ドンパッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

どんぱっぱ(グリンピース)は、じゃんけんから派生した遊び。二人で遊ぶ。軍艦じゃんけんと似ているが、違う遊びである。主に西日本で広まっているが、ドンセッセ(主に四国地方)、ドンチッチ、ドンパ、グリンピースじゃん、グリンピース、と呼ばれている地域もある。全国的(主に東日本)にはグリンピースの名称で遊ばれている。

由来[編集]

ドンパッパは、1983年天美西小学校大阪府松原市)で発案されたという説もあるが、1970年頃に既に東京都北区においてもかけ声は若干異なる(「クルン」「チリン」「パラン」)もののほぼ同様の遊びが行われていたことから、戦後に軍艦じゃんけんから派生的に発生したものと思われる。 「ドンパッパ」の名称は、盆踊りで流れている『ドンパン節秋田民謡)』から由来している。 手の種類で「グー」は、『ビームフラッシュ(当時、この地域ではグリンピースと呼ばれていた)』と 童謡グリーングリーン』から「グリン」と名付けられ、 それに伴い「チョキ」は「チリン」「チョリン」、「パー」は「パリン」と名付けられた。

「軍艦(軍艦じゃんけん)」では、手の構成が「軍艦」「沈没」「破裂」と呼ばれ、多少間の伸びた掛け声となっていたが、ドンパッパの場合、手の構成が「グリン」「チリン」「パリン」と置き換わり、呼びやすい語呂でスピーディーなゲーム展開となったため、瞬く間に子供達に遊ばれるようになった。

軍艦じゃんけんの派生とも考えられるが、戦争というイメージを払拭するために発案された遊びではない。あくまで子供の発想によって生まれた遊びである。

ルール[編集]

「手」の構成はじゃんけんと同じ。ただし、グーは「グリン」、チョキは「チリン(チョリン)」、パーは「パリン」と呼び方が変わる。

最初のかけ声[編集]

まずは「ドンパッパ」のかけ声でじゃんけんを行う。「ドン」でお互いの右手を打ち合い、「パッパ」で互いの「手」を2回出しあう。2回目に出した「手」で勝敗が決まるまでこのじゃんけんを繰り返す。

グリンピースの場合は、「グリーンピース」のかけ声でじゃんけんを行い、「ピース」で互いの「手」を1回出し合う。勝敗が決まるまで繰り返す。

名称・地域によっては、お互いの右手を打つ場合と打たない場合がある。

勝ったほうが先攻、負けたほうが後攻となる。

「手」を3回出し合う[編集]

先攻側が「グリン」「チリン(チョリン)」「パリン」いずれかの「手」を声を出しながら3回出す。後攻側も、先攻側のリズムに合わせていずれかの「手」を3回出す。

かけ声は「現在の自分の手、現在の自分の手、次の自分の手」となる。地域によっては「現在の自分の手、ランダム、次の自分の手」となる場合もある。3連続で同じ「手」を出しても構わない。

例:「グリン、グリン、パリン」→「パリン、パリン、パリン」→「パリン、パリン、チリン(チョリン)」→……

次の自分の手でお互いが「あいこ」にならなければ、先攻と後攻が入れ替わってこのかけ声を繰り返す。

「あいこ」で勝敗が決まる[編集]

「あいこ」になったとき、先に「ドン!」と言ったほうが勝ちとなる。

ローカルルール[編集]

  • 言い間違えて「あいこ」でもないのに「ドン!」と言ってしまったら、負けとなる。
  • かけ声の「手」と実際に出している「手」がチグハグになってしまったら、負けとなる。

地域によっては、もう一度やり直したり、相手の番に変わったりしてそのまま続行する場合がある。

バリエーション・派生ゲーム[編集]

地域によってゲーム名や使用する掛け声にはバリエーションが存在する。また、ゲーム名や掛け声がドンパッパと大きく異なると、別のゲームとみなされる場合がある。

  • ドンパッパ
  • グリンピース(主に東日本)
  • ドンセッセ(主に四国地方)
  • ドンチッチ
  • ドンパ
  • グリンピースじゃん
  • カレーライス
    • 最初の掛け声は「カレーライス」。「ライス」でお互いが手を出す。
    • グーは「グー辛」、チョキは「チョー辛(チー辛)」、パーは「パー辛」と呼び替えられる。
    • 「あいこ」になったときの掛け声は「水」。
  • お菓子(3時のおやつ、お菓子屋さん)
    • 最初の掛け声は「お菓子(3時のおやつ、お菓子屋さん)」。
    • グーは「グミ」、チョキは「チョコ」、パーは「パフェ」と呼び替えられる。
    • 「あいこ」になったときの掛け声は「虫歯」、または「ごちそうさま」「おいしい」「おかわり」。

関連項目[編集]