとる形で[要出典]A代表コーチ兼U-23代表監督に就任、北京オリンピック出場に導いた[5]。その後、ピム・ファーベークのもとオーストラリア代表のアシスタントコーチを務める[1][5]

2010 FIFAワールドカップ終了後、ローリー・マッキーナ英語版の後を受け2010年7月にセントラルコースト・マリナーズFC監督に就任[2][5]。2011/12レギュラーシーズン、チームを優勝に導きリーグ最優秀監督賞を受賞。2012/13シーズンはグランドファイナルに進出し優勝を飾った[1][2]

2014年よりJリーグ・ベガルタ仙台の監督に就任[1]。オーストラリア国外のクラブチームを指揮するのはこれが初めてとなったが、リーグ戦6試合で2分け4敗、ナビスコカップを含めた公式戦8試合で3分け5敗と苦戦。結局1勝も挙げられないまま、4月9日に退任(クラブ側との協議の末、「解任」ではなく「双方合意の上での退任」という形が取られたため違約金は発生せず)[6]

2014年5月、オーストラリアに戻りシドニーFC監督に就任[7]

2018年3月8日、W杯ロシア大会終了後にオーストラリア代表監督に就任することが同国サッカー連盟から発表された[8]。11年ぶりの代表監督復帰となる。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
1980 カンタベリー・
マリックビル
1981
1982 シドニー・
クロアチア
NSL
1983
1984
1985
1986
1987
1988
1989
1989-90
オランダ リーグ戦 リーグ杯KNVBカップ 期間通算
1990-91 ローダ エールディヴィジ
1991-92
ベルギー リーグ戦 リーグ杯ベルギー杯 期間通算
1992-93 RFCリエージュ ジュピラーリーグ
1993-94
1993-94 シャルルロワ
オランダ リーグ戦 リーグ杯KNVBカップ 期間通算
1994-95 ローダ エールディヴィジ
1995-96
1996-97
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1997 広島 9 J 18 6 5 4 0 0 23 10
1998 10 1 0 0 - 10 1
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
1998-99 ノーザン・
スピリット
NSL
1999-00
2000-01
通算 豪州 NSL
オランダ エールディヴィジ
ベルギー ジュピラーリーグ
日本 J 28 7 5 4 0 0 33 11
総通算

監督成績[編集]

2018年10月15日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
オーストラリア代表 2006年12月 2007年11月 9 3 1 5 033.33
セントラルコースト 2010年2月10日 2013年11月14日 112 54 29 29 048.21
ベガルタ仙台 2014年2月1日 2014年4月9日 6 0 2 4 000.00
シドニー 2014年5月8日 2018年7月14日 142 81 34 27 057.04
オーストラリア代表 2018年7月14日 1 1 0 0 100.00
合計 270 139 66 65 51.48

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “2014シーズン新監督にグラハム・アーノルド氏 就任のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台, (2013年11月14日), http://www.jsgoal.jp/official/00164000/00164349.html 2013年12月29日閲覧。 
  2. ^ a b c d e Graham Arnold”. オーストラリアサッカー連盟. 2012年10月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月9日閲覧。
  3. ^ 中野和也 『サンフレッチェ情熱史』 ソル・メディア、2013年12月、113頁。ISBN 4905349141。
  4. ^ 松永の同点弾フイ”. 中国新聞 (1998年4月11日). 2007年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e Graham Arnold deserves to be given a chance”. The Roar (2010年2月19日). 2013年5月25日閲覧。
  6. ^ “グラハム・アーノルド監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), ベガルタ仙台 オフィシャルウェブサイト, (2014年4月9日), http://www.vegalta.co.jp/news/press_release/2014/04/post-1476.html 2014年4月9日閲覧。 
  7. ^ シドニーFC新監督に仙台前監督のグラハム・アーノルド氏が就任”. ゲキサカ (2014年5月8日). 2014年5月9日閲覧。
  8. ^ 元仙台のアーノルド氏、豪州代表の監督就任が決定。ロシアW杯後からの指揮に”. フットボールチャンネル (2018年3月8日). 2018年3月8日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]