グランド・ファンク・ツアー ’75

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グランド・ファンク・ツアー '75
Caught in the Act
グランド・ファンクライブ・アルバム
リリース
録音 1975年
ジャンル ロック
ハードロック
時間
レーベル キャピトル・レコード
アルバム・ジャケット
プロデュース Jimmy Ienner
Shannon Ward
Bryan Kelley
グランド・ファンク アルバム 年表
ハード・ロック野郎 (世界の女は御用心)
All the Girls in the World Beware!!!
9th Album
(1974)
グランド・ファンク・ツアー ’75
Caught in the Act
2nd Live Album
(1975)
驚異の暴走列車
Born to Die
10th Album
(1976)
テンプレートを表示

グランド・ファンク・ツアー ’75 (原題: Caught in the Act) 』は1975年8月にキャピトル・レコードからリリースされた グランド・ファンクの2枚目の実況録音盤。プロデュースはJimmy Ienner、Shannon Ward、Bryan Kelleyらが担当。2003年にリマスター盤としてリリースされた際、トータル・タイムが79分08秒まで拡大された。そして、LP版と最初のCD リリース時には、本来ならライブでは続きで演奏されていた「Closer to Home」〜「Heartbreaker」が一旦フェード・アウトして、再度フェード・インにて収録されていたが、リマスター盤では初めて本来のステージング同様に「Closer to Home」のアウトロ・アドリブ・ギター・ソロからエンディング〜「Heartbreaker」へと続いた状態で聴けるようになった。

収録曲[編集]

#タイトル作詞・作曲時間
1.「Footstompin' Music」Mark Farner
2.「Rock & Roll Soul」Mark Farner
3.Closer to HomeMark Farner
4.「Heartbreaker」Mark Farner
5.Some Kind of WonderfulJohn Ellison
6.「Shinin' On」Mark Farner, Don Brewer
7.The Loco-MotionGerry Goffin, Carole King
8.「Black Licorice」Mark Farner, Don Brewer
9.「The Railroad」Mark Farner
10.We're an American BandDon Brewer
11.「T.N.U.C.」Mark Farner
12.Inside Lookin' OutEric Burdon, Chas Chandler, Jackie Lomax
13.Gimme ShelterMick Jagger, Keith Richards

レコーディング・メンバー[編集]

  • ドン・ブリューワー / Don Brewer (Drums, Percussion, Vocals)
  • マーク・ファーナー / Mark Farner (Guitars, Organ, Vocals)
  • メル・サッチャー / Mel Schacher (Bass Guitar, Backing Vocals)
  • クレイグ・フロスト / Craig Frost (Keyboards, Percussion, Backing Vocals)

スタッフ[編集]

関連項目[編集]