グラハム・シンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グラハム・シンプソン
Graham Simpson
生誕 (1943-10-13) 1943年10月13日
出身地 イングランドの旗 イングランド マンチェスター
死没 (2012-04-17) 2012年4月17日(68歳没)
ジャンル グラムロックアート・ロックブルースジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター、ベース
共同作業者 The Junco Partners
The Gas Board
Cook-A-Hoop
ロキシー・ミュージック

グラハム・シンプソンGraham Simpson1943年10月13日 - 2012年4月17日)は、ロキシー・ミュージックの創設メンバーであるベーシストであり、ブライアン・フェリーの友人でもあった。彼らの名を冠したファースト・アルバム『ロキシー・ミュージック』(1972年)で、彼のベースの音色は、収録曲「Ladytron」や「Chance Meeting」で際立った貢献をしている。しかし、アルバムがリリースされて間もなく、母親が癌で亡くなったことでうつ病に苦しんでいたシンプソンは[1]、フェリーの提案によって、バンドにとどまるか、バンドから休みを取るかを自由に選択できた。シンプソンはバンドを去ることを選び、再びラインナップに戻ることはなかった。彼はバンドのロイヤリティを使用して、1982年にロンドンへ戻り、さまざまな文化や宗教、特にスーフィズムについて学びながら世界中を旅した。

グラハム・シンプソンは、2010年にポートベロー映画祭で上映された『Nothing But The Magnificent』という短編映画の主題となっている。『Mighty』と呼ばれる長編バージョンは、ブライアン・フェリーを含むロキシー・ミュージックのオリジナル・バンド・メンバーで、ハリウッドの人気映画監督であるマイク・フィギスのため、制作に9年を費やされた。また、ウェストロンドンの映画監督ミランダ・リトルによって監督され、『Mighty』は、彼を発見した謎のロンドンのアーティスト - 彼の元隣人であるサラ・クックによるシンプソンのオリジナル・マテリアルをフィーチャーしている。さらに、2010年夏にシンプソンのペア・ショットを一緒に撮影している。

ロキシー・ミュージックは2019年3月にロックの殿堂入りし、シンプソンはオリジナルのバンド・メンバーとして指名された。

彼は2012年4月にロンドンのラドブローク・グローヴで亡くなっている[2][3]

ディスコグラフィ[編集]

ロキシー・ミュージック[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Chapter III: Biographies – Roxy Music”. Delmere.de (1971年12月12日). 2014年8月24日閲覧。
  2. ^ Bryan Ferry – GRAHAM SIMPSON 1943–2012”. Bryanferry.com. 2014年8月24日閲覧。
  3. ^ Roxy Music – Musicians & Credits – on”. Vivaroxymusic.com. 2012年8月27日閲覧。