グランドアイル郡 (バーモント州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バーモント州グランドアイル郡
Grand Isle County Courthouse 01.JPG
ノースヒーロー町にあるグランドアイル郡庁舎
グランドアイル郡の位置を示したバーモント州の地図
郡のバーモント州内の位置
バーモント州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1777年1月15日(ニューヨーク州シャーロット郡から)
郡庁所在地 ノースヒーロー
最大のtown グランドアイル
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

505 km2 (195 mi2)
215 km2 (83 mi2)
290 km2 (112 mi2), 57.56%
人口
 - (2010年)
 - 密度

6,970人
32.42人/km2 (84人/mi2)
標準時 東部: UTC-5/-4

グランドアイル郡: Grand Isle County)は、アメリカ合衆国バーモント州の北西隅部に位置するである。2010年国勢調査での人口は6,970人であり、2000年の6,901 人から1.0%増加した[1]郡庁所在地ノースヒーロー町(人口803人[2])であり、同郡で人口最大の町はグランドアイル町(人口2,067人[3])である。

グランドアイル郡はバーリントン大都市圏に属している。

歴史[編集]

グランドアイル郡は、1777年1月15日に、バーモントがニューヨークとは異なる国であることを宣言したとき、ニューヨークから割譲された土地に設立された数郡の1つである[4][5][6]。この領域はマサチューセッツニューハンプシャー、ニューヨークが領有を争っていたが、1764年7月20日、イギリスジョージ3世が、ニューハンプシャーとニューヨークの境界をコネチカット川の西岸に定め、南はマサチューセッツとの州境、北は北緯45度線に設定した。ニューヨークはオールバニ郡にその土地を割り当てた[7][8]。1772年3月12日、オールバニ郡が分割されて、この地域はシャーロット郡となり[9]、この状態はバーモントがニューヨークとイギリスから独立するまで続いたが、それで競合は終わらなかった。

1783年9月3日、パリ条約が調印された結果としてアメリカ独立戦争が終わり、イギリスはアメリカ合衆国の独立を認めた。バーモントとカナダケベック州との国境は北緯45度線とされ[10][11]、それがバーモントとアメリカ合衆国の他地域に陸地の境界が無い理由である。

マサチューセッツは1629年からこの地域の領有を主張しており、それを正式に引っ込めたのは1786年12月16日のことだった[12]。ニューヨークはバーモントに取られた領土について不満であり、連邦議会にその解決を委ねた。連邦議会は1788年3月7日にニューヨークの申し立てを却下した[13]

その後にバーモントが州昇格を請願し、連邦議会は合同委員会にニューヨークとバーモントの境界問題を解決するよう命令した。この委員会が、1791年3月4日にバーモントが州に昇格する前に裁定を出したが、その時に認めた微修正は結局行われなかった[14][15][16]

19世紀後半、ラトランド鉄道がニューヨーク州北部からカナダ国境を経てバーモント州西側をラトランドに進み、さらに南のニューヨーク州チャタムに運行された。1899年から一連の土手道でシャンプレーン湖諸島を通る南北の線が運行され、バーリントンに直接繋がるようになった。オールバーグから最後の列車がでたのは1948年だった[17]

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は195平方マイル (505.0 km2)であり、このうち陸地83平方マイル (215.0 km2)、水域は112平方マイル (290.1 km2)で水域率は57.56%である[18]。バーモント州では面積最少の郡である。5つある町の4つはシャンプレーン湖の島にあり、オールバーグ町だけがケベック州から湖に伸びる半島(オールバーグ・タングと呼ばれる)の上にある。

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
人口
1810 3,445
1820 3,527 2.4%
1830 3,696 4.8%
1840 3,883 5.1%
1850 4,145 6.7%
1860 4,276 3.2%
1870 4,082 −4.5%
1880 4,124 1.0%
1890 3,843 −6.8%
1900 4,462 16.1%
1910 3,761 −15.7%
1920 3,784 0.6%
1930 3,944 4.2%
1940 3,802 −3.6%
1950 3,406 −10.4%
1960 2,927 −14.1%
1970 3,574 22.1%
1980 4,613 29.1%
1990 5,318 15.3%
2000 6,901 29.8%
2010 6,970 1.0%
[19][20][21]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 6,901 人
  • 世帯数: 2,761 世帯
  • 家族数: 1,954 家族
  • 人口密度: 32人/km2(84人/mi2
  • 住居数: 4,663 軒
  • 住居密度: 22軒/km2(56軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • フランス系:18.8%
  • フランス系カナダ人:14.6%
  • イギリス系:14.3%
  • アメリカ人:10.6%
  • アイルランド系:8.9%
  • ドイツ系:7.4%

言語による構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.8%
  • 18-24歳: 5.6%
  • 25-44歳: 28.7%
  • 45-64歳: 28.5%
  • 65歳以上: 12.3%
  • 年齢の中央値: 40歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 99.9
    • 18歳以上: 97.9

