グラン・カサブランカ地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
グラン・カサブランカ
Grand Casablanca
جهة الدار البيضاء الكبرى
—  地方  —
モロッコ国内の位置
座標: 北緯33度32分 西経7度35分 / 北緯33.533度 西経7.583度 / 33.533; -7.583
モロッコの旗 モロッコ
中心都市 カサブランカ
行政
 - 地方知事 モハメッド・カバジ
面積
 - 計 1,615km2 (623.6mi2)
人口 (2004年)
 - 計 3,631,061人
等時帯 WET (UTC+0)
 - 夏時間 WEST (UTC+1)

グラン・カサブランカ (Grand Casablanca, アラビア語:جهة الدار البيضاء الكبرى,; ベルベル語: Tamnaḍt Tamqqṛant n Anfa) は、1997年から2015年までのモロッコの16の地方の1つ。モロッコの北西海岸に位置し、最も人口の密集している地方であり、1,615 km2 (624 sq mi)の面積を占めていた。人口は、2004年の国勢調査の時点で3,631,061人[1]。この地方は、中心都市であるカサブランカと共に、近代モロッコ経済の経済的な中心となり、モロッコの事実上の経済中心地でもある。

北をラバト=サレ=ゼムール=ザイール地方、南をドゥカラ=アブダ地方、東をシャウイア=ウアディギャ地方、西を大西洋に接していた。

行政区分[編集]

グラン・カサブランカは、カサブランカ及びモハメディアの2つの行政区、ナウサー州及びMediouna州から構成されていた[2]

関連項目[編集]

出典[編集]