グリゴリー・ギンズブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
グリゴリー・ロマノヴィチ・ギンズブルク
生誕 (1904-05-29) 1904年5月29日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ニジニー・ノヴゴロド
死没 (1961-12-05) 1961年12月5日(57歳没)
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

グリゴリー・ロマノヴィチ・ギンズブルクロシア語: Григо́рий Рома́нович Ги́нзбург英語: Grigory Romanovich Ginzburg, 1904年5月29日 ニジニー・ノヴゴロド - 1961年12月5日 モスクワ)はユダヤ系ロシア人ピアニスト

経歴[編集]

母親からピアノの手ほどきを受けた後、モスクワ音楽院にてアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルに師事。1927年に第4回ショパン国際ピアノコンクールワルシャワ)にて第4位に入選。ソ連邦でも屈指の演奏家の一人と認められるようになり、たびたび西欧に演奏旅行を行なった。1929年モスクワ音楽院教授に就任し、同校の名教授のひとりに数えられた。

ギンズブルクのタッチは、フランツ・リストのような19世紀ヴィルトゥオーソの伝統につながっている。レパートリーは折衷的であったが、《ロッシーニの主題による幻想曲》のように、数々のトランスクリプションを遺した。

脚注[編集]