グランフロント大阪オーナーズタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グランフロント大阪オーナーズタワー
GRAND FRONT OSAKA OWNER'S TOWER
Grand Front Osaka Block C.jpg
情報
用途 分譲マンション (525戸)
施工 梅田北ヤード共同企業体(大林組竹中工務店
建築主 三菱地所レジデンスNTT都市開発大林組オリックス不動産、関電不動産、新日鉄都市開発積水ハウス竹中工務店東京建物、東西土地建物、日本土地建物阪急電鉄阪急不動産
事業主体 三菱地所レジデンス積水ハウス阪急電鉄
管理運営 エスジーエム・オペレーション
構造形式 鉄筋コンクリート造、一部 鉄骨造
敷地面積 4,665.59 m²
建築面積 3,200.22 m² (建蔽率69%)
延床面積 73,797.10 m² (容積率1582%)
階数 地上48階、地下1階
高さ 174.2m
着工 2010年3月
竣工 2013年4月
座標 北緯34度42分26.3秒
東経135度29分38.4秒
座標: 北緯34度42分26.3秒 東経135度29分38.4秒
テンプレートを表示

グランフロント大阪 オーナーズタワー(ぐらんふろんとおおさか おーなーずたわー)とは、大阪市梅田複合施設グランフロント大阪」にある超高層マンション

2010年に建設が開始され、2013年4月に竣工。建物の高さは174.2 mで、梅田地区周辺の超高層マンションではシティタワー西梅田に次ぐ高さである。

概要[編集]

「グランフロント大阪」のCブロック地区に建設され、2013年4月のグランフロント大阪の街開きと同時に竣工。

総戸数は525戸で、駐車場は268台(機械式224台、平面44台)ある。積水ハウス三菱地所レジデンスなど数社で分譲。

災害時に備えて免震構造を採用し、非常用自家発電や防災備蓄倉庫などが設置されている[1]。 また、ミシュランガイドで5つ星に定義されているインターコンチネンタル大阪のコンシェルジュやポーターサービスなどが一部提携されている。2015年1月の時点で日本において5つ星ホテルと提携されているマンションは、虎ノ門ヒルズとグランフロント大阪オーナーズタワーのみである。

建築概要[編集]

  • 高さ - 174.20 m(地下1 階、地上48階、塔屋2階)
  • 戸数 - 525戸
  • 敷地面積 - 4,665.59 m2
  • 建築面積 - 3,200.22 m2
  • 延床面積 - 73,797.10 m2
  • 着工 - 2010年平成22年)3月
  • 竣工 - 2013年平成25年)4月

事業主[編集]

分譲主[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 積水ハウス News Release (PDF)” (2011年9月14日). 2011年9月27日閲覧。