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 31.2%
  • 結婚・同居している夫婦: 60.1%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 7.1%
  • 非家族世帯: 29.2%
  • 単身世帯: 22.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 8.2%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.50人
    • 家族: 2.93人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 43,033米ドル
    • 家族: 48,878米ドル
    • 性別
      • 男性: 35,539米ドル
      • 女性: 26,278米ドル
  • 人口1人あたり収入: 22,207米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 7.6%
    • 対家族数: 5.9%
    • 18歳未満: 9.2%
    • 65歳以上: 7.9%

政治[編集]

大統領選挙の結果[22]
民主党 共和党
2012年 62.1% 2,531 36.1% 1,471
2008年 63.1% 2,694 34.9% 1,490
2004年 55.1% 2,246 43.0% 1,754
2000年 50.4% 1,835 42.6% 1,550

2004年アメリカ合衆国大統領選挙では、民主党ジョン・ケリーが郡内6自治体全てを制し、郡全体では共和党ジョージ・W・ブッシュに12ポイントの差を付けた[23]

2008年では、民主党のバラク・オバマが共和党のジョン・マケインに対して28.2%という大差を付け、州全体では37%差で勝利した[24]

都市と町[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Pierce County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Ellsworth, Vermont - accessed 2011-12-06.
  3. ^ American FactFinder - Grand Isle, Vermont - accessed 2011-12-06.
  4. ^ Slade, William, Jr., comp. Vermont State Papers: Being a collection of Records and Documents Connected with the Assumption and Establishment of Government by the People of Vermont, Together with the Journal of the Council of Safety, the First Constitution, the Early Journals of the General Assembly, and the Laws from the Year 1779 to 1786, Inclusive. Middlebury, 1823. P. 70-73.
  5. ^ Van Zandt, Franklin K. Boundaries of the United States and the Several States. Geological Survey Professional Paper 909. Washington, DC; Government Printing Office, 1976. The Standard Compilation for its subject. P. 64.
  6. ^ Williamson, Chilton. Vermont in Quandary: 1763-1825. Growth of Vermont series, Number 4.Montperler: Vermont Historical Series, 1949. PP. 82-84; map facing 95, 100-102, 112-113.
  7. ^ Slade, William, Jr., comp. Vermont State Papers: Being a collection of Records and Documents Connected with the Assumption and Establishment of Government by the People of Vermont, Together with the Journal of the Council of Safety, the First Constitution, the Early Journals of the General Assembly, and the Laws from the Year 1779 to 1786, Inclusive. Middlebury, 1823. P. 13-19.
  8. ^ Van Zandt, Franklin K. Boundaries of the United States and the Several States. Geological Survey Professional Paper 909. Washington, DC; Government Printing Office, 1976. The Standard Compilation for its subject. P. 63.
  9. ^ New York Colonial Laws, Chapter 1534; Section 5; Paragraph 321)
  10. ^ Van Zandt, Franklin K. Boundaries of the United States and the Several States. Geological Survey Professional Paper 909. Washington, DC; Government Printing Office, 1976. The Standard Compilation for its subject. P. 12.
  11. ^ Parry, Clive, ed. Consolidated Treaty Series. 231 Volumes. Dobbs Ferry, New York ; Oceana Publications, 1969-1981. Volume 48; pp. 481; 487; 491-492.
  12. ^ Van Zandt, Franklin K. Boundaries of the United States and the Several States. Geological Survey Professional Paper 909. Washington, DC; Government Printing Office, 1976. The Standard Compilation for its subject. P. 75.
  13. ^ New York Laws, 1788, 11th Session, Chapter 63, pp. 746-747.
  14. ^ 'United States. Statutes at Large of the United States of America, 1789-1873. volume 1, Chapter 7 (1791); Page 191.
  15. ^ Slade, William, Jr., comp. Vermont State Papers: Being a collection of Records and Documents Connected with the Assumption and Establishment of Government by the People of Vermont, Together with the Journal of the Council of Safety, the First Constitution, the Early Journals of the General Assembly, and the Laws from the Year 1779 to 1786, Inclusive. Middlebury, 1823. P. 193.
  16. ^ Thorne, Kathryn Ford, Compiler & Long, John H., Editor: New York Atlas of Historical County Boundaries; The Newbury Library; 1993.
  17. ^ "Rutland Railroad" http://www.r2parks.net/RUT.html
  18. ^ Census 2010 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2013年4月13日閲覧。
  19. ^ http://www.census.gov/population/www/censusdata/cencounts/files/vt190090.txt
  20. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=DEC_10_PL_QTPL&prodType=table
  21. ^ http://mapserver.lib.virginia.edu/
  22. ^ Dave Leip's Atlas of U.S. Presidential Elections”. 2011年6月11日閲覧。
  23. ^ http://www.uselectionatlas.org/RESULTS/statesub.php?year=2004&fips=50013&f=0&off=0&elect=0
  24. ^ http://www.uselectionatlas.org/RESULTS/state.php?year=2008&fips=50&f=0&off=0&elect=0

座標: 北緯44度48分 西経73度17分 / 北緯44.80度 西経73.29度 / 44.80; -73.29